2020年09月10日

阿恵官衙遺跡展

糟屋町立歴史資料館で阿恵官衙(あえかんが)遺跡展が開催(9月27日まで)されています。

20200909_120119 - コピー.jpg

阿恵官衙跡は今年の3月に国の史跡に指定されたばかり。

20200909_120354 - コピー.jpg

飛鳥時代から奈良時代にかけて
今の粕屋郡一帯を治めていた筑前国糟屋評(かすやのこおり)(郡)」。
阿恵官衙跡にはその役所跡。
政庁や正倉が良好な状態で保たれていました。

20200909_124418.jpg

遺跡からは建物の柱穴の痕跡、
古代の役人が身につけていた木製のクシ、
役所の仕事に使われていた硯などが見つかりました。

20200909_124400 - コピー.jpg

698年鋳造とされる京都妙心寺の梵鐘(国宝)には
「糟屋評造(かすやのこおりのみやつこ)舂米連廣國(つきしねのむらじひろくに)」
という名前が記されています。
妙心寺の鐘とよく似ているのが観世音寺の梵鐘。
2つの梵鐘は同一工房で同時期に鋳造されたと考えられています

7世紀、糟屋評の政庁で梵鐘制作の指示にあたっていた廣國氏。
古代官道を馬に乗って、大宰府政庁も訪れたのでしょうか。
歴史資料館を出たあと、阿恵官衙跡を探して行ってみましが、
埋め戻されて草が茂り案内板もないようでした。
posted by 理乃 at 12:53| Comment(0) | 糟屋郡粕屋町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: