2020年12月26日

2020.12.3 糸島歴史探訪H六所神社

六所神社があるあたりは
古代川辺里と呼ばれていたところということで訪れました。

20201203_163335 - コピー.jpg

現存する最古の戸籍は正倉院文書の「筑前国嶋郡川辺里戸籍」(702年)。
そして2012年に太宰府市で発見された
7世紀末の国分松本遺跡の木簡。
木簡には人名や身分など戸籍の内容が書かれていました。
「嶋評(しまのひょう)」と記されていましたが、
評とは大宝律令以前の地方行政単位「国・評・里」の一つで郡に相当。
嶋評は現在の糸島市や福岡市西区に当たります。
そして正倉院の戸籍と共通する川部里という里の名もありました。
古代でつながる奈良と大宰府と糸島。
境内の樹齢千年を超えるという樟はその時代を知っていたのか知らぬのか…。

20201203_163902 - コピー.jpg
ラベル:六所神社
posted by 理乃 at 23:52| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: