2016年08月03日

2016.7.24臼杵のたびD恋する蓮料理〜うさ味

蓮畑で見事に咲いた蓮を見て、
ライアーのコンサート(これは別の機会でご紹介)を聞いて、
石仏を見たあと、
楽しみにしていた蓮料理をいただきました。
石仏観光センター2階にある「うさ味」にて。
8月25日まで期間限定メニューの蓮料理は至福の料理。
蓮の根、花、実、茎、葉すべてと
地元の旬の野菜を使った心づかいが満ち溢れた創作料理。
なんと毎年お料理に合わせ器から手作りしています。
マクロビを勉強した奥様と、
上品な臼杵焼きの陶芸家である旦那様がコラボする料理は
新鮮さと創意工夫とおもてなしの精神と、
とびっきりのセンスの良さに触れられる感動この上ないもの。
一皿一皿が文句なく美味しく、
本当にいただけて幸せでした。
アートな料理です。
蓮の茎をストローに使った始まりから、感動し続けました。
蓮の咲くころ、毎年食べに行きたいです。

IMG_20160803_0001 - コピー.jpg

DSC02205 - コピー.JPG
茎茶とくず豆腐の蓮根すり流し

DSC02208 - コピー.JPG
とうもろこしのポタージュ
オクラと海苔の枯らし和え

DSC02211 - コピー.JPG
揚げ物三種
 赤大根と胡瓜の串揚げ
 夏蓮根と三つ葉のかき揚げ
 白アスパラガスのかわり揚げ

DSC02210 - コピー.JPG
漁火うどん

DSC02212 - コピー.JPG
にがうりのシャーベット

DSC02213 - コピー.JPG
夏野菜のテリーヌ

DSC02217 - コピー.JPG
石灰鉱泉蒸し
 蒸し野菜
 雑穀しゅうまい
 蓮飯

DSC02215 - コピー.JPG
味味噌玉

DSC02220 - コピー.JPG
杏仁豆腐
花茶
posted by 理乃 at 13:32| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

2016.7.24臼杵のたびC臼杵石仏〜その他の石仏

臼杵石仏の他のものをご紹介します。

ホキ石仏第一群第二龕如来三尊像 - コピー.JPG

ホキ石仏第一群第二龕如来三尊像。
平安後期。眉と目とひげが墨で描かれています。


ホキ石仏第一軍第一龕如来三尊像 - コピー.JPG

ホキ石仏第一群第一龕如来三尊像。
中尊は釈迦如来。平安末期頃。

ホキ石仏第二群第一龕阿弥陀三尊像 - コピー.JPG

ホキ石仏第二群第一龕阿弥陀三尊像。
石仏群の中でも最も優れたものの一つ。平安後期頃。
中尊の阿弥陀如来は古園石仏の中尊の大日如来のように表情が毅然として美しい。

ホキ石仏第二群第二龕九品の弥陀像 - コピー.JPG

ホキ石仏第二群第二龕九品の弥陀像。
9体の阿弥陀如来像。平安末期頃。

山王山石仏 - コピー.JPG

山王山石仏。ほのぼの系。平安後期頃。
安井曽太郎が絶賛したそう。

DSC02161 - コピー.JPG

眼下の石仏公園の里山の風景が心地よい。
posted by 理乃 at 20:39| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

2016.7.24臼杵のたびB臼杵石仏〜古園石仏

臼杵石仏は凝灰岩の岩盤に彫られた60体余りの磨崖仏です。
平安時代後期から鎌倉時代にかけてのものらしいのですが、
詳しくは謎だそう。
まずはお馴染みの古園石仏から。

DSC02168 - コピー.JPG

真ん中の大日如来はいつのころか仏首が落ちて、
分離してずっと下に置かれていました。

DSC02166 - コピー.JPG

わたしが初めて石仏を見たときは高校生でしたが、
そのときは下でした。
今回一体となった姿を初めて拝見しましたが、
ふくよかで端正で本当にいい石仏です。

DSC02172 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 15:19| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

2016.7.24臼杵のたびA満月寺

臼杵の石仏から石仏公園を挟んだところにある「満月寺」。

DSC02150 - コピー.JPG

かつてここ深田には多くの寺があり、
それらを総じて「紫雲山満月寺」と呼んだということ。

ここには面白い仁王像があります。

DSC02142 - コピー.JPG

膝から下が地中に埋もれています。

DSC02145 - コピー.JPG

昔は仁王像の鼻を削って飲むと病気が回復するといわれていたため、
鼻が欠けています。
鎌倉時代後期から室町時代前期の間に作られたものと推定されています。
楕円形の目をしているのでウルトラマンみたい。

満月寺を創建し、石仏を彫ったとされるのは蓮城法師。
石仏を彫らせたと言われるのは真名野(まなの)長者です。

面白い形の木がありました。

DSC02147 - コピー.JPG

DSC02148 - コピー.JPG

※ウィキペディア参照
posted by 理乃 at 18:00| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

2016.7.24臼杵のたび@蓮畑

7月24日、友だちに誘われて臼杵のたびに出かけました。
素晴らしかったたびの始まりは、石仏の前に広がる蓮畑。

DSC02127 - コピー.JPG

正に見ごろ。大きな蓮の花が見事に咲き誇っていました。
高い位置には石仏。

DSC02128 - コピー.JPG

あたりは緑の田園。
桃源郷があるとしたら、こんなところかもしれない。

DSC02131 - コピー.JPG

美しい蓮の花と仏さまと穏やかな田園。
夏の花、蓮をご覧ください。

DSC02130 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 12:40| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

湯布院ヴァカンス その11 『焼肉さめじま』

C'est un restaurant de grillades à Yufuin.
C'est très délicieux!

ああ、とっても長引いてしまった湯布院情報も
これがラストです。

最後はとびっきり美味しい焼肉屋さんです。
1階が精肉店で2階が焼肉屋さんになってます。
由布院駅の近くです。
市場にはほとんど出回ることがないという
仔牛を出産する前の雌和牛を、店でさばいて売っています。
雄に比べるとデリケートな味。

写真は稀少部位の3点盛。
マジ、美味しいです。
美味しいとこ、ちょっとでいいって食べ方したいならおすすめです!

湯布院お肉1_1_1.jpg

「わあ、食べたい! でも湯布院まで行かなきゃいけないのよね」って思うでしょ。
それがね、いい情報を入手しました。
6月、福岡市平尾にもお店ができるみたいんなんです。

湯布院お肉3_1.jpg

◆焼肉さめじま
Tel:0977-84-4129
posted by 理乃 at 20:23| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

湯布院ヴァカンス その10 塚原高原の『四季庵』

C'est un restaurant japonais à Yufuin .
Le bâtiment est d'une architecture traditionnelle japonaise.

湯布院、塚原高原情報のラストです。

『四季庵』の建物は白川郷から移されたもの。
堂々とした日本の伝統建築を
塚原高原で見ることができるんです。
『四季庵』はお食事処。
でも中を見せてもらえました。

四季庵7_1_1.jpg

四季庵6_6_1.jpg

四季庵1_1.jpg

1階の広い大広間。

2階への階段も広い。

四季庵2_1.jpg

四季庵3_1_1.jpg

2階には民具が展示されていました。

四季庵5_1.jpg

四季庵4_1.jpg


posted by 理乃 at 22:25| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

湯布院ヴァカンス その9 塚原高原の『レ・ヴィラージュ』

今日も湯布院、塚原高原の情報です。

前回のオニパンカフェから、さらにさらに奥まったところに車を走らせます。
何にもない起伏のある大地がニューカレドニアっぽい。
ニューカレドニアの大地を一人運転していたときの情景がよみがえります。

静かな高原の中に現れたのはみるく村『レ・ヴィラージュ』。

レ・ヴィラージュ5_1.jpg

少し向こうには牛舎がありました。

レ・ヴィラージュ3_1.jpg

この整然と植林された山の様子は
未開拓なニューカレドニアとは違いますけど…。

レ・ヴィラージュ4_1.jpg

レ・ヴィラージュ1_1.jpg

このログハウスではフレンチがいただけます。
しぼりたての牛乳で作るアイスクリームもあります。

レ・ヴィラージュ2_1.jpg

2段重ねの一番下はバニラと決まっていて、上は選べます。






posted by 理乃 at 17:44| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

湯布院ヴァカンス その8 『オニパンカフェ』

C'est une boulangerie de Yufuin, Oita préfecture.

湯布院ヴァカンスのその1でご紹介した『忘路軒』さん(http://elsa-blog.seesaa.net/article/361026937.html)のもうちょっと先にあるのが
天然酵母パンの『オニパンカフェ』。
カフェもあります。


森の中の小さなパン屋さん。

onipaincafe1_1_1.jpg

onipaincafe2_1.jpg

おとぎの国に来たみたいな風景。

onipaincafe3_1.jpg

外のテーブルで買ったばかりのパンを食べました。
木漏れ日が差すテーブルで…。

onipaincafe4_1.jpg

onipaincafe5_1.jpg

塚原高原がどんどん好きになっていきますハートたち(複数ハート)
posted by 理乃 at 20:26| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

湯布院ヴァカンス その7 辻馬車に揺られて♫

Je suis monté dans une voiture à cheval, Yufuin.

湯布院の町で目にしたことがある辻馬車。
いつか乗ってみたいと思ってました。
その願いを前回、かなえちゃったんです。
楽しかったな。

出発は由布院駅。

辻馬車1_1.jpg

この日は快晴!
由布岳がきれいに見える。

辻馬車4_1.jpg

辻馬車って乗り心地いいんです。
馬ってなんて力持ちなの。
1トンの重さを引っ張って行きます。
しかも走ったりするんです。
一度行った道は忘れないそうです。
すごい!



パッカパッカって音がいいです。

さあ、辻馬車コースですが50分で1500円です。
途中、仏山寺と宇奈岐日女神社で休憩します。

辻馬車7_1.jpg

辻馬車11_1.jpg

宇奈岐日女神社では切られたご神木が大事にされています。

辻馬車10_1.jpg

神社の木はニューカレドニアの木みたいに巨木。

途中、観光自動車スカーボロともすれ違いました。

辻馬車5_1.jpg

辻馬車、一度は乗車をおすすめします。
駅前通りみたいな一般道路を馬車が走っていくというのが湯布院の辻馬車の魅力。
posted by 理乃 at 20:57| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

湯布院ヴァカンス その6 金鱗湖湖畔のカフェ『カフェ・ラ・リューシュ』

C'est un café de Yufuin.
La soupe vert est la soupe de cresson.

湯布院プティヴァカンス その6は金鱗湖の湖畔のカフェ『カフェ・ラ・リューシュ』 です。

湯の坪街道を散策して歩き疲れたわたしとYちゃん。
金鱗湖まで行き、喉が渇いたので飲み物を飲むつもりが
金鱗湖が見える絶好のロケーションのテラス席が取れたので
軽い昼食も取ることにしました。

金鱗湖1_1.jpg

向こうの山の陰影がすてき。

金鱗湖2_1.jpg

緑しか目に入らないってすてき!

金鱗湖4_1.jpg

カボス入りのドリンクで喉を潤します。

金鱗湖3_1.jpg

カリカリしたパン。
そして湯布院のチーズ!
アップル・ジャムもフレッシュで美味しかった。

金鱗湖5_1_1.jpg

これ何のポタージュだ?

クレソンのポタージュなんです。
後ろの容器にたっぷり入っていておかわりできます。
posted by 理乃 at 20:59| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

湯布院ヴァカンス その5 『庄内原神楽座』

C'est Kagura.
Kagura est un art du spectacle traditionnel du Japon ancien.

さて、湯布院ヴァカンスの続きです。
わたしはとっても神楽好き。
機会があれば見ます!
そして湯布院で見る機会があったのです。
初めて見る庄内原の神楽。
それはとても動きのあるものでした。
まるでスポーツのような動き。
そして太鼓が格別。
若い人が一心不乱に叩いていたのです。
太古の時代、神楽に興じた人々は、こんなふうにハイになっていたのだろうなと思わせる叩き方。
この神楽座自体の歴史は古くないようですが、
若い人たちがメンバーにいることがとてもいいと思います。
がんばって。そしてまた見せて。

では湯布院の熱い神楽をどうぞ。



http://tamayurayurara.sakura.ne.jp/d-syonaibaru.html
posted by 理乃 at 14:16| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

湯布院ヴァカンス その4 『庄屋の湯』

Yufuin est une station climatique.
Il ya beaucoup de l'eau thermales.
Cette l'eau thermales est bleu.
C'est la couleur de la nature.
J'adore cette l’eau thermales,《Syoya no yu》.

今回の湯布院旅行で行きたかったところのひとつ。
それがブルーの温泉『庄屋の館』。

湯けむりが見えてきました。
わたしは湯けむりが大好き。
温泉に来たという感じがして、わくわくします。

庄屋の館1_1_1.jpg

宿泊予定の山荘に向かうまで
ここでまったりブルーのお湯に浸かる予定です。

わあー!
ほんとうにブルーだ〜!!!

庄屋の館2_1_1.jpg
posted by 理乃 at 14:37| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

湯布院ヴァカンス その3 塚原高原『匙屋』

C'est des ouvrages de studio de Yufuin.
Ils sont couverts en bambou.

今日は湯布院、塚原高原の『匙屋』をご紹介します。

匙屋1_1.jpg

すてきなデザインの木製、竹製のカトラリー。
そのデザインが大好きです。

匙屋4_1.jpg

なんてかわいいかたち。

匙屋7_1.jpg

左利き用と右利き用があるスプーン。
これでカレー食べてみたい…。

Yちゃんはこれをお買い上げ。

匙屋9_1.jpg

スプーンであり、フォークてありってやつ。いいね。

わたしはこの左の。

匙屋3_1.jpg

魚のかたちなの。1本250円。
これで早くおいしい和菓子が食べたい~。

20130511花_1.jpg

湯布院で見かけた花。


◆匙屋(さじや)
湯布院町塚原4-84
Tel:0977-84-5153
posted by 理乃 at 21:08| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

湯布院ヴァカンス その2 塚原高原の味覚

湯布院から帰ってきても
湯布院の味を楽しんでいます。

ヨメナ カブ コゴミ_1.jpg

スナップえんどう_1.jpg

『忘路軒』の帰り際、
奥様から採れたてのカブと小松菜をいただきました。
このカブはただスライスしていただいたのですが、
なんと美味!
スナップエンドウは別のお店で買ったのですが
とにかく甘い。
一番上の写真の真ん中に写っているのは、こごみ。
今回初めて塚原高原でこごみを摘みました。
今日はこごみの天ぷらを作ってみたけど
これが、ふんわりしていいのよね。

ヨメナごはん_1.jpg

これも塚原高原で摘んだヨメナ。
Yちゃんが教えてくれた。
ちょっとゆがいて、塩をして、ごはんに混ぜていただくのですが、
ああ、春の味〜。春の色〜。

さて、『忘路軒』さんはギャラリーもあります。
雑貨も販売。
上のお茶碗は『忘路軒』さんのもの。

チェコビーズのネックレス_1.jpg

このチェコビーズの手作りネックレスは、
わたしが持っている服にぴったりだったから購入。

ユーズドも置いてあって、
このシックでゴージャスなイヤリングがなんと800円でした。

黒い薔薇_1_1.jpg
posted by 理乃 at 21:28| Comment(2) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

湯布院ヴァカンス その1 塚原高原『忘路軒』


J'ai fait un petit voyage avec une amie à moi à Yufuin.
Nous sommes allés au plateau,
Et nous avons mangé au restaurant dans un plateau ,
C'est un repas avec beaucoup de nature et coeur.

5月11日と12日の湯布院プティヴァカンスでは
またいろんなところに出かけました。
今回は湯布院の右上あたりにある塚原高原を訪れました。
観光客でごった返す町中から外れた塚原高原は
これぞ高原のリゾートという感じで大好きな場所になりました。

さて、湯布院インターを降りたわたしがちが目指したのは
塚原高原の『忘路軒』というギャラ―兼食事処です。
今回の旅は友だちのYちゃんと一緒です。
初めて行くく塚原高原、『忘路軒』jへの路が
分からなくて迷い迷い、探し探して行き着きました。

緑に埋もれた一軒家。
家の周りで収穫した野菜や山菜を使った創作料理を出しています。

忘路軒1_1_1.jpg

やったー。やっと到達!

緑に埋没したお部屋に通していただきました。

忘路軒2_1.jpg

感動の空間…。

忘路軒3_1.jpg

そして運ばれてきた前菜と行ったら…
すてき…

忘路軒4_1.jpg

リタイアした旦那さまが作られる野菜を奥様が一人でお料理。
野菜を愛し、料理を愛する心が伝わってくる…。
しみじみうれしい…。

忘路軒5_1.jpg

そのおもてなしの心が卵焼きのハートになってます。
普通に卵焼きを焼いて向きをちょっと変えるだけでハートになる…
ナイスなアイデア!

独創的なお料理だからサプライズがいっぱいでした。

忘路軒7_1.jpg

これはポテトのお団子にゆずがかかっています。

このほかにもスープや里芋団子のあんかけもありました。

メーンは2つ。

スモークサーモンとお肉。

忘路軒8_1.jpg

忘路軒9_1.jpg

ワインを使ったソースが甘くて美味しい…。

デザートにもサプライズが…。

忘路軒10_1.jpg

コーヒーをお抹茶茶碗で出すアイデアもいいな…。
この黒ゴマ団子の中に何が入っていたと思います?
黄色いものです。
なんとバナナなんですよ~。

こんなにいろいろあって二人だけのお部屋で
お料理は2000円です。
帰りに収穫したお野菜までいただいちゃいました。

塚原高原の草になりたい…
だから奥様は塚原草を名乗られています。
すてきな生き方と出会った旅の始まりでした。

http://yufuin-tsukahara.com/peple/004.html
http://yufuin-tsukahara.com/peple/004.html
posted by 理乃 at 13:20| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

たけのこ掘り+由布院・別府のtabi その6 山地獄

ちょっと間があいちゃいましたが、
「たけのこ掘り+由布院・別府のtabi」のラストです。
最後は山地獄に行きました。

山のいたるところから噴気が上がっているから山地獄。
温泉熱を利用して動物が飼育されています。
カバ、サル、フラミンゴ、アフリカゾウなど約20種の動物を見ることができます。
象やカバには、エサ(100円)をあげることができるんです。

山地獄1_1.jpg

ではカバ君から。

山地獄2_1.jpg

きれいな色のフラミンゴ。

山地獄3_1.jpg

メスにアピールするオスの孔雀。
つれないメス。。。
恋は実りにくいもの。。。

山地獄9_1.jpg

でも、オスの孔雀の造形はすごい。
こんな生き物がいるなんて。。。

山地獄7_4_1.jpg

山地獄8_1.jpg

アフリカゾウ。

山地獄4_1.jpg

目がとてもかわいい。

人生初。。。ゾウのエサやりに挑戦。。。

ゾウのエサやり_1_1.jpg

おそるおそるエサをやるわたし。。。
ゾウの鼻はけっこうかたいです。

posted by 理乃 at 22:12| Comment(2) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

たけのこ掘り+由布院・別府のtabi その5 坊主地獄

たけのこ掘り+由布院・別府のtabi そのは坊主地獄です。

坊主地獄1_1_1.jpg

ぶくぶく白い泥が湧き上がっていて、
その様子から坊主地獄だということ。

坊主地獄2_1_1.jpg

坊主地獄3_1.jpg

足湯もあります。
背もたれがついてる。

坊主地獄4_1.jpg

八重桜がきれいでした。

posted by 理乃 at 21:08| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

たけのこ掘り+由布院・別府のtabi その4 海地獄

たけのこ掘り+由布院・別府のtabiの続きです。

鶴見岳登山のあとは地獄巡りをしました。
行ったのは3つの地獄。
今日は海地獄をご紹介します。

ここって、なんとたしか小学校の修学旅行以来。。。
何年前なんだ〜。

とにかくきれい。

IMG_7755_1_1.JPG

海地獄5_1_1.jpg

なんて、きれいな色なの。。。

海地獄2_1.jpg

奥に神社が。。。白龍稲荷大神。。。

海地獄_1.jpg

とりあえず行ってみます。

海地獄4_1.jpg

誰?このお方。
怪しい雰囲気がただよっています。
狛狐なのか。。。
一体だけなのよね。
おそらく白龍を祀っている神社で、このお狐さまは眷属(従者)なのでしょう。

海地獄3_1.jpg

妖しい。いいぞ。

海地獄6_1_1.jpg

地獄グルメは地獄蒸プリンですね〜。

美味しい〜るんるん

お土産に買ったのは地獄だけど、極楽饅頭。

海地獄7_1.jpg

これ、親指の先っちょくらいの大きさなの。
もちろん地獄の熱で蒸してあります。
いわゆるやぶれまんじゅうのプチ版。
とっても美味しかったです。

海地獄8_1.jpg

posted by 理乃 at 21:35| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

たけのこ掘り+由布院・別府のtabi その3 ハナズオウ

たけのこ掘り+由布院・別府のtabiで
ひとつお花の名前を覚えました。

このお花、今、よく庭木などでも見かけていて
知りたかったんです。

ようやく分かった。ハナズオウっていうんですね。
お花の名前が分かるとうれしい。
興味を持った人の名前を知ったときみたいに。

ハナズオウ2_1.jpg

鶴見岳ロープウェーの入り口に咲いていました。

原産地は中国〜朝鮮。
中国では高さ10数mになる高木ですが、
日本では数mにしかならないとのこと。

同じピンクでも桜と違って
はっきり主張しています。

ハナズオウ1_1_1.jpg

青い空と濃いピンクがよく似合う。



posted by 理乃 at 20:26| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする