2007年08月09日

絵本:世界最初の恐竜公園を作った男の物語…「ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜」

第1回万国博覧会の会場としてロンドンに建てられた水晶宮。
万博終了後は郊外のシドナムに移築されましたが焼失。
でもその敷地に世界最初の恐竜公園が残っています。
この絵本はその恐竜公園をつくったウォーターハウス・ホーキンズの物語。

ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜
[著者] バーバラ ケアリーブライアン セルズニック
[種類] 大型本
[発売日] 200..
>>Seesaa ショッピングで買う


19世紀のロンドンで恐竜に魅入られたウォーターハウス・ホーキンズ。
彼は動物の絵を描き、模型を作るのが大好きな少年でした。
そしてついに実物大の恐竜の模型を作ることになったのです。
自分の作った模型を見てもらうために、
彼は科学者や支援者をパーティーに招待します。
なんとパーティー会場は恐竜のおなかの中。
やがてアメリカからお呼びがかかり渡米。
でもここでは制作途上に理解のない政治家によって模型を破壊されてしまうという苦い経験もします。

今でも水晶宮公園に残るウォーターハウス・ホーキンズの恐竜。
彼が愛したように世界中の恐竜好きの子どもたちも、
はるか昔の夢の世界を愛しています。

ラベル:恐竜 水晶宮
posted by 理乃 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★絵本コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック