2020年01月24日

宇美八幡宮奥宮

かねてより気になっていた宇美八幡宮奥宮に行ってきました。

20200124_140615 - コピー.jpg

宇美八幡宮とは神功皇后が三韓征伐からの帰途に応神天皇を産んだ地に応神天皇を祀ったところ。
宇美という地名も「産み」からきています。
鎌倉時代初期からは安産の神として信仰されるようになっており、
安産祈願と言えばここというように親しまれています。
その奥宮は宇美八幡宮の北の丘にあります。
御胞衣ヶ浦(えながうら)ということで応神天皇の御胞衣を納めし処と伝わっています。

20200124_141001 - コピー.jpg

脇には宇美八幡宮から移したものなのでしょうか、子安の石が積まれていました。

20200124_141318 - コピー.jpg

行ってみてはじめてわかったことですが、奥宮は古墳の上に築かれていました。
神領古墳群といって、円墳6基がありましたが、2基は消滅。現在4基が残っています。
3号墳の墳丘の一部を削って奥宮は建てられています。

20200124_142255 - コピー.jpg

丘陵全体は宇美公園として整備されていて、
駐車場もあり、小高い丘からの眺めは気持ちがいいものです。

20200124_141412 - コピー.jpg

古墳が点在し、古い歴史を持つ宇美町の探訪は興味深く、また続けたいと思います。

20200124_140542 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:07| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: