2008年05月29日

JR筑前前原駅

前原方面に行ってきました。

maebaru1.jpg

前原市の歴史は古いものです。
なんと約2,000年前、
大陸との交流拠点として栄えた「伊都国」があったといわれています。

平原(ひらばる)遺跡では弥生時代後期に造られた
東西18m、南北14mの長方形の方形周溝墓などが発見されています。
方形周溝墓からは多くの銅鏡が出土しました。
しかもそのうちの「内行花文鏡(ないこうかもんきょう)」は
直径が46.5cmもある日本一の大鏡。
ほかにも多くの勾玉などが出土していることから、
伊都国王の墓ではないかと考えられているのです。
 
副葬品がネックレスやブレスレットなどで、
武器がほとんどないことから女王の墓ではないかとされています。

JR筑前前原駅前の街灯のデザインは
この「内行花文鏡」でした。

maebaru2.jpg
ラベル:前原
posted by 理乃 at 18:38| Comment(0) | 福岡県前原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: