2007年08月02日

「粘菌」その不思議な世界

暑い夏は読書にもってこい。
暑くて昼間はあんまり外に出たくないからです。
大作とかは夏休みに読破することが多いものですよね。

粘菌―驚くべき生命力の謎粘菌―驚くべき生命力の謎
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 粘菌―驚くべき生命力の謎
[著者] 松本 淳
[種類] 大型本
[発売日] 2007-04
[出版社] 誠文堂新光社

>>Seesaa ショッピングで買う

これは粘菌の写真が満載の本。
読書というより、眺めて楽しむ本です。

粘菌ってなに?
そう思うかもしれません。
まったく興味ない人も多いかも…。

粘菌は「変形体」と「子実体」という二つの形態があります。
「変形体」は微生物などを摂食するするために移動するという動物的な面をもっています。
「子実体」は繁殖期に形成され胞子を飛ばすという植物的な面をもっています。
この二つの面を合わせもつ不思議な生物が粘菌。
動き回れる植物??
胞子を飛ばす動物??
粘菌は森の中の倒木などで見ることができます。

子実体の形は宇宙から飛来してきたかのような特異な形。
小さな押しピンみたいだったり、
マッチ棒の先みたいだったり。
色彩も黄色あり、赤あり、瑠璃色ありと多彩。
その不思議きわまりない造形に魅かれます。
変形体は大きくなると巨大アメーバのようで異様です。

1973年のこと、北米で粘菌が大発生しました。
庭に現れたのは黄色いネバネバの奇妙な物体。
「ほかの天体から人類を滅ぼすために送りこまれた」なんていう噂も流れ、
市民はパニックになったそうです。

粘菌はヒトよりも昔から地上にいて、
生態系を支えてきたんですけどね。

こんな不思議な生き物がいるということ自体が
感動で面白くてしかたありません。

粘菌を愛した風変わりな学者に南方熊楠(みなかた くまぐす)がいます。
奇行で有名な彼の自伝を水木しげるが漫画(「猫楠」)にしていますが、こちらも傑作。

猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)
[著者] 水木 しげる
[種類] 文庫
[発売日] 1996-10
[出版社] 角川書店

>>Seesaa ショッピングで買う


粘菌と南方熊楠に興味を持っている方にはオススメです。




ラベル:粘菌 南方熊楠
posted by 理乃 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック