2019年07月15日

筑紫万葉の故地をたずねてB志賀海神社の万葉歌碑

志賀島10号万葉歌碑は
国民休暇村向かいの下馬ヶ浜海水浴場にあります。

20190604_114616 - コピー.jpg

「志賀の海人は 藻(め)刈り塩焼き いとまなみ
 髪梳(けづり)の小櫛 取りも見なくに」
(石川少郎 巻3・278)
〜志賀の海人は海藻を刈ったり、
塩を焼いたりして暇がなくて、
櫛箱から髪をすく櫛を手にとって見ることもない〜

石川少郎(しょうろう)は大宰少弐。

毎日の重労働でおしゃれをする暇もない
志賀の海女を想って詠んだ歌。

沖に見えているのが沖津宮。

20190604_114136 - コピー.jpg

中津宮は勝馬小学校の裏にあります。

20190604_115525 - コピー.jpg

平成6年ここで志賀島初の古墳が発見されました。

20190604_115559 - コピー.jpg

長さ2.75m、幅1.65mの竪穴系石室が検出されたということ。
勝馬を拠点とした海人集団の首長の墓であろうと
推定されています。
posted by 理乃 at 17:39| Comment(0) | 福岡市東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: