2008年03月02日

西新の元寇防塁跡

西新を訪れましたので、元寇防塁跡の写真を撮ってきました。

genko3.jpg

genko1.jpg
(※クリックすると大きくなります)

genko2.jpg

元寇防塁とは鎌倉時代、蒙古襲来に備えて博多湾沿岸一帯に築かれた石塁のことです。

防塁の高さは平均2.5〜3メートルだったということ。
総延長は、福岡市西区今津から福岡市東区香椎までの約20キロメートルに及びました。
この西南大学そばの防塁は中間あたりになります。

1回目の蒙古襲来、文永の役(1274)では元軍がこのあたりに上陸。
祖原、鳥飼、赤坂一帯は戦場となりました。
これを受けて鎌倉幕府は、建治2年に(1276)年に防塁を築いて備えることにしたのです。

弘安4年(1281)の2回目の蒙古襲来では蒙古軍は上陸しておらず、
防塁は大きな役割を果たしたと思われます。

この西新元寇防塁は大正9年に発掘され、
昭和44年の本格的発掘調査後、見学できる整備が整いました。

かつてはこの辺が海岸でしたが、
今はこの北側が埋立てられ、百道浜となっています。

genko4.jpg
(※クリックすると大きくなります)

■西新元寇防塁跡:福岡市早良区西新7


---PR----------------------------------------
かわいい 表情豊かなカトラリーボックスです。
カフェっぽく、ナイフやフォークはこれに入れて…。
  ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkaedesou%2Fsy61024-02%2F
ラベル:元寇
posted by 理乃 at 01:04| Comment(2) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元寇防塁、とても参考になりました。とても戦いのあった所というイメージは無いですね。今があまりにも平和だからでしょうか。このような歴史的な場所は、もっと多くの人に見てもらいたいですね。

このブログ、見るのが楽しみになりそうです。そして、エルザさんの行動力を見習いたいと思いました。
Posted by なでしこ at 2008年03月02日 15:24
なでしこさん、ようこそ!
訪問いただき、うれしいです。

西新の元寇防塁跡は街中にありすぎるので、
今津の防塁跡の方がおそらく、当時がしのばれるのではないかと思います。
こういう歴史スポットはマニア向けかもしれません…。
でも多くの人に見てもらって、歴史を知ってほしいですよね。
わたしは仕事の関係で移動できているだけで…。
わたしの方こそ、なでしこさんのフットワークに驚いてますよ(*^。^*)
Posted by エルザ at 2008年03月02日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: