2020年08月27日

2020.8.25伊都国巡り@伊都国歴史博物館

8月25日、38.5度という猛暑の糸島。
アッシュ倶楽部という史跡巡りの仲間と伊都国巡りをしてきました。
まずは「伊都国歴史博物館」から。

20200825_124531 - コピー.jpg

伊都国とは『魏志倭人伝』に書かれた倭国の国の一つ。
末廬国から陸を東南に500里進んだ地にあったとされます。
伊都国歴史博物館3階の展示室には
国宝指定の平原遺跡(ひらばるいせき・約1800年前に築造)出土の銅鏡、
勾玉、平原王墓発見状況の原寸大模型などが展示されています。

20200825_130115.jpg
平原王墓発見状況の原寸大模型

銅鏡40面は鏡背文様から方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)32面、
内行花文鏡(ないこうかもんきょう)7面、
四螭鏡(しちきょう)1面となっています。
内行花文鏡7面分のうち5面分は径46.5センチメートルの大型鏡で日本一の大きさ!
これだけで伊都国の重要性が分かるというものです。

20200825_125813 - コピー.jpg
内行花文鏡

20200825_125844 - コピー.jpg
内行花文鏡

20200825_125712 - コピー.jpg
美しいガラスの勾玉

20200825_132607 - コピー.jpg
怡土城(いとじょう / いとのき)レプリカ

20200825_125132 - コピー.jpg
怡土城近くで出土した鬼瓦
posted by 理乃 at 18:28| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: