2020年06月23日

七夕神社

季節はどんどん移ろいゆき、
七夕も近づいてきました。
こちらは3月に行った小郡の七夕神社。

20200324_161641 - コピー.jpg

正式名は媛社(ひめこそ)神社。
歴史は古く8世紀の「肥前風土記」の中に由来が出てきます。
その由来とは以下のとおりです。

「山道(やまじ)川の西岸に荒ぶる神がいて、
通行人の半分を殺していた。
そこで荒ぶる神が祟る理由を占うと、
“わが社を立てて宗像の珂是古(かぜこ)に祭祀を行わせよ。
そうすれば荒ぶる心は起こさない”という結果が出た。
珂是古は幡を掲げて祈祷し“神が私の祈祷を望むなら、
この幡は風に飛ばされて、その神のそばに落ちよ”と言った。
すると幡は媛社の杜に落下し、再び飛んで山道川のほとりに戻ってきた。
また珂是古は機織りの道具に押さえつけられる夢を見た。
これで神の場所と神が女神であることを知った珂是古が祭祀を行い。
人々は当地を安全に通れるようになった。ここからこの地を媛社と呼ぶ」

20200324_161654 - コピー.jpg

20200324_161707 - コピー.jpg

20200324_161735 - コピー.jpg
ラベル:七夕神社
posted by 理乃 at 12:46| Comment(0) | 福岡県小郡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: