2010年10月31日

香梅の新しいお菓子「ふかし芋」

熊本の菓子店「香梅」。
「誉の陣太鼓」は誰でも知ってる熊本の代表的銘菓ですよね。

熊本に住む姪から
その「香梅」の新発売のお菓子をもらいました。
Sちゃん、ありがと(*^-^*)

それが「ふかし芋」っていうんです。

ふかし芋.jpg

これがね〜。美味しいのだ。

ふかし芋2.jpg

フェイクふかし芋だ〜。

ふかし芋3.jpg

外側の皮が薄くて、もちもちして、
中はさつまいもと手亡豆のあん。
出合ったら買ってみてね(*^-^*)


姪からの新情報!
「ふかし芋」は季節限定の販売だったんですって!
で、今年の販売は終了してしまったそうです。
みなさま、来年を期待してくださいませ。
posted by 理乃 at 22:03| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

亀萬酒造の「甘い吐息」

熊本の取材中、前を通りすぎた「亀萬酒造」。
風格の漂うたたずまいが印象的でした。
でも助手席だったので、車をとめられず、
帰りに立ち寄った産直で見つけて
買ってみたのが「甘い吐息」。

甘い吐息.jpg

女性向けの甘口のお酒。
食前酒(アベリティフ)にぴったり。

亀萬酒造は創業1916年。
天然醸造では日本最南端の日本酒の醸造元です。


■亀萬酒造
熊本県葦北郡津奈木町大字津奈木1192番地
TEL:0966-78-2001
posted by 理乃 at 01:26| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

JAあしきたファーマーズマーケット「でこぽん」

熊本県の芦北町を通って福岡に戻る途中、
やっぱり寄っておきたいのは産直。

JAあしきたファーマーズマーケット「でこぽん」に寄ってみました。

IMG_3775.JPG

水俣の「湯の児スペイン村福田農場」の商品があったので買ってみました。
「湯の児スペイン村福田農場」はワイン・地ビール
ジャム・ジュース・ドレッシングなどの生産販売所。
スペイン風レストランなどもあります。
水俣芦北地方は日本一の甘夏産地。
その甘夏を使った甘夏コンフィールは
とても美味しかったです。

IMG_3778.JPG

IMG_3794.JPG

■JAあしきたファーマーズマーケット「でこぽん」
熊本県葦北郡芦北町佐敷443
TEL:0966-61-3020
posted by 理乃 at 01:22| Comment(2) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

芦北町でおそば

水俣に仕事で出かけたとき、
お昼の休憩に食べたのは「あ・うん」というおそばやさん。

あうん3.jpg

「葦分(あしきた)うたせそば」750円
というのを食べてみました。

あうん1.jpg

めんは細くて、白い。
ぶっかけそばです。
小海老が五尾も入ってます。
あっさりして美味しかったです。

あうん2.jpg



■あ・うん
熊本県芦北町芦北西割南2248-2
Tel:0966-82-2097     
posted by 理乃 at 22:52| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

山野線久木野駅跡

水俣市の久木野ふるさとセンター「愛林館」に行きました。

そこは山野線久木野駅跡の脇に建っていました。
山野線が開業したのは1934年(昭和9年)のこと。
そして廃線になったのが1988年(昭和63年)のこと。
50年の間、この山間を走っていたのだなぁ。。。

kugino1.jpg

kugino2.jpg

駅の跡に蒸気機関車の車体の一部が。。。

kugino3.jpg

中を覗いてみました。

kugino4.jpg

久木野ふるさとセンター「愛林館」。
いろんなふるさと体験ができます。

館内にかかっていた国鉄時代の時刻表。

kugino5.jpg
posted by 理乃 at 22:59| Comment(2) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

道の駅 たのうら

昨日、水俣に行ったとき、
途中で立ち寄った「道の駅 たのうら」。

higourara.jpg

南九州西回り自動車道「田浦I.C」を降りたらすぐにあります。
地産地消レストラン「たばくまん」では、
地元の野菜や魚介類を使ったオリジナル料理が楽しめます。
イチオシは、『ねったぼ』というおやつ。
さつまいもと、もちをいっしょに蒸して練って丸めたもの。
きな粉をまぶしていただきます。
(残念ながら食べてません)
太刀魚丼もあるみたい。

tanoura_1.jpg
(※クリックすると大きくなります)

田浦は夏みかん発祥の地ですって。

natumikan.jpg
(※クリックすると大きくなります)

おやつに、近くの津奈木一のケーキ屋さん「あん・さんく」のスティックケーキを買いました。
美味しかったです。
これは新幹線開通食品コンペで最優秀賞受賞。
甘夏パイというお菓子もあるらしく、
こちらはうまかもんお土産コンテストで最優秀賞を受賞しているそうです。

ansanku_1.jpg


■道の駅 たのうら
熊本県葦北郡芦北町大字田浦657
TEL:0966-87-2230
9:00〜19:00
(12月〜3月 9:00〜18:00、
12/31 〜17:00)
休館日 物産館、レストラン/第2・4水曜日、12月31日、1月1日
情報コーナー/年中無休



■あん・さんく
熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2113-88
TEL:0966-78-2472
10:00〜19:00
店休日 水曜
posted by 理乃 at 00:00| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

新水俣駅

水俣市に行ってきました。
暑くて、遠かったな。。。
でも、初めて訪れました。

田舎の風景の中で、
忽然と現れたのは新幹線の新水俣駅。

shinminamata.jpg

水色の外観がなかなかいいです。
posted by 理乃 at 23:52| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

阿蘇へ行ったら「滝室窯」へ!

去年の夏、
一緒に仕事をしていたきょんちゃんに誘われて阿蘇に行きました。
きょんちゃんの亡くなったお父さんは陶芸家。
亡くなって、でも、そのまま残して置かれた工房を
きょんちゃんのお兄さんの石田裕哉さんが跡を継ぐということでした。

そして、ついに開窯のお知らせのご案内をいただきました。
若き陶芸家が装いも新たにスタートさせた窯元。
それは「滝室窯」(たきむろがま)。
食器を中心に並べているそうです。

takimurogama1.jpg

夏休み、阿蘇に行かれる方!
阿蘇のど真ん中にある窯元です。
ぜひ、ここへも足を伸ばしてみてください。
すてきな青年がいますよ(^_−)−☆

takimurogama2_2.jpg
(※クリックすると大きくなります)

■滝室窯
熊本県阿蘇市一の宮町坂梨3031
TEL:0967−22−0325

ラベル:石田裕哉 滝室窯
posted by 理乃 at 00:42| Comment(2) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

「小国〜阿蘇 one day trip」 その7 「はなびし」

「小国〜阿蘇 one day trip」ラストです。

旅の最後、
阿蘇からまた福岡に戻る前に腹ごしらえということで、
向かったのは「水基巡りの道」にある郷土料理の店「はなびし」。

hanabishi1.jpg

民芸調の家具や調度品が阿蘇らしいお店。
満席だったので、しばらく待つことに。

案内されたのは戸外のお席。
5人でいろいろ注文していただきました。

何分戸外。
そして口に入る前にささっと撮った写真なので
かなり画像は悪いのですが、
全部紹介したいので載せちゃいます。

hanabishi2_1.jpg

チーズポテトボールだったけ・・・。

hanabishi3.jpg

あつあつの唐揚げ。
撮る前に食べられてます・・・あせあせ(飛び散る汗)

hanabishi4_1.jpg

だいこんサラダ。

hanabishi5_1.jpg

熊本に来たらこれでしょ。
馬刺し!
もちろんフレッシュ!

hanabishi6_1.jpg

これ、とっても美味しかったんだけど、
せせりです。
せせりとは鶏の首の剥き身。
鶏一羽から取れるのはほんのちょっぴり。
鶏の首は左右上下によく動くから、
身が締まってこりこりしています。

hanabishi7.jpg

ジャンボな田舎いなり!

hanabishi9.jpg

中はこんな感じ。
五目飯が入って、油揚げとも、とってもジューシー。

hanabishi8_1.jpg

阿蘇の郷土料理といえばだご汁。

どれも美味しくて大満足の一行でごさいました(*^-^*)

あー、でもこれから帰るんだった・・・。
時刻は午後9時過ぎ・・・。
再び外輪山を超え、小国を過ぎ、
帰り着いたときは午前零時を若干過ぎてました。

あー、楽しい旅でした。
招待してくれた I ちゃん、ありがとう!


■はなびし
熊本県阿蘇市一の宮町宮地仲町
TEL:0967-22-0896
9:00〜22:30
ラベル:阿蘇
posted by 理乃 at 22:55| Comment(4) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

「小国〜阿蘇 one day trip」 その6 阿蘇山

「小国〜阿蘇 one day trip」6回目は阿蘇山です。

実は阿蘇山を目指したのは夕方遅くなってから・・・。
そんな時間になっても阿蘇山近くは混んでました。
そのためもあって、
火口行きのロープウェーには間に合わなかったのです・・・。
でも、それまでのドライブは阿蘇を満喫できるものでした。

これは、途中で見た米塚の光景。
久しぶりに見る米塚。

asosan1.jpg

子どものころに米塚を初めて見たとき
その人為が加わったような形にびっくりしました。

米塚は阿蘇の神様、健磐龍命(たけいわたつのみこと)が
収穫した米を積み上げたものだといわれています。
山頂のむぼみは火口の名残なのですが、
これは貧しい人にお米をすくってあげた跡だといわれています。
やさしい神様ですね。

asosan2.jpg

米塚の向こうに南側の外輪山が見えました。

次回はこのシリーズのラスト。
グルメです。
posted by 理乃 at 23:05| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小国〜阿蘇 one day trip」 その5 水基巡りの道

「小国〜阿蘇 one day trip」の第5回は水基巡りの道です。

suiki2.jpg

水基巡りの道って?
それは阿蘇神社の門前にあります。

水基とは水が出る基(もと)。水飲み場のことです。
一の宮町は古くから湧き水に恵まれました。
この美味しい水を多くの人に飲んでもらおうと、
10数年前から水基を14カ所に設置して、
誰もが飲めるようになっています。

suik3.jpg

水基巡りの道にはいろんな店があって、
散策が楽しい道となっています。

「阿蘇とり宮」の馬ロッケは注文してのち揚げるのでアツアツ。

「阿蘇お菓子工房 たのや」は小ぶりのシュークリームが人気。

その他、時計屋さんやら、酒屋さんやら、お食事処など、
いろんなお店が軒を並べています。

suiki1_1.jpg

疲れたら湧き水を飲みながら散策を楽しみましょう。

suik4.jpg

suik5.jpg
ラベル:阿蘇
posted by 理乃 at 01:20| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

「小国〜阿蘇 one day trip」 その4 阿蘇神社

「小国〜阿蘇 one day trip」、
4回目は阿蘇神社です。

阿蘇神社は肥後国の一の宮。
阿蘇の開拓祖、健磐龍命(たけいわたつのみこと)をはじめ、
十二神を祀っており、末社は全国で500社を超えるということです。

境内には願いごとを叶えてくれる「願かけの石」や
縁結びにご利益がある「高砂の松」などあります。

さすがに一の宮!
まず巨大な楼門に圧倒されます。

asojinjya1.jpg

勇壮かつ質実剛健な感じです。
屋根の跳ね返りがすごいです。

asojinjya4_1.jpg

楼門の由緒。
(※クリックすると大きくなります)

asojinjya3.jpg

本殿。


■阿蘇神社
阿蘇市一の宮町宮地3083-1
TEL:0967-22-0064

★神社なのに何か忘れてない?
その件につきましては、また改めてご紹介します。
ラベル:阿蘇神社
posted by 理乃 at 22:02| Comment(6) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

「小国〜阿蘇 one day trip」 その3 滝室窯

「小国〜阿蘇」の日帰り旅行の3回目は
阿蘇市一の宮町の滝室窯をご紹介します。

滝室窯は小石原で修行された陶芸家の石田洋士郎さんが
1978年に築かれた窯。
窯の名は近くの滝室坂という厳しい坂から取られています。

残念ながら石田洋士郎さんは10年ほど前に亡くなられています。
ところが、この秋、11月頃に、
洋士郎さんのご子息の裕哉(ひろや)さんがあとを継ぎ、
窯開きを予定されているのです。

takimurogama6.jpg

ここは、かつての豊後街道。

takimurogama5.jpg

緑の生垣と白壁の工房の対比が美しい滝室窯。

takimurogama4.jpg

takimurogama2_1.jpg

石田洋士郎さんが残された器で高菜のおにぎりをご馳走になりました。

takimurogama1_1.jpg

美味しいチーズケーキを載せたお皿も石田洋士郎さんの作品。

takimurogama3.jpg

これは裕哉さんが焼いたお皿。
大学芋もいただきました。
どれも美味しくて、ほんとにご馳走さまでした(*^-^*)
posted by 理乃 at 23:09| Comment(3) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

「小国〜阿蘇 one day trip」 その2 大観峰

「小国〜阿蘇 one day trip」、
2回目は小国からまっすぐ阿蘇に進んでいくと行き着く大観峰です。
ご存知、大観望は阿蘇の外輪山の最高峰で標高935.9m。
眼下に雄大なカルデラを見下ろすことができる阿蘇のビューポイントの一つ。
絶景です。
大観峰は徳富蘇峰によって名づけられたとか。
古くは遠見ヶ鼻と呼ばれていました。

巨大なカルデラは人の手によって田園に姿を変えられています。
かつての火口が田園になっているなんて、
そんな場所、ほかにもあるのでしょうか?

この稀有な眺めを一目見るために人々が集ります。
よって、大観峰のあたりは渋滞でした。

車をとめると、お目当てのソフトクリームを・・・。
ああ、どこが違うのかしら。
大観峰のソフトクリームはミルクの味がして最高です!
ソフトクリームはもうこれしか食べたくないってくらい。

daikanbo1.jpg

どうして美味しいのか・・・。
それはミルクがいいのでしょう。
ジャージ−牛のミルクだそうです。
ジャージー牛一筋の梅田牧場が牧草一本一本にこだわって育てたジャージー牛から、
絞りたての牛乳だけを使って毎日製造しているのが
大観峯茶店で売っている手作りソフトクリームなのです。
大観峰に行かれたら、ぜひ召し上がれ。

さて、茶店をあとにして、
大観峰の切っ先まで進んでいきます。

そこではパラグライダーで滑降する人、
グライダーを飛ばす人々がいました。

それにしてもなんて雄大な眺め・・・。
すばらしくて、すばらしくて、すばらしすぎます。
いつ見ても。

daikanbo2.jpg

daikanbo3_1.jpg

daikanbo4.jpg

daikanbo5.jpg
ラベル:大観峰
posted by 理乃 at 21:52| Comment(6) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

小国〜阿蘇 one day trip  その1 小国そば「巴」

シルバーウィークの中日、21日に日帰り旅行をしました。

ルートは筑紫野インター→日田インター→木の花ガルテン→
小国そば「巴」→大観峰→窯元→阿蘇神社→阿蘇神社門前町水基巡り→
草千里→阿蘇郷土料理→日田インター→筑紫野インター。
全走行距離300km。

今回は単独旅行ではなく、珍しく車を3台連ねてのグループ旅行です。

集合場所は木の花ガルテン(大分県日田市大山町東大山 274-1) 。
連休中にもかかわらず、基山あたりでちょっと停滞しただけで
あとはスムーズに走れたので待ち合わせ時刻の30分前に到着。
ほかのメンバーと合流して出発です。

1回目の今回は途中、立ち寄った小国で食べたおそばをご紹介します。
実はおそばは予定に入ってなかったので、
とりあえず小国の道の駅「ゆうステーション」でリサーチしようと
駐車しましたら、目の前によさげなおそば屋さんが・・・。
「手打ちそば 巴(ともえ)」。
で、急遽入ることに。

tomoe3.jpg

出てきたそば茶とお漬物が美味しかったので
期待できました。

tomoe1.jpg

tomoe2.jpg

もりそば。

やっぱり! 美味しい!
おそばを打った水がいいと思ったので、
あとで調べてみたら、
黒岳で汲んだミネラル豊富な炭酸水でそばを打っているとのこと。
なるほど〜。納得。

阿蘇と国産の良質なそばを石臼で挽いています。
そばつゆは甘くないタイプ。
無添加純正醤油がベースのこくのあるカツオ風味。

実はもう一つクルミ風味のそばつゆがあるそうですが、
これは残念ながら食しておりません。

そば湯は頼む前に持ってきてくださいました。

おすすめおそば屋さんです。

実は今回の旅は食に恵まれまして、
美味しいものと次々に出合いましたので、お楽しみに。



■手打ちそば 巴
熊本県阿蘇郡小国町宮原1760−3
TEL:0967-46-4061
11:00〜18:00
火曜定休
posted by 理乃 at 22:05| Comment(2) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

熊本の和菓子「せんば小狸」

職場の同僚にかわいいおやつをいただきました。

senbakodanuki1.jpg

「せんば小狸」。

「あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ
 船場(せんば)さ…」のせんばの小狸です。
童歌の手鞠歌です。

senbakodanuki.jpg

熊本版ひよこみたいで、かわいい〜。
中は白あんです。

わらべ歌はどこかこわいものが多いのですが、
この歌も実はこわい…。

先ほどの歌の続きはこうなってます。

「船場山には狸がおってさ
 それを猟師が鉄砲で撃ってさ
 煮てさ 焼いてさ 食ってさ
 それを木の葉でちょいと隠(かぶ)せ」

ちょいと隠せって?



■「せんば小狸」製造元
熊本菓房
熊本市戸島町920-3
TEL:096-380-3535
posted by 理乃 at 22:08| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

熊本trip No.3 紅蘭亭の太平燕」

熊本trip、ラストの情報は
熊本名物、太平燕(タイピーエン)。

一度食べてみたかったんです。
太平燕って。

太平燕は明治時代、
華僑が中国料理を日本に伝えたものがルーツらしいです。
その際アレンジが加えられ、
本場のものとはずいずん様相が違うものに変化したみたい。
太平燕は基本的に熊本にしかないので、
福岡の人は知りませんよね。
でも熊本ではとってもポピュラーな中華料理なのです。

どんな料理かと言いますと、
いわゆる春雨スープです。
白菜やタケノコなどの野菜、
豚肉、イカ、エビなどを炒めた具を入れ、
揚げたゆで卵が載っています。
具がたっぷりのヘルシー麺。

その太平燕がいただける「紅蘭亭」へ寄ってみました。

紅蘭亭_1.jpg

わたしが訪れたのは上通パビリオン店です。 

太平燕1.jpg

これが太平燕です。


■紅蘭亭 上通パビリオン店
熊本県熊本市上通1-15
TEL:096-352-3812   




かわいいPR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キッチンにシンプルなボールがほしい。
posted by 理乃 at 12:22| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

熊本trip 2 熊本城

熊本trip第2弾です。

今、熊本観光の目玉としてダンゼン注目を集めているのが
熊本城!

軽い気持ちで行ってみたら駐車場が込んでました!
土曜日だったし…。
人の多さには閉口しますが、行く価値あり!

お金がないという時代に
この絢爛豪華さ!
日本の建築技術の粋を結集して再建された本丸御殿には
圧倒されるばかりです。
熊本城は熊本の誇り。
だからこれだけのお金をかけられるのでしょう。

kumamotojyo1_1.jpg

熊本城の入り口で迎えてくれる加藤清正公。

kumamotojyo2_1.jpg

広大なお堀。

kumamotojyo4.jpg

kumamotojyo5.jpg

闇(くらが)通路。

kumamotojyo3_1.jpg

美しい天守閣。
質実剛健なこの感じ。
華美な装飾のないところがまたいいです。
うっとりします。

kumamotojyo6_1.jpg

kumamotojyo11.jpg

天守閣から見た風景。

kumamotosyo11.jpg

これがうわさの最近再建された本丸御殿!
さて、お次は中へ…。

kumamotojyo7.jpg

シンメトリーの美。

kumamotojyo8.jpg

絢爛豪華な昭君之間。

kumamotojyo10.jpg

昭君之間の素晴らしき天井絵。

熊本城は桜の時期が最も美しいと聞いています。
わたしはちょっと早かったのですが、
どうぞ桜の時期にお出かけください。

★耳寄り情報

熊本城では往時の食文化を体験することができる「本丸御膳」を1日50食限定予約制で提供しています。
・場 所…熊本城本丸御殿 大御台所(おおおんだいどころ)二階
・料 金…3000円(1食)※別途入園料が必要。
・時間…11:30〜14:00
・予約
 平日:コンベンション協会  午前9時〜午後5時 096-359-0363
 土日祝日:郷土料理 青柳  午前10時〜午後6時 096-353-0311 
 ※予約は、希望日の5日前まで。二人から。








posted by 理乃 at 00:06| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

熊本trip bP 朝鮮飴の園田屋

久々の番外編。
ここんとこ2回ほど熊本取材がありまして、
1回目はとんぼ帰りだったのですが、
昨日は取材のあと、
いろいろ寄り道しちゃったのでご紹介します。

熊本と言えば●●っていうのがあると思いますが、
朝鮮飴もその1つ。
熊本城の観光案内所の女性に老舗の園田屋の場所を教えてもらい
訪ねました。

sonodaya1.jpg

上通並木坂に見つけた建物は老舗にふさわしいたたずまい。

sonodaya2.jpg

普通の白い朝鮮飴と干し柿が入った柿球肥を
試食した結果、
柿球肥を購入。

sonodaya3.jpg

これは美味です!
おススメ!

適度なかみごたえと
上品で深い味わい。
大好きです!

創業四百余年という園田屋ですが、
園田郭六氏が明治36年に朝鮮飴にさらに工夫を凝らして
創作したものだということです。

■園田屋
熊本市南坪井町6−1
TEL:096-352-0030



PR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
書類の整理にいかが?


posted by 理乃 at 02:18| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

杖立温泉

昨年も師走に訪ねた杖立温泉。
今年も縁あって訪れました。

tuetate4.jpg

tuetate5.jpg

昨年同様ひなびた風情。
山あいを流れる杖立川の流れの両脇に温泉街があり、
そこから立ち上る湯煙が旅情をかりたてます。
人一人歩いてないんです。
私はそこがまた好きなのです。

tuetate8.jpg

tuetate6.jpg

tuetate2.jpg

温泉街には静かな細い石畳の道があり、
薬師通りというのですが、
ここはかつての日田往還。
こういう路地裏的道が何とも好きです。

tuetate9.jpg

温泉街の川の下流には紅葉橋という
屋根付きの橋がかかっています。

tuetate7.jpg

魚の形をした板切れがたくさんぶら下がっています。
どうやら願い事を書いて吊るすようで、
橋のたもとで板を売っています。

温泉街の入口で江戸時代から創業しているのが有名な「ひぜんや」。
今回もここで食事と入浴をすることになりました。

tuetate1.jpg

お風呂は立ち寄り湯で
ハイカラ温泉というネーミング。
そして露天風呂の名前はビーナス。
わー、この思いっきりレトロな感じもまたいいではないですか。

お湯はとろりとした感じ。
露天風呂に入ろうと扉を開けると、
寒い!
となりましたが、お湯に浸かっていると
ぽかぽかにあったまりました〜。

「ひぜんや」は大分県と熊本県という2つの県にまたがって建つという
全国でもここだけの旅館です。

もっともっとゆっくりして、
温泉街の路地をぶらぶらしていたかったです。

■「ひぜんや」
熊本県阿蘇郡小国町杖立
TEL0967-48-0141

----PR------------------------
かわいいコードレスで、お部屋に置きっぱなしでもかっこいいクリーナー。これがあればもっとお掃除しそう?
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.rakuten.co.jp%2Fcocoa%2F565419%2F601176%2F
ラベル:杖立温泉
posted by 理乃 at 12:26| Comment(2) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする