2011年11月25日

博多駅X'masイルミネーション

21日に用事で大阪に出かけたのですが、
帰りに博多駅で見たX'masイルミネーションがきれいだったので
アップします。
色を2色に抑えた色調が上品で
このイルミネーションは好きです。

南半球では夏のクリスマス。。。か。

博多駅X'masイルミネーション_1_1.jpg

博多駅X'masイルミネーション2_1.jpg

博多駅X'masイルミネーション3_1.jpg
posted by 理乃 at 21:47| Comment(2) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

吉塚探訪 その1 豊島蒲鉾

今、わたしは毎日、吉塚駅近くの某所に通っています。
ずっと忙しくて、通っていながら吉塚周辺をほとんど歩いていません。
でも、吉塚に通う日々もいずれ終わるので
ぼちぼち吉塚も紹介したいと思います。

いつも前を通っていて、気になっていたのが「豊島蒲鉾」。
わたしの美味しいものセンサーが反応してました。。。

数日前、お店の前がやけににぎやかな日がありました。
創業57年を記念して半額セールをやっていたのです。
チャンス!
ってことで、初めて買ってみました。
ここの名物、全国蒲鉾品評会で農林水産大臣賞を受賞している「博多なんこつ天」。

鶏軟骨天_1.jpg

うん。美味しいですよ。
やわらかく、ふわふわしたてんぷらに
こりこりした鶏の軟骨が入ってます。

夕食のお惣菜、お酒のおつまみにぴったり。

軟骨はコラーゲンがたっぷり。
てんぷらの素材のすり身は良質なたんぱく質。
これは、すてきなコラボです。
体にも、お肌にもよさそう。

もう1つ買ってみたのは「黒ごまごぼう天」。

gobou_1.jpg


ゴマとごぼうの風味が美味しいおつまみ。
これもヘルシー。

豊島蒲鉾には、このほかにもいろんな蒲鉾があるので
また違うものを食べてみたいな。。。

◆豊島蒲鉾
http://toyokama.com/index.html
posted by 理乃 at 01:10| Comment(4) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

JR博多シティ見物

3月3日に開業した博多駅の新駅ビル、JR博多シティ。
やっと昨日、お友だちのUちゃんと行ってきました。

目的は「T・ジョイ」でレイトショーを見ることだったのですが、
昨日、ささっと見物したものをご紹介。

博多駅_1_1.jpg

まずは阪急百貨店の地下に行ったんですけど、
並んでお買い物をしているあいだに映画のチケットを購入。

きねぞー_1.jpg

この機械で買えます。

ではうわさの屋上「つばめの杜ひろば」に。。。

オクジョウ_1.jpg

展望台からは360度の眺め。。。
大博通りと海。。。

屋上_1.jpg

鉄道神社_1.jpg

鉄道神社というものも。。。

神社前はミニ参道みたいになっていて
地ビールやフードあり。

馬ロッケ_1.jpg

熊本の水基巡りの馬ロッケがあったので、Uちゃんと半分こ。
やっぱり馬肉はあっさりしている気がする。

くうてん_1.jpg

9・10階のレストラン街「シティダイニング くうてん」は
緑をふんだんにあしらった広々とした空間。
色調をこげ茶にして落ち着いた雰囲気。

シネマコンプレックス「Tジョイ」も広々として
茶色の基調がシック。
マイカルより、大人な映画館です。

Tジョイ博多_1.jpg

広くてきれいになった新博多駅ビル。
まだまだ見てないところだらけです。。。
posted by 理乃 at 17:56| Comment(2) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

石蔵酒造 博多百年蔵の「あわゆら」

博多に造り酒屋はただ一軒。
それが石蔵酒造です。
そばを通るたびに、蔵のたたずまいがいいなって思います。

あわゆら3_1.JPG

日本酒がおいしい季節。
わたしはアルコールに弱いのでソフトタイプのお酒が好きです。
これは発泡性のお酒。「あわゆら」

あわゆら.jpg
250ml 480円

福岡県が独自に開発したリンゴ酸高生産性酵母“ふくおか夢酵母”を使っています。
酵母が創り出す爽やかな甘酸っぱさ、
炭酸のシュワシュワ感がグッドな女性好みの日本酒。

そばをとおりかかったら寄ってみてくださいね。

■石蔵酒造
福岡市博多区堅粕1−30−1
TEL:092-651-1986 


posted by 理乃 at 22:39| Comment(6) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

川端商店街

夏の暑い日。。。
川端商店街を通りぬけました。

kawanata1_1.jpg

kawanata2.jpg

川端ぜんざい広場です。

kawanata7.jpg

kawanata8.jpg

向こうは、こんな眺め。

kawanata3_2.jpg

上川端通八番山笠の飾り山が飾ってあります。
これは表。
博多風神雷神恵(はかたふうじんらいじんのめぐみ)。
人形師:田中 比呂志

この人形、かなりいいです。

kawanata5.jpg

迫力あるよ〜。

kawanata6.jpg

kawanata9.jpg

長崎屋紙店。
以前、よく買ってました。
こういう専門店っていいですね。

kawanata11.jpg

パン屋さん。「たぁく」。
安い。。。
日替わり弁当250円とかあります。

kawanata10.jpg
「たぁく」で買ったパンはここでいただけます。
飲み物のサービスあり。うれしい。

kawabatamachi_1.jpg

では、「たぁく」のパンをいただいてみましょう。

kawanata12.jpg

最後は、いつも変わらずある「櫛田のやきもち」。
posted by 理乃 at 00:06| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

東長寺

博多区のお寺に用があって東長寺にも寄ってみました。

tochoji1_1.jpg

大博通りからも見えている
この立派なお墓は黒田藩二代藩主、黒田忠之(ただゆき)のものです。

kyochikuto1.jpg

強烈な暑さでした。
夏の花、夾竹桃の赤い花がお墓の前に咲いていました。

kyochikuto2.jpg

白い夾竹桃も。。。

posted by 理乃 at 23:00| Comment(2) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

櫛田神社の花たち

昨日から花粉症が始まりました。。。
忙しくて、病院に行けずクスリがないのでつらいです。

さて、花が美しい季節になってきました。
櫛田神社を通りかかったら、
枝垂れ梅が咲いてました。

sidareume1_1.jpg

そして沈丁花も。。。
香りが好きな花はこの季節に集中しているみたいです。
素心蝋梅、水仙も。。。

jinchoge_1.jpg

花に顔を近づけて、
思いっきり香りを嗅ぎます。
とおい昔、
移り住んた大きな家の庭にも咲いてました。
転校生だったわたしは学校に馴染めず、
帰宅すると
大きな大きな沈丁花の木に倒れこむように
その花の香りを嗅いでいました。
あのころに比べるとタフになりました。。。
posted by 理乃 at 22:12| Comment(4) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

JR吉塚駅

JR吉塚駅近くへ行きました。
最近の吉塚駅はこんな感じ。

yoshizukaeki.jpg

県庁の最寄駅ということで、
駅の周りには県の施設が目立ちます。

吉塚という駅名はどこから来ているのでしょう?

Wikipediaによれば、
天正14年(1586)、立花宗茂に攻められ
高鳥居城で討ち死にをした筑後の豪族、
星野鎮胤と星野鎮元の兄弟を祀る吉塚地蔵尊にちなんでいるそう。

この近代的な都市の風景からは
戦国時代を想像することはできないかもしれません。
でも、地名は歴史の記憶を残しています。
だから、わたしは地図を眺めるのが大好きですし、
どこかへ出かけると、
地名の意味を考えてしまうのです。



posted by 理乃 at 21:53| Comment(2) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

音楽喫茶「シャコンヌ」

わたしの青春のころは名曲喫茶、ジャズ喫茶、
ロック喫茶なるものがありました。
ジャズやクラシック、ロックを聴くための喫茶です。
立派なオーディオ装置があって、
客はレコードをリクエストします。
客はおしゃべりなどしません。
ひたすら神妙な面持ちで音楽に聞き入っていますw。
もち、わたしはロックファンなのでロック喫茶に行ってましたが、
名曲喫茶はお勉強や読書の空間として利用してました。
とあるロック喫茶(福岡じゃないよ〜)は、
扉を開けると、とにかく真っ暗。
床の明かりを頼りに自分の場所を確保します。
そこは入ると床も天井も毛足の長いじゅうたんに覆われていました。
椅子もテーブルもなく、
じゅうたんの上にじかに腰を下ろします。
10代のわたしは、まるで胎内みたいな空間で
プログレなどを聞いていたものです。

そんなことはどうでもいいのですが、
前回のアジア美術トリエンナーレに行ったとき、
いくつかの駐車場が満杯で、
綱場町にとめたのですが、
車をおりると目の前に「シャコンヌ」が…。
博多の往年のクラシックファンだったら知っている音楽喫茶です。
「わー、まだあったんだ!」とわたし。
昭和32年の創業です。
そのころはさすがに知りませんよ〜。
でも近くに職場があって、
かつて何度が行ったことがあるのです。

でも、今は昔のような音楽喫茶ではなくなっているらしい…。
(中には入ってません)

シャコンヌ_1.jpg


この写真を見て、懐かしい!って思う人もいますよね…。

■シャコンヌ
福岡市博多区綱場町9−7

ラベル:音楽喫茶
posted by 理乃 at 22:26| Comment(3) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

午前1時半の南福岡駅

金曜の深夜、
疲れて眠っていたら電話で起こされました。
家族から電車に乗り遅れて、
南福岡駅に着く最終で帰るから迎えに来てとのこと。

寝静まった住宅街はすれ違う車もなく・・・、
旧3号線に出ると少しは車が走ってました。
深夜だな〜。

雑餉隈に着くと、西鉄は終電が去ったあとで工事が始まってました。
最終が通りすぎると、
整備の仕事を始める人たちがいるのですね。
深夜のお仕事お疲れさまです。

JR南福岡駅前に来ると、
むむむぅ、都会でした・・・!
タクシーがいっぱいです。
次々に駅の構内に入っていきます。
そして駅にはタクシーを待つ人の列が・・・。
久しぶりに最終電車が着いた駅というものを見ました。

明日は下弦の月。
今晩の月もきれいでした。
おやすみなさ〜い眠い(睡眠)
posted by 理乃 at 02:32| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

乗ってみたいな屋形船

仕事を終え、帰る途中の川沿いで
屋形船を見ました。

博多にも屋形船ってあるんですよ。
ほら。
福博であい橋のたもとに。

yakatabune1.jpg

残念ながら、わたしはまだ屋形船に乗る機会がありません。

yakatabune2.jpg

今、まさに出航しようとしています。
バックで出て…。

yakatabune3.jpg

方向を切り替え…。

yakatabune4.jpg

福博であい橋をくぐろうとしています…。

博多中洲はかた船
ご予約は
TEL:092−734−0228
だそうです。


yakatabune5.jpg

提灯に灯が灯り、
情緒がありますね。

yakatabune7.jpg

yakatabune6_1.jpg

夏の夜の船遊び…。
いいなあ…。
と、一人見送るわたしでした。



ラベル:屋形船
posted by 理乃 at 13:22| Comment(2) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

屋台の駐車場

今朝は須崎町のギャラリーで
ボブ・ディランの歌を練習する
馴染みのアーティストの動画を撮ったあと
止めておいた車の駐車場の前を見ると…

あら、
屋台の駐車場がありました。

yatai1.jpg

夜なると、ここからご出勤するのですね…。

yatai2_4.jpg

博多らしい駐車場です。
posted by 理乃 at 00:12| Comment(4) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

山笠情報おまけ

期間中アップできなかった山笠情報を
遅ればせながら、
ここで掲載します。

7月15日早朝、追い山の前に見た
3番山笠:中洲流の飾り山です。

nakasunagare2.jpg

表:「奇襲桶狭間決戦(きしゅうおけはざのけっせん)」

nakasunagare3.jpg

織田信長

nakasunagare1.jpg

見送り:「瀬戸内騒動鎮旅(せとうちそうどうしずめのたび)」

以下は追い山が終わったあとに見た
櫛田神社の飾り山です。

kushidajinjya1.jpg
見送り:「竺紫乃日向乃譚(つくしのひむかのたん)」

kushidajinjya2.jpg

kushidajinjya3.jpg

posted by 理乃 at 11:53| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

追い山レポート

福岡にいながら追い山を見たことのなかったわたし。
ついに見に行くことができましたので、
その体験をレポートします。

oiyama5.jpg

西鉄の臨時列車(1本のみ)に乗るために、
朝、夜? 2時過ぎに起床。
3時38分の列車に乗り込みます。
座ることはできませんが、
ラッシュ時ほど混んでいるわけではなく、
普通の状態。
列車は4時に天神に到着。
降車した人々がぞろぞろ博多方向に歩き出すので、
紛れていきます。
まだあたりは暗いです。

櫛田神社前の「山留め」(スタート位置)に
一〜八番まで、各流れが待機しています。

oiyama6.jpg
八番山笠 上川端通り

oiyama7.jpg
五番山笠 千代流れ

oiyama8.jpg
六番山笠 恵比寿流れ

スタート時間が近づき、
三分前、一分前、三十秒前というアナウンスが聞こえると
あたりには緊張が漂います。

人が多く、櫛田神社には近づくことができません。
離れた位置で、
スタートしてダッシュする様子を眺めます。
一番山笠は大黒流れ。
太鼓の合図で4時59分にスタート!
歯をくいしばり「ヤーッ」と、山を舁きだす男たち。
舁き山は1トン(※八番山笠は2トン)もあるのです。
「オイサー、オイサー」という掛け声が響きます。

八番山笠・上川端通りまで5分おきに
櫛田入りをします。

櫛田入りをすませると、
各舁き山は須崎町の廻り止めまでの全コース約5キロを
タイムを競って疾走します。

場所を変えて、細い道を疾走してくる舁き山を見ることにしました。
通りで待っていると舁き山がやってきます。
沿道からは勢い水を浴びせます。
レインコートを着て見ている人もいました。

oiyama3.jpg

舁き山は5分ごとにスタートするので、
次々に見られるわけではありません。
見えそうな位置を確保して見ても、
舁き山は一瞬のうちに通り過ぎてしまいます。
それで1つ舁き山を見ると、次は違う位置で見ようと
移動していきます。

次のポジションは大博通り。
ここはいいです。広くてゆっくり見られます。
90度のコーナーを曲がっていくので
見ごたえあります。

oiyama10.jpg
ビルの屋上を見上げるとカメラがありました。

oiyama9.jpg
三番山笠 中洲流れ

oiyama12.jpg
五番山笠 千代流れ
手をVの字にしているのはVではなく、
舁き手を二人交代してという意味らしいです。
舁き手は疾走する中で次々に交代していくのです。

oiyama13.jpg
七番山笠 土居流れ

山を舁く男たちは男たちは汗と勢い水でびしょびしょ。
必死の形相です。
この必死さが沿道の観客に感動を与えます。
2週間の祭りの最終日。
疲れも絶頂に達している中で、
ひたすらゴール目がけて走り抜けていきます。
そんな疾走感が観客にはたまらないものなのでしょう。

八つの舁き山のうちの一つ、上川端通りだけは
飾り山を舁き山としても使います。
昔は舁き山も飾り山の大きさがあったのですが、
明治になって電線が邪魔をして舁き山は小型化しました。
だから八番山笠だけはコースも異なります。
八番山笠が走ると、その迫力はすさまじいものがあります。
なんと煙も吐くのです!
沿道の声援は一層高まります。
舁き山は大きな山のよう。
それがゆっさゆっさと揺れながら走っていきます。
すごい!感動!

タイムは櫛田入り、全コース共に
千代流れが最速だったとのことです。

oiyama14.jpg

最後に櫛田神社を訪れてみると
能舞台で「鎮めの能」が舞われていました。
祭りの荒ぶる神は最後に鎮めるのです。

oiyama16.jpg

oiyama17.jpg
これは櫛田入りした舁き山が一周した清道旗

oiyama15.jpg
誰もいなくなった桟敷席

翌日の本日、博多の町を訪れると、
あの締め込み姿の男たちはどこへやら、
ゴミ一つなく跡形もなく、
何事もなかったように都会の町に戻っていました。
祭りと日常がしっかり区切られているのです。
その潔さがいいじゃん!と思ったのでした。
ラベル:山笠
posted by 理乃 at 22:30| Comment(4) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

五番山笠千代流れ 飾り山

五番山笠千代流れの飾り山です。

表:益荒男振り(ますらおぶり)

tiyo7.jpg

tiyonagare5.jpg

tiyo8.jpg

この虎の造形はよくできています。

tiyo11.jpg

すごいのでアップ。
どうです! この迫力!
すばらしい遠近感!

tiyo9.jpg

槍を持っているのは林太郎ェ門直利

tiyo10.jpg

黒田三左ェ門一成(しげ)


見送り:源氏千年紀

tiyo1.jpg

tiyonagare6.jpg

tiyo3.jpg

光源氏です。

tiyo5.jpg

かわいい若紫です。
奥の家は中まで作られています。

tiyo4.jpg

舞楽の蘭稜王です。
この方、本当にそこで踊っているみたい。

tiyo6.JPG

六条御息所です。

こんなによく作られている飾り山が2週間しか飾られていないなんて、
もったいないですよね。
潔いというべきなのかな。
人形師さんたち、
毎年楽しませてくれて本当にありがとう!


---PR----------------------------------------
かわいい使いやすそうなティーポット


ラベル:飾り山
posted by 理乃 at 13:04| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多祇園山笠 千代流れの舁き山

今年初めて舁き山を見ました。
千代流れです。
これが実際にかつぐ舁き山です。

tiyonagare3.jpg

周りには締め込み姿の男衆が…。
祭りの本場に来たという感じが伝わります。

tiyonagare4.jpg

tiyonagare2.jpg

tiyonagare1.jpg


---PR----------------------------------------
かわいいシンプルでいいな。ホワイトのキッチンストッカー。

ラベル:山笠
posted by 理乃 at 12:18| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

博多区西春町の桜並木

東京よりも桜の開花が遅れているような福岡。
でも日当たりのよい場所では開花している樹もあります。

博多区の西春町の桜並木はまだまだですが、
中にはけっこう咲いている樹がありました。

nisiharu1.jpg

これは3月26日に撮影したもの。
きれいです。

nisiharu2.jpg

nisiharu3.jpg

nisiharu4.jpg
(※クリックすると大きくなります)

桜の季節になると、
桜前線を追って、桜を見て回りたくなります。
ラベル:
posted by 理乃 at 02:18| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

西春町の桜並木の紅葉

山深い里の紅葉、
ほんとはそんな紅葉を見に行きたいところですが、
現実はなかなか…。
でも身近なところでも紅葉は楽しめます。

このブログで今年の4月6日にご紹介した
博多区西春町の桜並木(福岡早良大野線沿い・約160本)が
紅葉していました。

nishiharukoyo.jpg

紅葉のトンネル。
両側は車が行きかう道路ですが、
この桜の地帯はひっそりと感じます。
ここどこって感じでしょ?

nishiharukoyo2.jpg
これは足元の枯葉。
複雑な色調がすてき。

枯葉って街中だと、さっさと掃除されてしまうんだけど、
こういうふうに降り積もっているところが好きです。
そして風に吹かれて道路に舞う姿も。

1週間、風邪で調子悪かったのですが、
ようやく治ってきました。
さあ、秋を満喫…ってわけにもいかないか…。
今日は里山ならず、街中の人混みの中へ行かねば…。ふう。
ラベル:紅葉
posted by 理乃 at 10:59| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

「赤手拭」

博多座の裏側にある「赤手拭」。
実はかつて、このあたりにお勤めしていたころ、
よくお昼を食べにきていたのです。
そのころはまだ博多座なんてありませんでした…。

急に思い出して、
そういえばあったなあって。
でもまだあるかどうか不安な面持ちで出掛けたところ、
ありました!

akatenugui1.jpg
博多座の右手の道を裏側へと進みます。
するとこんなアート作品があるので、
この角を右に曲がります。するとすぐ右手にあり。

akatenugui2.jpg

変わってないじゃん!

うれしいです。

あ、グルメと言われるとちょっと違うかも…。
フツーのご飯をフツーに食べたい人向き。
そんなフツーってけっこう大事だと思ってます。

お昼もずいぶんまわったころ、
入りました。
カウンターに座ったところ、
何も聞かずにどんとトレーが置かれました。

ああ、変わってない…。
このトレーも昔のまま…。
う、うれしい。

おばちゃんもおじちゃんも変わってない。
時はずいぶん流れたはずだけど…。

赤手拭のお昼のメニューは定食オンリーなのです。

akatenugui3.jpg

この日のトレーには煮魚、菜っ葉の煮物、ミニオムレツ、
おでんのような煮物、黄色いたくあんがのってました。
これにごはんとお味噌汁がつきます。
ごはんは何も言わなくても、
人を見て判断するらしく、
わたしのはとても軽め。
周りの男性たちのを見るとたっぷりと山盛りです。

気取らないフツーのごはんです。
だからおしゃれなランチとかを食べたい方は避けてくださいね。
でも博チョン族とか、
食生活が乱れている学生さんとか、
栄養足りてないOLさんとかにはおすすめ。
こんなお店があるんですー。

驚くなかれ定食400円です。
これも昔と変わってないよ。
いいの〜?と心配になっちゃう。
だから節約したい人にももってこいです。

個室とお座敷席もあります。

ところで赤手拭のある下川端は山笠の大黒流れを担う地域。
「てぬぐい」のことを博多では「てのごい」と呼びます。
手拭はさまざまな種類があって、
山笠にかかわる人たちの役職に応じて異なります。
最初は白手拭から始まり、次に昇格するのが赤手拭なのです。
手拭のことをお勉強しておくと、
来年の山笠で、
ああこの方はこういう役をしているのだと分かるでしょう。

■「赤手拭 」
福岡市博多区下川端町1-337
TEL:092-281-5116

---PR------------------------
かわいい旅のおともは軽くで丈夫なドイツの逸品「リモワ」!
洗練されたデザインがすてきです。
 ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ftabizakka%2Fc%2F0000000173%2F
posted by 理乃 at 14:40| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

「リンゴの唄」のふわふわパン

雑餉隈に「リンゴの唄」という知的障がい者のための授産施設があります。
三筑小学校の近くでちょっと分かりづらいところですが、
行ってしまえば静かな環境です。

ここでは高齢者用の宅配弁当とパンを作っています。
宅配弁当はとってもリーズナブル、健康にもよいときてます。
そしてまたここのパンが美味しいんです。
技巧を凝らしたパンとかでなく、
素朴なんですけど、
なんか優しくてあったか…。

パン生地がふわふわ〜っとしていて、
食べてるこちらもふわふわ〜ってなるみたいなパン。

ringo1.jpg
これはアップルン。100円。
中にリンゴの砂糖煮が入ってます。

ringo2.jpg
これは名前は忘れたのですが、チーズが入っているパンです。

うわさによるとマフィンも美味しいらしいのですが、
それはまだいただいてません。
またの機会に。

工房の一角はカフェになっていてイートインできます。


■福岡市博多区三筑2-9-3
TEL:092-581-2100
◎アクセス:西鉄大牟田線の方からいくとすると、三筑小学校を右手に線路を渡ります。ローソンの角を右折。三筑小学校をコの字型に回りこむように進みます。突き当たりを左折。その先すぐに右折したところ。
posted by 理乃 at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする