2021年03月06日

2021.3.5筑後みやまのレキタビA山梔窩(さんしか)

水田天満宮の近くにある山梔窩(さんしか=くちなしのや)。

20210304_114055 - コピー.jpg

幕末の勤皇志士・真木和泉守保臣が藩政改革に失敗し
謹慎させられて、
9年9カ月を過ごした家です。

20210304_114103 - コピー.jpg

真木和泉は1852年、水田天満宮宮司だった
弟の大鳥居理兵衛のもとに謹慎させられました。
大鳥居家の片隅に家を建てて移り住みました。
1862年、薩摩へ脱出するまで、門弟を教育しました。
山梔窩という名は庭にクチナシ(梔)が植えられたことから、
または「口なし」からとられたともいわれています。

20210304_114219 - コピー.jpg

*山梔窩:筑後市大字水田242
*筑後市HP参照
posted by 理乃 at 12:52| Comment(0) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: