2020年12月31日

2020.12.3 糸島歴史探訪I元寇防塁(福岡市西区今津)

古代の水城も立派ですが、
中世の防塁もすごいです。

20201203_170108 - コピー.jpg

文永の役(1274年)で元に侵攻された鎌倉幕府は
防塁を築き再襲来に備えました。
築造は国ごとに区域を定めて行われました。
高さ・幅は平均2メートル。
総延長は、今津から香椎までの約20キロメートル!

20201203_170416 - コピー.jpg

弘安の役(1281年)では元は防塁や武士の元船への攻撃で
博多の地に上陸できませんでした。
けっして神風のせいではないんですね。
福岡城築城の際に石垣の石として
防塁の大半が失われたと考えられています。

20201203_171019 - コピー.jpg
ラベル:元寇防塁
posted by 理乃 at 12:18| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: