2020年11月27日

2020.11.24ゆふいん・耶馬渓散策A亀の井別荘 鍵屋

お土産は亀の井別荘の雑貨店「鍵屋」の巳次郎柿 (みじろうがき)。

20201124_141312 - コピー.jpg

巳次郎柿は、亀の井別荘初代主人、中谷巳次郎が
柿好きだったことから作られたオリジナル和菓子。
秋冬のみの限定販売。

20201124_150726 - コピー.jpg

白餡を干柿で包んだお菓子です。
さて、鍵屋を出て休憩スペースに行くと、
見慣れたアートが目に入りました。

20201124_142136 - コピー.jpg

あれっ! 牛島智子さんじゃないですか!

20201124_142149 - コピー.jpg

場所の雰囲気にぴったりの色合いでした。
思わぬところで知り合いの作品に出会うとうれしいです💕
posted by 理乃 at 21:29| 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

【2020.11.24 ゆふいん・耶馬渓散策@由布岳と金鱗湖】

由布岳は「万葉集」にも木綿山(ゆふやま)として詠われています。

20201124_132655 - コピー.jpg

万葉の時代も現代も美しい山容は人々の心をとらえます。
金鱗湖は明治の儒学者・毛利空桑が、
湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見てと名付けたといわれています。

20201124_135844 - コピー.jpg

湖に温泉が流れ込み、水温が高いため、
冬の早朝には湖面から湯気が立ち上る幻想的な光景を見ることができます。
*由布市HP参照
posted by 理乃 at 23:15| 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスG裏耶馬渓・後藤又兵衛の墓

耶馬渓の旅、やっとラストです。
深耶馬渓の一目八景を見たあと、
裏耶馬溪まで足を延ばすことにしました。
メイプルファームロード耶馬を通ると、
七福神が並んでいるような七福岩がありました。
そして深耶馬渓トンネルへ入っていきます。
ここからは行き交う車はほとんどありません。
途中災害の跡も生々しいところもありました。
合格祈岩、猿の飛岩を過ぎると集落がありました。

20191117_165128 - コピー.jpg

背後に奇岩がそそり立つ集落です。
とある看板が目に飛び込んできました。

20191117_164416 - コピー.jpg

後藤又兵衛の墓?
え? なぜここに? と思ったので寄ってみました。

20191117_164438 - コピー.jpg

話せば長いことらしい・・・。
気になる方のためにかいつまんでご紹介。
後藤又兵衛は父の死後、黒田勘兵衛の父に引き取られました。
秀吉の九州征伐の際には黒田官兵衛について南下し、
功績を上げました。
黒田官兵衛、長政父子が博多へ入ると
黒田24勇士の猛将として大隈城主となるものの、
黒田親子と上手くいかなくなり浪人となります。
大阪の陣では秀頼側について戦功がありましたが
討ち死にしたと伝えられています。
しかし大坂の陣の敗戦後、
ゆかりのあったこの地へ落ちのび、
豊臣家再興を期していましたが、
豊臣家廃嫡を知り自刃したという説があるのです。
時が過ぎて自刃した武士が後藤又兵衛であったことを知った村人たちが
この墓を建てたということです。

20191117_164448 - コピー.jpg

いっぱい食べて、いっぱい見て、
歴史に触れた耶馬渓の旅はとても楽しいものでした!

posted by 理乃 at 17:29| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスF深耶馬渓

耶馬渓の旅、やっと耶馬渓の紹介です。
日田から山国町を抜け、耶馬渓ダムを通り、
深耶馬渓に入り、お目当ての一目八景を目指すと、
やはりものすごい渋滞でした。
一目八景を通り過ぎると、ちょうど一台出て行く車があり、
ほとんど待つことなく駐車できました。

received_439305530109771 - コピー.jpeg

うつくし谷の奇観と紅葉を見つつ一目八景へ。
素晴らしい眺望!

20191117_150752 - コピー - コピー.jpg

切り立った岩山を覆う紅葉。
360度、山に囲まれた特異な地。
道の両脇には蕎麦屋や名物蕎麦饅頭を売るお店などが軒を並べていました。

received_569120637256988 - コピー.jpeg

鮎の塩焼きもいただきました。

20191117_153423 - コピー.jpg

川沿いの遊歩道も風情たっぷり。

20191117_155828 - コピー - コピー.jpg

紅葉の時期の耶馬渓、やはり素晴しいの一言でした。
posted by 理乃 at 17:01| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスEこだわり大分・赤司日田羊羹本舗

豆田町の最後は大分のこだわりの逸品を扱っている
「こだわり大分」と「赤司日田羊羹本舗」。
柚子好きのクリスは「こだわり大分」で柚子胡椒としいたけスープを買っていました。

20191117_130110 - コピー.jpg

わたしは羊羹好きの母のために
「赤司日田羊羹本舗」で季節限定の柚子羊羹を。

20191117_130751 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 00:38| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスDクンチョウ酒造

古い町には蔵元があります。

20191117_125349 - コピー.jpg

日田豆田町といえばここ。
この建物がとてもいい。

20191117_123919 - コピー.jpg

二階も見学しました。

received_1381121528716237 - コピー.jpeg
posted by 理乃 at 11:27| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスC天然酵母パン工房&カフェKOGURA

クンチョウ酒造がやっている天然パン工房KOGURAはハイセンスなパン屋さん。

20191117_125253 - コピー.jpg

もちもちした食感の天然酵母パンや
大吟醸の酒粕を贅沢に練りこんだアンパンなどが人気です。
カフェもとってもおしゃれでランチもあります。
セレクトされた雑貨も必見!
posted by 理乃 at 15:06| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスB麦屋カフェ

魚(いお)町のオススメは「麦屋カフェ」。

20191117_120335 - コピー.jpg

古い町屋をリノベーションしたカフェは大人気!
さっぱりとした後味の梨ソフト、
そして柚子胡椒味のソフト。
日田名物を使ったスイーツはたまらなく美味しいです!

20191117_121005 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 13:38| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスA珈琲談義所嶋屋

早めのランチは長屋から右折した魚(いお)町の
「珈琲談義所嶋屋」のだんご汁をいただきました。
「嶋屋」は日田を語る上で避けて通れません。
築160年の商家で営まれた喫茶店で店主の石丸邦夫さん(前市観光協会長)は
農協勤めの後「脱サラ」し、
1982年に先祖の屋号を取って嶋屋を開き町並み保存に取り組みました。

received_439206100308829 - コピー.jpeg

84年には「天領日田おひなまつり」を始め、
年間50万人の観光客が訪れる町に育てました。
石丸さんが亡くなり休業していたのが惜しまれ、
石丸さんの思いを継いだ人々によって昨年、再開されました。
歴史ある建物で、志ある人々の思いが詰まった嶋屋でいただくだんご汁は
やさしい味で、とりわけだんごがふっくらやわらかく最高でした。

received_551498088981620 - コピー.jpeg

*写真はクリスから。
posted by 理乃 at 10:42| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたび @ 木茂麗日工房・相澤漆芸工房・東光堂 avec クリス

昨年クリスが来福したときはルーツ探しが忙しく、
ほとんど観光できなかったので、今回は日田豆田町と耶馬渓に行ってきました。
お天気に恵まれ絶好の観光日和。
豆田町に車をとめ、観光が始まりました。

20191117_113011 - コピー.jpg

まずは嘉永〜天保年間に建てられた建物に入っているお店から。

20191117_131942 - コピー.jpg

お馴染みの下駄屋、そして日本ならではの漆の店。

20191117_111619 - コピー.jpg

20191117_112440 - コピー.jpg

20191117_112259 - コピー.jpg

20191117_112408 - コピー.jpg

デザインがとてもかわいい土鈴の店、東光堂。

20191117_112611.jpg

20191117_112641 - コピー.jpg

20191117_132246 - コピー.jpg

豆田町はお店の数がとにかく多く、
じっくり見ていては終わりません。
美しい疎水が流れ、建物も大事に保存され、
これが天領の豊かさなのでしょうか。
ラベル:日田 豆田町
posted by 理乃 at 14:43| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

【2019.3.27 M氏倶楽部:豊後キリシタンツアー】

キリシタンという切り口での大分の旅です。

今回、戦国のお話で頻繁に登場する大友宗麟の館跡に初めて行き、
近年の発掘に驚きました。
館跡には「南蛮BVNGO交流館」があり、
宗麟の遺跡や功績についてPRしています。

20190327_120818 - コピー.jpg

20190327_120754 - コピー.jpg

庭園は来年の春あたりにオープンするということ。

続いて、驚愕の臼杵下藤のキリシタン墓地(野津町原)。

20190327_152636 - コピー.jpg

禁教令下にありながら破壊を免れた国内最大規模のキリシタン墓地なのです!
ルイス・フロイスの「日本史」を含むイエズス会の記録では、
あたりに数千人のキリシタンがいたとされます。
遺跡の発掘はつい最近のこと。

20190327_153213 - コピー.jpg
現在は埋め戻されています。

2011〜15年に墓壙(ぼこう)という棺おけを埋めるための穴と、
墓標とみられる長方形の石材が66基分ずつ完全な状態で見つかったのです!
墓地に到着して説明を受けていると、
なんと日向灘沖でマグニチュード5.4の地震が発生。
墓地も震度3の揺れに襲われました。

最後は同じ野津町の摩崖クルス。

20190327_162941 - コピー.jpg

岩に刻まれたクルスは大正から昭和の初期に地域の人達が
たまたま発見したもの。
それまではクルスは地面に伏せられていて
気づかれることはありませんでした。
キリシタンを黙認したとしか思えない墓地など、
さすがキリシタン大名大友宗麟のお膝元。
これだけのものが残されているとは
今回もM氏のいざないがなければ知るよしもない場所でした。

posted by 理乃 at 17:41| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

アフリカンサファリ

母が所属している月1回の地域の老人サロン。
毎回企画が素晴らしいのですが、今回はアフリカンサファリでした。
母の付き添いで参加してきました。
初めて行ったアフリカンサファリ。
わたしたちはジャングルバスではなく、
乗ってきた社協のバスで回りました。
タブレットを貸してくれるので、動物の種類や生態がよくわかります。
夏なので、動物たちは毛が抜けている途中。
野生の世界をちょっと疑似体験できました。
フォトサロンはライオンの赤ちゃんと記念撮影可。
赤ちゃんはおとなしくてキュートでした。

DSC06475 - コピー.JPG

DSC06525 - コピー.JPG

DSC06537 - コピー.JPG

DSC06518 - コピー.JPG

DSC06515 - コピー.JPG

DSC06507 - コピー.JPG

DSC06547 - コピー.JPG

DSC06492 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 17:25| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

豊前・宇佐・豊後高田のたびA昭和の町

さて、豊前市で食事して宇佐市に立ち寄ったあと目指したのが豊後高田市。
ここで転勤族だったわたしたち一家が暮らした犬田というところに行ってみるも、
住居がどこにあったのか皆目検討がつきませんでした。
わたしの記憶にはまだその村にテレビを置いている家庭が少く、
子どもたちが家にデレビを見にきていたことがうっすらと残っています。
犬田から町中に引っ越したというのが昭和の町。
そもそも昭和の町に住んでいたなんて今回初めて知りました。
ここも住んでいた家は結局分かりませんでした。

DSC02669 - コピー.JPG

DSC02673 - コピー.JPG


DSC02688 - コピー.JPG

DSC02685 - コピー.JPG


でも揚げパン屋さんで、父が本店から移ってきた支店の建物が残っているという情報を仕入れました。
これは大きな収穫でした。

DSC02674 - コピー.JPG

DSC02679 - コピー.JPG

DSC02675 - コピー.JPG

DSC02691 - コピー.JPG
かつての銀行

若き日、20代の父は福岡市を離れ、この地で奮闘し、胃潰瘍をこじらせ輸血をします。
そのことが原因でのちに肝炎となり、肝臓ガンで命を落としました。
銀行の建物は国の登録有形文化財に指定されているので解体されることはありま
せん。
家族の思い出をたどるたびは若き日の父の足跡を見せてくれました。

DSC02708 - コピー.JPG

DSC02709 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 23:10| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

2016.7.24臼杵のたびHartegio dining 別府湾SA店

臼杵のたびの、やっと最後です。
帰る途上で寄って、夜ごはんを食べた別府湾サービスエリアの「アルテジオ」。

DSC02255 - コピー.JPG

ここは別府湾の眺めが素晴らしいサービスエリア。

DSC02259 - コピー.JPG

16歳で思いがけなくも家族と離れたわたし。
家族が転勤して行った土地まで、
この風景を見ながら追いかけて帰省した時期が数年あったので
懐かしいのです。
すぐ下は立命館アジア太平洋大学。

DSC02260 - コピー.JPG

「アルテジオ」で飲んだシチリアのレモネードがおいしかったな。

DSC02270 - コピー.JPG

今回の臼杵のたびは全員で4人の大人の遠足。
わたしは乗っけてもらっただけだったので楽ちんでした。
運転、本当にお疲れさまでした。
夏のすてきな思い出になりました。
ありがとう。
posted by 理乃 at 21:46| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.7.24臼杵のたびG秘湯:六ケ迫温泉

秘湯というもの、なかなか女一人では行けないものです。
山あいにあるし、人が少ないし。
というわけで今回の臼杵の旅で秘湯に連れて行ってもらったのは、
わたしには収穫でした。
大好きなつげ義春の世界がそこにありました。
山の中の集落。 六ヶ迫温泉( ろっかさこおんせん )というネーミングにもそそられます。

DSC02250 - コピー.JPG

昔、傷ついた白鷺(しらさぎ)が この温泉で傷を治したという伝説が残っています。
今の時代、訪れる人は少ないでしょう。
湯治場という言葉がぴったりで、かなり鄙びています。

泉質は炭酸含有食塩泉。飲んでもいいということでトライしてみましたが、
これは無理。
九大の温検でも認められていて、
痛風、糖尿病、肝臓病、胆石、慢性の消化器病、皮膚病、血管硬化症などに効くらしいです。
ここの「しらさぎ荘」に行きました。

お湯は土色。
女湯は源泉を温めたお湯と、冷たいままの湯船が二つ並んでいます。

DSC02244 - コピー.JPG

サウナもあります。
暖かい方に入っていると、地味だけど、じわじわよい感じで疲れが抜けていくようでした。

隣には鉱泉場と薬師堂があり、鉱泉を持ち帰れます。

DSC02251 - コピー.JPG

秘湯好きにおすすめの温泉です。
posted by 理乃 at 17:46| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

2016.7.24臼杵のたびF風連鍾乳洞

夏のおすすめ鍾乳洞!
一年中15℃くらいの温度なので夏はとても涼しい。
風連鍾乳洞は大正15年に発見されました。
奥行500m、閉塞型で外気の侵入が少なく風化が進んでいないので、
日本一美しい鍾乳洞と謳っています。

DSC_1293 - コピー.JPG

DSC_1324 - コピー.JPG

DSC_1325 - コピー.JPG

DSC_1296 - コピー.JPG

入口からここにつながります。
ここは今封鎖され、別に大きな入口があります。

DSC_1299 - コピー.JPG

DSC_1312 - コピー (2).JPG

見事です。

DSC_1318 (1) - コピー.JPG

最後の一枚は閲覧注意!
入口にぶら下がっていたものたちです。
こんな集団を見たのは生まれて初めて!

DSC_1321 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 21:57| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

2016.7.24臼杵のたびE臼杵の町並み

初めての臼杵の町。
その町づくりはすてきなものでした。

DSC02227 - コピー.JPG

古い建物が保存されていて、
さらに新しい建物も景観を損なわぬよう配慮されています。
銀行もそうですが、スーパーまで賛同していて素晴らしい。

DSC02222 - コピー.JPG
マルショクです。

臼杵の町並みは1600年、慶長5年に
美濃から移封された稲葉貞通公によって作られていきました。
お城を中心に端の丁、西の丁、中の丁、本丁と道路を整備。
町八丁と呼ばれる商業地区をつくり繁栄しました。
明治に入ると醤油味噌製造が盛んになり、
富士屋は明治16年に創業。
裸一貫で始めた創業者、渡邉甚七は自ら杜氏となって
おいしい醤油味噌づくりに励み現在のフジジンへ成長。
隠居して名を甚兵衛と改め、今、その名を掲げたアンテナショップがあります。

DSC02230 - コピー.JPG
富士屋甚兵衛の量り売りの味噌。

近くにあるのがカニ醤油。屋号は鑰屋(かぎや)。
創業1600年(慶長5年)。

DSC02235 - コピー.JPG

DSC02236 - コピー.JPG

DSC02237 - コピー.JPG

ここで評判のみそソフトをいただきました。

DSC02239 - コピー.JPG

バニラに特製味噌ソース・味噌せんべいがトッピングされています。
ソースが塩キャラメルみたいだし、味噌せんべいがまた美味。

※フジジン、カニ醤油HP参照
posted by 理乃 at 12:50| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

2016.7.24臼杵のたびD恋する蓮料理〜うさ味

蓮畑で見事に咲いた蓮を見て、
ライアーのコンサート(これは別の機会でご紹介)を聞いて、
石仏を見たあと、
楽しみにしていた蓮料理をいただきました。
石仏観光センター2階にある「うさ味」にて。
8月25日まで期間限定メニューの蓮料理は至福の料理。
蓮の根、花、実、茎、葉すべてと
地元の旬の野菜を使った心づかいが満ち溢れた創作料理。
なんと毎年お料理に合わせ器から手作りしています。
マクロビを勉強した奥様と、
上品な臼杵焼きの陶芸家である旦那様がコラボする料理は
新鮮さと創意工夫とおもてなしの精神と、
とびっきりのセンスの良さに触れられる感動この上ないもの。
一皿一皿が文句なく美味しく、
本当にいただけて幸せでした。
アートな料理です。
蓮の茎をストローに使った始まりから、感動し続けました。
蓮の咲くころ、毎年食べに行きたいです。

IMG_20160803_0001 - コピー.jpg

DSC02205 - コピー.JPG
茎茶とくず豆腐の蓮根すり流し

DSC02208 - コピー.JPG
とうもろこしのポタージュ
オクラと海苔の枯らし和え

DSC02211 - コピー.JPG
揚げ物三種
 赤大根と胡瓜の串揚げ
 夏蓮根と三つ葉のかき揚げ
 白アスパラガスのかわり揚げ

DSC02210 - コピー.JPG
漁火うどん

DSC02212 - コピー.JPG
にがうりのシャーベット

DSC02213 - コピー.JPG
夏野菜のテリーヌ

DSC02217 - コピー.JPG
石灰鉱泉蒸し
 蒸し野菜
 雑穀しゅうまい
 蓮飯

DSC02215 - コピー.JPG
味味噌玉

DSC02220 - コピー.JPG
杏仁豆腐
花茶
posted by 理乃 at 13:32| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

2016.7.24臼杵のたびC臼杵石仏〜その他の石仏

臼杵石仏の他のものをご紹介します。

ホキ石仏第一群第二龕如来三尊像 - コピー.JPG

ホキ石仏第一群第二龕如来三尊像。
平安後期。眉と目とひげが墨で描かれています。


ホキ石仏第一軍第一龕如来三尊像 - コピー.JPG

ホキ石仏第一群第一龕如来三尊像。
中尊は釈迦如来。平安末期頃。

ホキ石仏第二群第一龕阿弥陀三尊像 - コピー.JPG

ホキ石仏第二群第一龕阿弥陀三尊像。
石仏群の中でも最も優れたものの一つ。平安後期頃。
中尊の阿弥陀如来は古園石仏の中尊の大日如来のように表情が毅然として美しい。

ホキ石仏第二群第二龕九品の弥陀像 - コピー.JPG

ホキ石仏第二群第二龕九品の弥陀像。
9体の阿弥陀如来像。平安末期頃。

山王山石仏 - コピー.JPG

山王山石仏。ほのぼの系。平安後期頃。
安井曽太郎が絶賛したそう。

DSC02161 - コピー.JPG

眼下の石仏公園の里山の風景が心地よい。
posted by 理乃 at 20:39| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

2016.7.24臼杵のたびB臼杵石仏〜古園石仏

臼杵石仏は凝灰岩の岩盤に彫られた60体余りの磨崖仏です。
平安時代後期から鎌倉時代にかけてのものらしいのですが、
詳しくは謎だそう。
まずはお馴染みの古園石仏から。

DSC02168 - コピー.JPG

真ん中の大日如来はいつのころか仏首が落ちて、
分離してずっと下に置かれていました。

DSC02166 - コピー.JPG

わたしが初めて石仏を見たときは高校生でしたが、
そのときは下でした。
今回一体となった姿を初めて拝見しましたが、
ふくよかで端正で本当にいい石仏です。

DSC02172 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 15:19| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする