2013年04月06日

安西さんの個展のご案内

Un ami à moi a une exposition solo à la galerie de la ville de Fukuoka.
Je sais de 30 ans de lui.

わたしが某ギャラリーに勤めていたころからの古い知り合い。
安西博之さんが明日まで
アートスペース獏で個展中です。
天神に行く予定の方は見てね〜。

2013404安西展2_1.jpg

2013404安西展_1.jpg
posted by 理乃 at 20:14| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

江上計太個展のお知らせ その2

8月31日(水)〜9月17日(土)まで、
現代美術作家、江上計太が
ヴァルト アート スタジオで個展をします。

今回はちょっと珍しいものも展示されます。
江上計太が25歳のとき、
全日本ギターコンクール作曲部門で入賞した楽譜です。

これがその一部。(もちろん手描き。。。)
  ↓

楽譜1_1.jpg

最終日のパーティーでは、その音が聞けるかも。。。???


■江上計太個展
日時:8月31日(水)〜9月17日(土)
   12:00〜18:00
   日月火は休廊
場所:ヴァルト アート スタジオ
   福岡市博多区千代4-12-2
   TEL:092-633-3989
※入場無料
◎最終日9月17日(土)18:00からパーティーをします。
1品持ち寄り制。
どなたでもお気軽にお越しください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~egami/
posted by 理乃 at 22:07| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

江上計太個展のお知らせ

個展のお知らせです。

2011wald1.jpg

8月31日(水)〜9月17日(土)まで、
現代美術作家、江上計太が
ヴァルト アート スタジオで個展をします。
ご興味のある方はどうぞ。。。

■江上計太個展
日時:8月31日(水)〜9月17日(土)
   12:00〜18:00
   日月火は休廊
場所:ヴァルト アート スタジオ
   福岡市博多区千代4-12-2
   TEL:092-633-3989
※入場無料
◎最終日9月17日(土)18:00からパーティーをします。
1品持ち寄り制。
どなたでもお気軽にお越しください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~egami/

2011wald2.jpg




posted by 理乃 at 22:20| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

江上茂雄 作品集 出版記念展

来る土曜日。
アートスペース・テトラにて
江上茂雄 作品集 出版記念展が開催されます。

初日はパーティーを行います。
わたしもサポートで入ります。
ご興味のある方はどうぞお越しくださいませ。

出版記念展.jpg

詳しくはテトラのサイトをご覧ください。
http://www.as-tetra.info/archives/2010/100828103656.html

■江上茂雄 作品集 出版記念展
2010.8.28(sat) - 9.5(sun)
tue-fri 16:00-20:00 / sat-sun 13:00-20:00
Closed on Monday
会期…2010年8月28日(土)−9月5日(日)
時間…平日 16:00〜20:00 / 土日 13:00〜20:00
月曜休廊
企画:江上茂雄画集制作委員会
出版記念パーティー:8月28日(土)18:00〜
入場無料(どなたでもご参加頂けます)
posted by 理乃 at 22:26| Comment(2) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

追悼:清田幸子さん

わたしを取り巻く環境から
アートに携わる人と知り合う機会が多いです。

そんな中で清田さんとも知り合ったのです。

不思議な雰囲気を持った人でした。

送られたきた絵葉書を見て以来、
その絵に引かれていました。
独創性があって、繊細で、不安が立ち込めていて。

個展を開きたいと言っていたのに
なかなか実現しませんでした。
ドクターストップがかかっていたりしたから。

でも、周りの人の助けもあって、
ついに個展が開催されました。
それは5月のこと。

初めての個展で書き溜めた絵を並べた中に
清田さんは座っていました。

線画はまるでビアズリーのようだし、
水彩はコクトーのよう。
そのイメージの世界は思っていたように
心象を幻想的に描いたもので
強い引力を持っていました。

会場で覚書の意味で写真を撮りました。
多くはガラスが入った額に入っていたので
うまく撮れていません。
そのときは覚書でもよかったのです。
また撮影する機会はあると思っていたので。

それなのに清田さんは2カ月もしないうちに
急に逝ってしまいました。

今はまだ、絵を見るのはつらいです。
胸苦しいです。

でも、不完全ながらここでアップできるものは紹介します。

絵を描くことを愛した一人の女性。
そして心情を表すことができる才能に恵まれた女性。
その死を悼みます。


清田幸子6.JPG

清田幸子5.JPG

清田幸子3.JPG


清田幸子1.JPG

清田幸子4.JPG
(※クリックすると大きくなります)

清田幸子2.JPG
(※クリックすると大きくなります)
posted by 理乃 at 21:43| Comment(2) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

江上茂雄回顧展 第3週展示作品

2010年2月23日(火)〜3月14日(日)までart space tetraで
3週にわたって開催されました江上茂雄回顧展。
第3週に展示された作品の一部をご紹介しておきます。

これらの作品が掲載されます画集はこの夏発行を予定しております。

SHIGEO3−3.jpg



SHIGEO3−.jpg



SHIGEO3−2.jpg




posted by 理乃 at 01:12| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

江上茂雄回顧展ご来場の方々、ありがとうございました。

2010年2月23日(火)〜3月14日(日)まで
art space tetraで開催しました江上茂雄回顧展。
多くの方にご来場いただきまして、
本当にありがとうございました。
身近な方々、
長い月日をへだてたのち再会した方々、
思いがけない方々、
遠方からわざわざお越しいただいた方々、
江上茂雄の自宅で取材していただいた方々、
かわいい子どもたち、
みなさまにお礼申し上げます。
江上茂雄の絵画を通して、いろんな出会いがありました。
みなさま、お忙しい中お運びいただきまして、
本当にうれしかったです。

さあ、回顧展は実はこれが始まりです。
これから江上茂雄画集発行を目指してまいります。
夏にまた発行のご報告ができればと思っております。
わたしも関係者の一人として陰ながらサポートしてまいりますので、
よろしくお願い申し上げます。
posted by 理乃 at 01:39| Comment(2) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

江上茂雄回顧展 第2週展示

先月28日からart space tetraで開催されております
江上茂雄回顧展。
第2週の展示をご紹介します。
毎週入れ替わるため、
今は第3週の展示となっております。

shigeo2-4.jpg

shigeo2-3.jpg

shigeo2-5.jpg

shigeo2-2.jpg

shigeo2-1.jpg

さて、3週続いた展示もいよいよ次の日曜が最終日。
土曜日にはパーティーをします。
参加費は無料。
ドリンクとフードをご用意しておりますので、
みなさまどうぞお運びくださいませ。


■江上茂雄回顧展
art space tetra
福岡市博多区須崎町2-15
TEL/ FAX 092-262-6560
会期…2010年2月23日(火)〜3月14日(日)
時間…平日 16:00〜20:00 / 土日 13:00〜20:00
※オープンの時間が遅いのでご注意ください。
クロージングパーティー:3月13日(土)19:00〜 無料
企画:江上茂雄画集制作委員会
※駐車場は会場周辺にコインパーキングが点在しております。


posted by 理乃 at 22:36| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

江上茂雄展 第1週展示

先月28日から博多区のギャラリーで行われている江上茂雄展。
3週間の展示ですが、
毎週入れ替わります。
先週の日曜までの展示をご報告します。

IMG_48.jpg

IMG_15.jpg

IMG_21.jpg

IMG_17.jpg

本日から新しい展示に入れ替わっております。
みなさまお運びくださいませ。

■江上茂雄回顧展
art space tetra
福岡市博多区須崎町2-15
TEL/ FAX 092-262-6560
会期…2010年2月23日(火)3月14日(日)
時間…平日 16:00〜20:00 / 土日 13:00〜20:00
※オープンの時間が遅いのでご注意ください。
クロージングパーティー:3月13日(土)19:00〜 無料
月曜休廊
企画:江上茂雄画集制作委員会

posted by 理乃 at 22:36| Comment(2) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

★江上茂雄回顧展のお知らせ★

白寿を来年にひかえた路傍の画家、
江上茂雄の回顧展のお知らせです。

大牟田、荒尾を拠点に若き日より絵を描き続けてきた画家
江上茂雄の回顧展が福岡市のギャラリーで開催されます。

江上茂雄の画業はいずれ1冊の画集として
今年中に出版を予定しています。
このたびの回顧展はその刊行準備を兼ねております。
初期の緻密な作品から最新作まで織り交ぜ、
会期中一週間ごとに展示作品を入れ替える予定です。
みなさまどうぞお越しくださいませ。

egamishigeo2.jpg
「青藍のとき」昭和40年代、クレヨン、大牟田市海岸埋立地


■江上茂雄回顧展
art space tetra
福岡市博多区須崎町2-15
TEL/ FAX 092-262-6560
会期…2010年2月23日(火)−3月14日(日)
時間…平日 16:00〜20:00 / 土日 13:00〜20:00
※オープンの時間が遅いのでご注意ください。
クロージングパーティー:3月13日(土)19:00〜 無料
月曜休廊
企画:江上茂雄画集制作委員会

posted by 理乃 at 00:57| Comment(2) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

見に行ってね〜♪  「キモチカタチに展」

親友のイラストレーターの有里みち子さんと
絵手紙教室の生徒さんたちのグループ展が開催中です。

kimochikatachiniten3_1.jpg
(※クリックしてみてね)

今日の早朝にメールをもらったので、
取材を終えると駆けつけました。
アクロスの2階のギャラリーです。

絵手紙っていったって、
有里さんのはオシャレです〜。
画材もいろいろ使い、コラージュあり、
本職のイラストのようにウィットが効いてます。
何より絵がうまい!

kimochikatachiniten1_2.jpg

有里さんとは河童のツアー以来のお友だちなんです。
なにそれ?ですよね。ふふ。

今度の日曜日までなんですけど、
天神にお出かけされる方はぜひごらんくださいませ。

★絵手紙教室やってます。
    ↓
kimochikatachiniten2_1.jpg
(※クリックすると大きくなります)

■キモチカタチに展
〜有里みち子と仲間たちの絵手紙グループ展〜
〜2月7日(日)
10:00から18:00(最終日16:00まで)
アクロス福岡2F メッセージホワイエ
posted by 理乃 at 20:50| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

大丸の沈壽官展

大丸福岡天神店本館6階のアートギャラリーで12日まで
『襲名十周年記念 十五代 沈壽官 香櫨展』が開催されています。

素晴らしく緻密な彫りをほどこした焼き物で、
絵付けの上品な色彩に圧倒されました。
連休、天神に行かれる方はぜひ見てみてください。


■『襲名十周年記念 十五代 沈壽官 香櫨展』
開催中〜 12日(火)まで。
十五代沈壽官の襲名10周年を記念し、香櫨を中心に、
捻物、 茶わん、香合、茶入など新作約40点を一堂に展覧。
◎十五代 沈壽官さんによるギャラリートーク
1月10日(日)午後1時〜 〔約20分間〕
posted by 理乃 at 02:34| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

まだ間に合う!アジトリに行こう!

文化の日は文化したなぁ。
第4回福岡アジア美術トリエンナーレ(アジトリ)に行きました。
それがとても良かったので、
行かれてない方はぜひどうぞ。
おすすめですぞ。

では、そのおすすめをご紹介します。

@ツァイ・グォチャン(蔡國強) 中国

会場入り口近くのツァイ・グォチャン(蔡國強)。
火薬絵画とともに、
これまでの火薬アートを集めたビデオを見てください。
感動します。
ツァイ・グォチャンといえば、
北京オリンピックの開会式での花火が知られるところですが、
世界中で火薬を使ったアートをやっていて、
その場所に適したことを行っています。
福岡でもやってるんですよ。
火薬で虹を作ったり、
空に黒い絵を描いてみたり、
広島ではきのこ雲の形の花火を上げています。
万里の長城でも、
あの長い道のりを火花が駆けていくといころは壮観。
爆発の祝祭的な胸をときめかす音と、
その場所の意味する深いものが溶け合って、
居合わせた人々を興奮させたことでしょう。
その進化の過程も素晴らしい。
一度、現場に居合わせたいものです。

Aヤスミン・コビール&ロニ・アフメッド バングラデシュ

彼らの無言のドキュメンタリーの映像はもの悲しい。
暗い海で廃船の解体作業に無言で従事する男たち。
什器を使うことなく素手で行われる解体作業。
表情をなくし、ひたすら辛い労働を続けます。
労働者の厳しい現実が淡々と淡々と描かれています・・・。

Bディン・チ・レ ベトナム

出品作『南シナ海ピシュクン』は映像作品。
行き場を失った米軍のヘリコプターが
海にひたすら落ちていくという作品です。
1975年のベトナム戦争終結時、
引き揚げることとなった米軍のヘリコプターが
母艦に収容しきれずパニックになって
次々と海に落ちた出来事を再現しています。
あれだけベトナムを攻撃してきたヘリコプターが、
「地獄の黙示録」で飛び交っていたあのヘリコプターが
追われる立場となって海に激突していくのです…。


■第4回福岡アジア美術トリエンナーレ2009
2009年9月5日(土)〜2009年11月23日(月)
会場:福岡アジア美術館、周辺地域










posted by 理乃 at 01:21| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

那の津の3号倉庫

日曜の逢う魔が時、
那の津の3号倉庫に行きました。

nanotu1.jpg

福岡は港町って忘れがちですが、
天神のすぐ先は海。
那の津には倉庫街が広がっています。

nanotu2.jpg

そこにあるのが3号倉庫。
(3号倉庫はこの写真の右手にあります)
詳しくはこちらで。
  バッド(下向き矢印)
http://www.3gosoko.ne.jp/

とある方が若い作家たちをバックアップしているという
現代のあしながおじさんのようなお話がここに本当にあります。

倉庫の2階にこれから演劇でも始まりそうな
エネルギーに満ちた展示がありました。

nanotu4_2.jpg

nanotu3.jpg

3号倉庫の前にある倉庫?の屋上に生えていた雑草。
(上ってみたいなこの倉庫の屋上…)

■3号倉庫
福岡市中央区那の津4丁目3の12

posted by 理乃 at 00:18| Comment(2) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

よみがえる黄金文明展〜ブルガリアに眠る古代トラキアの秘宝〜」

西洋史に関心があるわたしの心をひきつけるトラキア…。

平日に行けるのは今日が最後なので
福岡市博物館まで出かけてきました。

hakubutukan.jpg

展示品の目玉の「トラキア王の黄金のマスク」や
「黄金の花冠」はもちろん素晴らしかったのですが、
これらは紀元前5世紀後半の作品です。
ところがこれよりもさらに気が遠くなるほど時間をさかのぼった
紀元前5000年の黄金の展示物があったことにくらくらしました。
エジプト文明が紀元3000年のことなのですから
教科書で習った歴史は書き換えられてしまいます。
謎の超古代の文明に吸い寄せられます。

古代ブルガリア、紀元前5000年、
それは石器時代などではなかったのです。
その黄金の出土品のフォルムの美しさ。
金の腕輪のカーブの素晴らしさ。
人類の美のセンスに感動します…。

それから時代を経て台頭したトラキアの黄金の出土品は
より一層洗練され繊細な美しさを放ちます。
細工師たちの優れた技術に
目を見張るばかり。

いまだ知らぬ超古代文明に接触できる
またとない展覧会。
ぜひご覧になることをおすすめします。


ラベル:トラキア
posted by 理乃 at 23:23| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

絵画に魅せられて

これから
とても好きな画家の個展に行ってきます。

この猥雑な世界にいて、
とても静謐な絵を描く若い画家。
繊細すぎるその画家の絵は
前回の初個展で
強く強くわたしを魅了しました。
一枚の案内状を見て、これは行かなければならないと思ったのでした。

彼の絵の中から
わたしは静かな言葉を受け取ってこようと思います。
早春の風の強い、いまだ寒い一日。
彼の絵の前に立つのにふさわしい日だという予感がしています。
posted by 理乃 at 12:12| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

石橋美術館の「ノスタルジア」、おすすめです

20歳くらいのころでしょうか、
世紀末美術に首っ丈、なんて時期がありました。
そんなわたしの中で青春の画家たちが勢ぞろいしている
うははーな展覧会が久留米の石橋美術館で開催されています。
「ノスタルジア」。
お仕事前に駆け足で見てきました。

ブレイク、バーン=ジョ―ンズ、ビアズリー、
ロセッティ…。
香ります。世紀末象徴主義。
でも、それは青春の残り香といったもので、
わたしにとってはノスタルジア…。
新たな出会いが大切です。
今回、その出会いもあったので、うれしい!
それについてはここでは控えます。

日本人画家では明治期の日本における油絵の黎明期に
欧州にわたり、そこで亡くなり、
日本ではあまり知られていない画家の存在が気になりました。

世紀末象徴主義好きな方、
どうぞお出かけください。おすすめです。
ターナーの作品も来てますよ。

ps.
昨日の朝は霧が出て、
耳納連山は隠れて見えませんでした。

posted by 理乃 at 00:25| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

まちゅまゆさんの個展

もう終わってしまったのですが、
2月のはじめ、新天町のギャラリー風で行われていた
まちゅまゆさんの個展に行きました。

まちゅまゆさんの絵を見るのは確か2、3回目なのですが、
今回はまだ未完成の絵本「ヒトを食べたきりん」のための原画が
すごくいいなと思いました。

ディスコミュニケーションがテーマとなっていて、
現代の残酷物語となっています。
原画はとても丁寧に描かれています。

まちゅまゆさんは青の色の使い方が上手くて、
青に沈んだ風景は人の孤独をよく表しています。

会場自体もまちゅまゆさんの世界。
アンティークが置かれ、赤い薔薇の花びらが散り、
その中で絵本の中から抜け出してきたかのような
白い衣装のまちゅまゆさんが
訪れた人たちに作品の説明を丁寧にされていました。
人が多くて驚き!
ファンがとても多い絵描きさんです。

こちらがまちゅまゆさんのホームページ。
「絵描き屋 まちゅまゆの部屋」
  ↓
http://machumayu.com/
ポストカードなどのグッズもショップで買えます。

わたしは会場でメモを購入。
ラッピングも凝ってます。
ボタンの飾りつき。

matyumayu.jpg

今年はまた12月16日〜21日に
同じギャラリー風で個展をするとのこと。
興味を持たれた方は行ってみてくださいね。

■ギャラリー風(新天町北通り)
福岡市中央区天神2-8-136
TEL:092-711-1510


---PR----------------------------------------
かわいいピノキオのなわとび。
かわいい! 子どもにはもちろんおすすめだけど、
大人だってなわとびしたくなる!
  ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkaedesou%2Fka61214-03%2F
ラベル:童話 絵本
posted by 理乃 at 12:14| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする