2009年05月07日

「山ちゃん鯛焼 博多えべす」の抹茶白玉鯛焼き

最近、白い鯛焼きがブームですが、
新宮町で美味しい鯛焼きと出合ったのでご紹介します。
『山ちゃん鯛焼 博多えべす』。
黒あん、白あん、カスタードなど、いろんな味の鯛焼きがありますが、
抹茶あんに白玉が入った抹茶白玉を買いました。
宇治の抹茶を使っています。
あんがた〜っぷり入って美味しい。

ebesu.jpg

変わっているのは鯛焼きの型。
オリジナルで、なんと鯛焼きの顔が恵比寿さんなのです。
(写真はちょっと分かりづらいですね…)

イートインできるので、
ドライブのひと休みにどうぞ。
お茶はサービス!

■山ちゃん鯛焼 博多えべす
糟屋郡新宮町大字三代793−9(山ちゃんうどん横)
TEL:092−963−2310
11:00〜19:00
無休

ラベル:鯛焼き
posted by 理乃 at 02:29| Comment(2) | 福岡県糟屋郡新宮町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

糟屋郡新宮町「ケレス」第3弾

お気に入りの「ケレス」。
また行っちゃいました。

ceres7.jpg

定番商品でこれは美味しい!と思うのが
この「パンドジェンヌ」。120円。
いわゆるマドレーヌなのですが、
満足できるマドレーヌです。

で、今日あったのがコレ。

ceres5.jpg

初めて見るのですが「牛蒡」。250円。
わ、そのまんま。
ハード系で中に牛蒡(ごぼう)が入ってるんです。
それで上には粉チーズがかかってます。
牛蒡とチーズ??
これがね、マッチしてるんです。
美味しいパンでした!

駐車場ではこんなかわいいお花が咲いてました。
名前は分かりません…。

ceres6.jpg

■ケレス
住所:福岡県糟屋郡新宮町夜臼6丁目6-1
TEL:092-963-5056
ラベル:新宮 ケレス
posted by 理乃 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県糟屋郡新宮町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

新宮町立歴史資料館…企画展「立花城」

わたしは歴史ファンです。
昔は西洋一辺倒だったのですが、
最近は日本の歴史にもとっても興味を持っています。

仕事で新宮町に行ったので、
チャンス、とシーオーレ新宮を初めて訪れました。

seeore.jpg

図書館とか入ってるんですが、
本日の目的は新宮町立歴史資料館。
企画展「立花城」を見るためです。

入るとすぐに3面マルチビジョンがありました。
上映時間があるわけではなく、
来館者が勝手にスイッチを押して見る仕組み。
映像は2種。
一つは1面の「新宮自然と史跡めぐり」(5分)。
もう一つは3面マルチビジョンの「新宮町の歴史探検」(15分)。
この二つを見れば新宮通になれます。
あと、別のコーナーで最澄が唐から持ち帰った「法理の火」を絶えすことなく守り続けている横大路家の物語の映像もあって(凝ってます)、
これもよく歴史が理解できます。

三つの映像を見たあと(貸切状態です…)、
企画展の「立花城」を見ました。
立花城は新宮町にある立花山に1330年に築かれた山城。
1601年に黒田長政が福岡城を築城し、廃城になるまで
戦乱の舞台となり、城主が入れ替わりました。
1571年に城主となった立花道雪は有名ですが、
その肖像画も展示されていました。
ものすごく大きな目が特徴的…。
博多支配の拠点として幾多の攻防が繰り広げられた戦国時代の立花城。

今、3号線から見える立花山は静かな山。
その古い歴史に興味がある人にはおすすめの展示です。

■新宮町立歴史資料館(シーオーレ新宮4F)
福岡県糟屋郡新宮町大字下府425-1
TEL:092-962-5511
posted by 理乃 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県糟屋郡新宮町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

福岡県粕屋郡新宮町「ひとまるの里」

またまた紅菜苔と出合っちゃいました。
今度は新宮の「ひとまるの里」という産直のお店です。
産直大好きです。

hitomaru1.jpg

国道3号線「大森」交差点を海側に曲がります。
「下府」交差点から、さらに海側に進むと、見えてきます。
地元の新鮮な野菜・果物・水産物を置いています。
もちろんリーズナブル。

hitomaru2.jpg

きれいな紅菜苔です。
食べるまで菜の花みたいに花瓶に生けても楽しめます。

hitomaru3.jpg

そして、これはあまおうで作ったジャム。
これで200円。

近くに人丸神社というのがあって、それで「ひとまる」。
この人丸神社、新宮一の桜の名所らしくて、
花見の時期には地元の人はお弁当を持って出かけると聞きました。

人丸神社はどうして人丸神社かというと、
これには悲しい伝説があるんです。

*    *    *

平家の武将だった梶原景清は源頼朝の暗殺を企んだため、
捕虜となり両目をつぶされ日向の国に流されました。

景清には人丸姫という可愛い一人娘がいました。
姫は一緒に暮らしていた母と死に別れ、
京に住む叔父に引き取られました。
でも父への恋しさは募るばかり。
日向へ行くことを願いましたがなかなか許してもらえません。
15歳になったときやっと叔父の許しをえて、
乳母をつれ九州に旅立ち、
筑前立花の独鈷寺にたどり着きました。

このときすでに景清は亡くなっていましたが、
住職は父を思う姫のいじらしさに事実を知らせるに忍びず、
京へ帰りなさいと説得します。
姫は新宮の下府に滞在していましたが、
重病にかかってしまいます。
毎晩のように父の名を呼ぶ姫の姿を見かねた住職は本当のことを告げました。
これを聞いた姫は気を落とし、
日向が見える鳶山(とびやま)に埋葬してくださいと言い残してこの世を去るのです。
その場所が今の人丸神社だということです。

■生産者直売所 ひとまるの里
福岡県粕屋郡新宮町下府1206-2
TEL:092-941-5500

posted by 理乃 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県糟屋郡新宮町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

福岡県粕屋郡新宮町「ケレス」その2

※2009.5月の情報
ケレスはカフェありますが、食事はできなくなっているようです。



新宮町の「ケレス」。2度目の登場です。

ランチはまたお気に入りの「スープランチ」をいただいてしまい、
かわりばえしないので、
今回は大好きな内部をご紹介します。

ceres3.jpg

外観からは想像つかない高い天井。
板張りの床。
落ち着きます。

新宮は海があり、美味しい海産物の店や、
新鮮な野菜を売る店もあって好きな場所です。
追い追いご紹介していけたらと思ってます。
ラベル:新宮 カフェ
posted by 理乃 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県糟屋郡新宮町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

福岡県粕屋郡新宮町「ケレス」

※2009.5月の情報
ケレスはカフェありますが、食事はできなくなっているようです。


新宮にある「ケレス」はあのマヌカンピスの系列のお店。
国道3号線から少し入ったところにあるけど、知る人ぞ知るって感じで、美味しいパンとケーキを求める人が立ち寄ってます。
店内はヨ−ロッパを思わせる内装でとってもくつろげるんです。
カフェでする食事が好き。

ランチは日によって違うと思うけど、
この日はとっても美味しいス−プのランチがありました。
お野菜たっぷりの具だくさんスープでヘルシー。
あったまりましたよ。

ceres2.jpg


■ケレス
住所:福岡県糟屋郡新宮町夜臼6丁目6-1
電話:092-963-5056
ラベル:福岡 グルメ
posted by 理乃 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県糟屋郡新宮町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする