2020年07月20日

HELLO COFFEE

20代でお勤めしていたころ、
仕事帰りに天神からひとっとびの二日市で降り、
寄り道したこともありました。
今はそういうコースはないけど、
二日市に新しいカフェがオープンしたと知り、
ちょっと寄ってみました。

20200710_132116 - コピー.jpg

シンプルな造りの誰もが入りやすそうな町のカフェ。
自家製というチーズケーキとハローラテで
しばしの雨宿り。

*西鉄二日市駅近く。本町公民館右隣。
posted by 理乃 at 16:39| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

天拝山歴史自然公園のあじさい園

平成27年に完成した天拝山歴史自然公園のあじさい園。

20200616_160950 - コピー.jpg

こんなに見事になってました。

20200616_162144 - コピー.jpg

20200616_162236 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:51| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

泉都二日市の光

昨日の夜、二日市温泉のアイビーホテル筑紫野で開催された
「泉都二日市の光」に行ってきました。
主催はこれまで温泉街のにぎわいを目指して
数々のイベントを行ってきた「おんせんアートプロジェクト」。
コロナ終息を願ってのイベントです。
今頃の夜の散歩は格別。
それが温泉街であったらなおさら。
逢魔ヶ時から次第に暗さを増していく泉都。
夏目漱石も訪れた温泉街です。

20200531_200352 - コピー.jpg

温泉の湯気のようなオブジェがホテルの下層部に置かれ、
上階には筑紫野カラーの紫がゆらぎました。

20200531_194403 - コピー.jpg

泉都二日市という言葉はかつてJR二日市前の標識に使われていました。
レトロな響きに、逢魔ヶ時にふさわしい情緒を取り戻してほしいと願いました。
posted by 理乃 at 10:52| Comment(4) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

シェアレストラン Ranan

とある会の新年会でシェアレストラン「Ranan」に行ってきました。
とっても洗練されたセンスのいいお店でした。
シェアレストランということで曜日と昼夜でお店がチェンジします。
わたしたちが行ったのは「Up to you」。
木曜日から日曜日の11:00 〜 16:30の営業。

お料理は糸島の一日一組限定のPinoxの提供。
ほろほろの牛スネ肉が美味でした。

20200127_112217 - コピー.jpg

自家製パンと抹茶のスコーンは水曜日の担当のお店のもの。

20200127_113521 - コピー.jpg

20200127_114609 - コピー.jpg

丁寧に淹れられたコーヒーまで、美味しさに包まれるお店。
場所は二日市駅そばの西鉄通り。
おすすめです!
ラベル:Ranan
posted by 理乃 at 23:09| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

二日市温泉 中村屋の湯の花羊羹

二日市温泉の和菓子屋さん、中村屋の湯の花羊羹のファンです。

20190221_161416 - コピー.jpg

戦前人気だったのが絶えていたのが復刻されたもの。

20190221_165034 - コピー.jpg

小豆ではなくてエンドウ豆オンリーの珍しい羊羹。

20190221_165335 - コピー.jpg

エンドウ豆が好きな人におすすめ!

20190221_165714 - コピー.jpg

包装紙には昔の二日市温泉の写真が使われていて、
レトロ感もばっちりです。
posted by 理乃 at 17:54| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

旧九州鉄道城山三連橋梁(国登録有形文化財)

先日筑紫野市の永川マルシェさんの収穫体験に参加したとき、
行ってみたいと思っていた旧九州鉄道城山三連橋梁(きょうりょう)が
眼に飛び込んできました。

20190202_104534 - コピー.jpg

九州で初めて鉄道を引いた九州鉄道株式会社の最初の着工区間(博多−久留米間)に
建設された九州で最も古い時期の鉄道橋梁です。
ノスタルジックな煉瓦造3連アーチ橋。
中央部のアーチ下に久良々川が流れ、両脇のアーチの下は道路。
明治22(1889)年12月11日、
博多−千歳川仮停車場(筑後川北岸。現.鳥栖市)間で九州初の鉄道路線が開通。
九州鉄道がドイツ人技師へルマン・ルムシュッテルを技術顧問として招聘して敷設し、
この橋梁もそのときに建設されました。
大正9(1920)年、二日市−原田間を複線化するにあたり、
近くの仮塚(かんづか)越えと呼ばれる急勾配を避けるように
新線(東側にある現在の路線)が敷設され、
この区間は廃線となりました。
現在は市道の橋梁として使われています。

※筑紫野市HP参照
posted by 理乃 at 18:07| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

永川マルシェの菜の花ワークショップ

筑紫野市の農家、永川マルシェさんの「菜の花ワークショップ」に行ってきました。
菜の花について説明を聞いたあと、畑に移動。

20190202_113806.jpg

菜の花のほか、紅菜苔、かつお菜、大根などを収穫。
大好きな野菜、紅菜苔が畑に植えられている姿を初めてみて感動💕
それを摘むことができるなんて幸せ至極✨

20190202_113918.jpg

今晩のメニューは自分で収穫した新鮮そのものの野菜で作ることができます。
農家体験できて大大満足です!

20190202_150619.jpg
posted by 理乃 at 15:51| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

ゑびす醤油の甘酒かき氷

ゑびす醤油の店頭で今年からお目見えした
甘酒かき氷!

DSC_0207 - コピー.JPG

ゑびす醤油で作られた麹のみの甘酒は
麹が生きているから冷凍保存されています。

DSC_0208 - コピー.JPG

その甘酒を削ったかき氷は夏バテ対策にも
素晴らしい食品!
抹茶とはちみつをかけていただきます。
な〜んて美味しいでしょ。
毎日食べたい。
お砂糖なしの自然な甘酒の甘み。
二日市の新たなヘルシー名物を発見しました!
posted by 理乃 at 17:14| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

マンゴー梅酒

二日市の大賀酒造のお気に入りのお酒。

DSC_0075.JPG


とろっと濃厚で、女性好み。
前からファンだったけど、
2016年に全国梅酒品評会のブレンド部門で銀賞をとっていたらしい。
納得。

梅酒を作ったあとの梅の実は
あっという間に食べちゃいます。

DSC_0072.JPG
posted by 理乃 at 17:44| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

「筑紫野松庵 」の水無月

母の病院付き添いのあと近くへ来たので
朝倉街道駅そばの「筑紫野松庵 」さんへ寄りました。
今は六月。
六月中に一度は食べたくて、
でも結局食べるチャンスをなくす和菓子を買いたかったのです。
それは「水無月」。

DSC_0306.JPG

京都暮らしをしていたことがあって、
六月になると思い出す和菓子。
白いういろうの上に小豆を載せ、三角に切ったお菓子。
京都では夏越の祓が行われる6月30日に
無病息災を祈念して食べる風習があります。
はじめていただいた「筑紫野松庵 」さんの水無月はとっても美味でした。
ねっとりと歯ごたえのあるういろう。

DSC_0307.JPG

これは毎年いただきたいです。
母もぺろりといただいてました。

◆筑紫野松庵(しょうあん)
筑紫野市針摺西2-7-5
posted by 理乃 at 13:39| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

さるびあ会の手作りジャム

大賀調剤薬局に筑紫野市の社会福祉法人さるびあ会の
手作りジャムが置いてあったので買ってきました。

DSC_5235.JPG

珍しいトマトのジャムです。
ほとんどフルーツと変わらないお味。
無添加でフレッシュで美味しい。
posted by 理乃 at 15:25| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

二日市バルBwine&food Pino

二日市バルで最後に行ったのは「wine&food Pino」。

DSC04690.JPG

ここは二日の市に出していたキッシュが美味しくて、
食べられるかな?と思って行ってみたら、出てきました。

DSC04691.JPG

グラスワインも一杯いただきました。
さっぱりしたフランスの白ワイン。
おしゃれな雰囲気のワインバー。
お料理も充実。
近くにこんなお店があって、
ここも知ってよかったです。
三軒も一度に行ける「二日市バル」の試み。
これは大成功だったのでは?
次の機会があればまた行きたいと思ってます。
今回わたしが行ったお店はすべて西鉄二日市駅周辺です。
posted by 理乃 at 17:55| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

二日市バルAトマ トマ トマ

二日市バルの二軒目はトマトラーメンとトマト辛麺のお店(トマ トマ トマ」にしました。
え?トマトラーメン?邪道?
そんなことはないんです。
一度食べるとやみつきになりそう。
なんでも一杯に3個の完熟有機トマトが入っているらしく、
濃厚なトマトソースがラーメンにからみ、
とっても美味しいのです。
運良く席が空いてましたが、外には並んで待っている人がいて、人気のほどがしれます。
トマトラーメンは数種あって、わたしはチーズトマトラーメンをチョイス。

DSC04686.JPG

チーズ、これまた邪道だと思われそうですが、これがまた合うんです。
トマト辛麺は辛さと麺(ストレートorこんにゃく麺)を選べます。
ここもまた行きたいお店となりました。
posted by 理乃 at 23:40| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

二日市バル@博多丸秀二日市店

12月12日のイベント、二日市バルで24軒のお店から3軒セレクトして行ってきました。
一軒目はお刺身が美味しいとリサーチしていた「博多丸秀二日市店」。

DSC04676.JPG

バルのチケット代は当日券2300円。このチケットで3軒ハシゴできます。
「博多丸秀二日市店」で飲食できるのは飲み物と自慢のゴマサバ。

DSC04679.JPG

ゴマサバは最高でしたが、連れがサバは食べられないと・・・。
そこで替わりに出てきたのがカツオとタイ。

DSC04678.JPG

なんでもカツオは大層高価な品だったらしく、
その引き締まった身はまったく臭みなく、
驚くほど美味なものでした。
一切れずつの刺し身に大満足。
このお店のお刺身、やはり最高。
お酒は玉出泉をいただきましたが、嫌味のないよいお酒。
よいお店を知ることができて、二日市バルありがとうでした。
posted by 理乃 at 16:45| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

GOOD LIFE CAFE

お仕事の打ち上げで二日市の「GOOD LIFE CAFE」へ。

25298980_1468724273245614_6117051163794625827_n.jpg

なんて美味しいイタリアン。

25348677_1468724296578945_598806996680518805_n.jpg

前菜からデザートまで丁寧に作られていて感激。
メインのパスタの茹で加減がよく、
クリーム系はあまり手を出さないんですが、美味しさに痺れました。

25158466_1468724319912276_1018478699699663533_n.jpg

ネギとの組み合わせが新鮮。

25152188_1468724349912273_7060884584423024211_n.jpg

デサートのカタラーナ。
初めていただきましたが絶品。
すてきなイタリアンとの出合いにうれしくなりました。
posted by 理乃 at 00:06| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

二日市イルミネーション パープルナイト

二日市、六反交差点近くの本町公園でやっている
「二日市イルミネーション パープルナイト」。

DSC04654.JPG

静かですてきなイルミです。

DSC04655.JPG

12月25日までなので、お近くの方はぜひのぞいてください。

DSC04666.JPG

DSC04663.JPG

トナカイは機械仕掛けで首を振ります。

DSC04668.JPG

DSC04667.JPG

光る藤棚。
posted by 理乃 at 15:09| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

薬師堂

先日、母と外出した日、かねてより行きたかった筑紫野市の薬師堂を訪れました。
ソンバーユの会社です。

DSC_4375.JPG

ゆめタウン筑紫野店の裏側にあります。

DSC_4378.JPG

ソンバーユは鑑真とつながってました。
鑑真一行が奈良の都へ向かう途中、
大宰府に立ち寄ったのは有名な話ですが、
一人の唐僧を残して行ったそうです。
その僧は筑紫に永住して仏教だけでなく
農地の灌漑や土木建築、文学、医学、薬学まで伝え、
百歳を超す長寿を全うしたそう。
薬師堂の「馬油」と「梅雲丹」は、この僧が伝えたもの。

DSC_4377.JPG

木立の中の駐車場。

DSC_4380.JPG

直売店で、通常よりかなりお安く求めることができます。
posted by 理乃 at 11:30| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

2017.10.03筑紫野ぷち旅A天拝みそ

高齢の母とのドライブにちょうどいい距離の筑紫野市。
今回は山口の天拝みそにもおじゃましました。

DSC04506 - コピー.JPG

山口農産加工所で作られている昔ながらのお味噌。

DSC04508 - コピー.JPG

山口ではお味噌もお酢もお豆腐も作られていて、
里山の風景が癒してくれます。
posted by 理乃 at 13:02| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

筑紫野市歴史博物館「近代筑紫野のにぎわい」

筑紫野市歴史博物館「近代筑紫野のにぎわい」を見てきました。
楽しめる展示になっています。

img290.jpg

一番興味深かったのはエントランスのシルクラベル。
輸出用の生糸に貼られたラベルですが、
とても意匠を凝らしていて、一つひとつがユニーク。
うさぎ、鶴、金魚、牡丹、大黒さまなど、
西欧がエキゾチックに感じるモチーフが描かれています。
これで絵葉書とかあるといいのになあと思いました。
筑紫野市歴史博物館があったところには以前製糸工場があったそうなのです。
製糸工場も二日市温泉の賑わいも、
明治22年の博多車間の鉄道の開通があったからこそ。
鉄道と温泉の展示もありました。
入り口に置いてあるしおりには鉄道切符がついていて、
これを切ってもらえます。

img291.jpg

この凸形の切り口に萌えます。
懐かしくて。
国鉄に乗って旅をしていたころが蘇ります。
会場ではラジオから鉄道唱歌や機関車の汽笛が流れ、
レトロ感たっぷり。
展示には学芸員のつぶやきも添えられていて、
これも親しみが湧いて、かたくなりがちの展示を和ませていました。
カタログも340円とお安く魅力です。
posted by 理乃 at 17:53| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

2017.10.0 3筑紫野ぷち旅 @ 銀の壺

昨日は介護デー。
病院へ行き、そのあとはお食事。
筑紫野の「銀の壺」が三回目にしてやっと予約が取れました。

DSC04505 - コピー.JPG

和食レストランだけど、窓のないモダンな建物が気になってました。
お料理は田舎会席にしました。

DSC04484 - コピー.JPG

まずは有機サラダと卵豆腐。
サラダは味噌をつけていただきます。
卵豆腐はとろっとして最高。
添えられているグリーンのものは枝豆のディップ。

DSC04487 - コピー.JPG

DSC04489 - コピー.JPG

お刺身はカツオとよくしまった鯛。
新鮮で量もちょうどよし。

DSC04490 - コピー.JPG

汁物のお出汁はプロにしか出せないいいお味。
卵に混じっているのはスッポンです。
辛味がつーんとするネギもおもちもとても美味しい。

DSC04494 - コピー.JPG

そして丸茄子の田楽も素晴らしい。
ご飯は釜飯。

DSC04492 - コピー.JPG

これがご甘みがあり、ご飯だけ食べられるという絶品。

DSC04497 - コピー.JPG

お漬物に混じる丸いものは、なんとこんぶです。
こういう発想を見るのもお食事の楽しみ。

DSC04501 - コピー.JPG

デザートは水羊羹になしのジュレがかかってました。
不思議なのは銀の壺。
なぜ大丸別荘のお店が銀の壺なのか。
店内には銀の壺の彫刻がありました。

DSC04502 - コピー.JPG

最初に言葉ありきなのか、
それともこの彫刻ありきなのか不明。
静かにお食事したい方におすすめです。
海外のお客様も喜びそう。
posted by 理乃 at 15:20| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする