2018年09月18日

2018.9.2 八女福島すてき旅Dビワニジ

やっと八女福島の旅のラストです。
こちらも朝日屋酒店のオススメ。
思いがけない出会いがあろうとは全く予測してませんでした。

20180902_155539 - コピー.jpg

「手仕事ビワニジ」さんは人形と刺繍作品の作家のギャラリー。
イラスト風の自由な刺繍が持ち味。
土間を利用したギャラリーでお話をするなかで、
貴重な町家の二階を案内していただくことになりました。
そこからは八女福島の甍の波が見渡せ、
美しい日本の風景に感じ入りました。

20180902_163123 - コピー.jpg

ねずみ漆喰の床の間、天袋に描かれた参勤交代の図。

20180902_163411 - コピー.jpg

20180902_163634 - コピー.jpg

丁子や千鳥の釘隠し。

20180902_163310 - コピー.jpg

20180902_163443 - コピー.jpg

かつてのただならぬ繁栄ぶりが伺えます。
1階の昔の印刷物で納得。

20180902_164420 - コピー.jpg

呉服屋として大きくお商売をされていたよう。
そこでビワニジさんの口から驚くべき事実!
太宰府の平井瓦がルーツとおっしゃるではありませんか。
ここは平井さんなのです。
太宰府の平井家はとんでもなく歴史の古い家。
五条で「平井瓦製造所」を営んでいました。
その地は「金屋屋敷」と呼ばれ、昔は鋳物屋だったそう。
屋号は金屋、庭には鉄滓が覆っています。
太宰府天満宮の神幸式などで奉納される「竹の曲(はやし)」。
これを奉納するのは、米屋座、鋳物屋座、鍛冶屋座、染物屋座、小間物屋座、相物屋座(魚座)からなる「六座」です。
このうち、鋳物屋座が平井家。
大宰府史跡の発掘でも平安時代に入るころから「平井瓦屋」「平井瓦」「平井」の文字を刻んだ瓦が出てきました。
数年前の修復で下ろされた観世音寺の鬼瓦にも名前が見られました。
「平井瓦製造所」は観世音寺の宝蔵の瓦を製作した後、1959(昭和34)年に廃業。
その長い歴史が途絶え残念ですが、
八女福島にも一族が移られていたとは驚きでした。
posted by 理乃 at 13:09| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

2018.9.2 八女福島すてき旅Cくろくも舎

朝日屋酒店さんから紹介してもらった「くろくも舎」はすぐに見つかりました。
まったくの一軒家。

20180902_155222 - コピー.jpg

入っていいのか躊躇われますが、玄関をがらりと開けお邪魔しました。
ここは切り絵作家、松原真紀さんのギャラリー。

20180902_154816 - コピー.jpg

古民家好きで、まず古民家に入居してから始めたという切り絵。
そこにはユニークな作品世界が広がっていました。

20180902_154710 - コピー.jpg

昔懐かしい調度に合う作品たち。
お伽話のようなもの、モビールもあれば立体もあります。
額に張られた蜘蛛の巣に恋をした蝶がかかる作品は
古民家らしく素晴らしい。

20180902_154831 - コピー.jpg

鳥かごの形のランプシェードはほしくてたまりません。
紙はもちろん八女の和紙。
文化出版局から「草花や動物モチーフの切り絵」という本も出されてます。
ギャラリーはほぼ土日オープン。
posted by 理乃 at 18:17| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

2018.9.2 八女福島すてき旅Bえほん屋・ありが10匹<kitorasu

旧八女郡役所は大きなホールを取り囲むように、
「朝日屋酒店」「地域商社」「kitorasu」が入っています。
「kitorasu」はさまざまなイベントを開催しているようですが、
木曜から月曜は「えほん屋・ありが10匹」さんがカフェを開き、
お話会などもやっています。

20180902_152005 - コピー.jpg

暑かったこの日、わたしも立ち寄り
「びわジュース」でのどを潤しました。

20180902_145908 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 11:34| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

2018.9.2 八女福島すてき旅A朝日屋酒店

旧八女郡役所はNPO八女空き家再生スィッチが譲り受け、
修理し、利用しています。
NPO理事長の高橋さんがオーナーの「朝日屋酒店」も入居しています。

20180902_142556 - コピー.jpg

この酒屋さん、セレクトがすてきです。
お酒ではないけど、
ワインを作るためのぶどうからつくった発泡ジュースを買いました。

20180902_151023 - コピー.jpg

オーストラリア産です。
フレッシュでとても美味しくいただきました。
高橋さんから八女福島の店をいくつか紹介していただき、
このあと散策が続きます。

20180902_140259 - コピー.jpg

20180902_142714 - コピー.jpg
牛島智子さん作品
posted by 理乃 at 23:42| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

2018.9.2 八女福島すてき旅@旧八女郡役所

日曜日、知人の現代美術作家、牛島智子さんが個展を開催している
旧八女郡役所に行ってきました。

20180902_134811 - コピー.jpg

わたしはこのNPOが譲られて建物を改修し、
利用している旧八女郡役所の魅力に絡め取らました。
役所や蝋・飼料の商店、はたまた銃弾工場であった歴史ある建物は
崩れ落ちそうになっていたところ、地元の愛に支えられて復活。
今も手を加えながら八女の地で息づいていました。
この場所で知り合った方から紹介されて歩いた白壁の町で、
次々にこの古い町に腰をおろして活動している方々に巡り会っていきました。

20180902_135247_2 - コピー.jpg

20180902_134935 - コピー.jpg

20180902_135209 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 10:58| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

懐良親王命日法要の旅E源太窯

充実していた懐良親王命日法要の旅のラストです。
最後は源太窯へ。

DSC05117 - コピー.JPG

なんてすてきなたたずまい。
今回は登り窯を見せていただきました。

DSC05126 - コピー.JPG

DSC05125 - コピー.JPG

DSC05131 - コピー.JPG

なみだ壺。

DSC05133 - コピー.JPG

花びら。

お茶を出してくださった器は源太さんが再興した夕日焼き。

DSC05135 - コピー.JPG

お茶を注ぐと、器が金色に輝きます。

DSC05127 - コピー.JPG

夕日焼きの釉薬が入った壺も見せていただきました。
出していただいたお菓子もとても美味しいもの。

DSC05139 - コピー.JPG

伊賀上野の「さまざま桜」。
「さまざまのこと思ひ出す桜かな」と、
芭蕉が花見の宴で詠んだ句にちなんだ干菓子。
上品で美味しい。
桜の時期にこのお菓子なんて、すてきすぎるセレクトです。

DSC05141 - コピー.JPG

お手製の梅も。

星野の地に息づく文化の香りする場所です。
ラベル:懐良親王 源太窯
posted by 理乃 at 14:05| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

懐良親王法要の旅D星野氏墓所

星野氏は嘉禄2年(1226)にこの地に入封(『星野家譜』では貞応2年(1223))。
本星野に館居を構えて以来、
十八代にわたって生葉郡(現在のうきは市と八女市星野村)に勢力を持ち続けました。
南北朝時代には懐良親王を支えました。
天正14年(1586)、
薩摩方についた星野鎭胤(吉実)と鎭元(吉兼)兄弟が高鳥居城(現糟屋郡)で討死したことから、
一族は離散したとのこと。
二人の首が葬られたところが吉塚地蔵(博多区)です。
明治22年、星野氏末裔の人達によって、
本星野の星野氏館周辺に散在していた墓塔類が集められ、
「星野氏累代の墓」碑が建立されいます。

※八女市HP参照
DSC05113 - コピー.JPG

DSC05110 - コピー.JPG

※八女市HP参照

posted by 理乃 at 11:45| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

懐良親王法要の旅C 麻生池

茶の文化館でしずく茶をいただこう訪ねてみたものの休館日でした。
そこで山上の自然湖麻生池だけ見て帰りました。

DSC05098 - コピー.JPG

5月にはコウホネが咲くのですが、時早し。

DSC05100 - コピー.JPG

星野胤実の創建といわれる麻生神社では懐良親王を慰めるために
毎年9月18日、「はんや舞」が奉納されるということ。

中島弁財天社は頭でっかちのお社が特徴です。

DSC05101 - コピー.JPG

DSC05104 - コピー.JPG
ラベル:懐良親王
posted by 理乃 at 23:32| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

懐良親王法要の旅B 懐良親王御墓所

懐良親王命日法要が終わったあと、お墓を訪ねることになりました。
大円寺の背後の大明神山という山の上にあります。
麓から車で上れますが、
上ってきたことを後悔するようなくねくねした細道をひたすら進みます。
車幅が狭く、ガードレールもないので、
転落しそうでスリル満点。
途中、星野村が見渡せるビューポイントもあり、
すがすがしい眺めを楽しめます。

DSC05096 - コピー.JPG

行き当たったところに空間があり、車を止められます。

DSC05094 - コピー.JPG

左手に行くと旗があり、
右手に行くと墓所があります。

DSC05091 - コピー.JPG

なんと先客が一台。離合しなくてよかった。
そして先客は星野姓の方でした。
わたしたち一行にも星野姓の方が。
離散した星野一族が相まみえる命日法要のときなのです。

DSC05083 - コピー.JPG

大宰府に征西府を置いた懐良親王。
その時代、明国からは日本を代表する機関と見られていました。
吉野を立ち、瀬戸内海の小島、薩摩、熊本、大宰府、
久留米、星野と、各地を移動し、戦いに明け暮れた人生は稀有なもの。
山の上のお墓は訪ねてくる人は少ないけれど、
星野村の方々、顕彰会の方々で今もしっかり守られていました。
posted by 理乃 at 11:24| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

懐良親王法要の旅A 懐良親王命日法要 大円寺

懐良親王の命日法要は毎年3月27日に終焉の地、
大円寺で行われています。

DSC05060.JPG

出席者は顕彰会会員、星野氏、黒木町五絛家など。

DSC05062 - コピー.JPG

献茶、読経のあと、全員がお焼香を上げました。
同じ境内で会食もありました。

DSC05064 - コピー.JPG

山深いこの地の南北朝から続く、
長い歴史を継承しようとする人々の集まり。
そばには歴史資料館もありました。

DSC05077 - コピー.JPG
ラベル:大円寺 懐良親王
posted by 理乃 at 18:30| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

懐良親王法要の旅@上陽町の二連橋

M氏の計らいで3月27日に参加することができた星野村大円寺での懐良親王命日法要。
多くを学べた旅でした。
広川インターを下りて星野村を目指す途中に上陽町を通り抜けます。
そこは石橋のふるさと。
明治から大正にかけて作られた石橋は町内に13もあります。
その中でも有名なのは一連から四連の「ひ・ふ・み・よ」橋。

DSC05055.JPG

この写真は「ほたると石橋の館」前の二連の寄口橋。
奥の山の上には大伴部博麻呂(おおともべのはかまろ)の碑があります。
大伴部博麻呂は白村江の戦いで唐の捕虜となって長安に連行されました。
そこで唐の日本侵攻の準備を知り祖国に知らせようとします。
そのため我が身を奴隷として売り、
そのお金で仲間を帰国させ、国難を救ったとのこと。
大伴部博麻呂が帰国できたのは30年後のこと。
持統天皇はその功績を讃えたと日本書紀に記されています。
白村江の戦いでは帰国できず異国の地に消えた兵士も多くいたのでしょうね。
※八女市観光協会パンフ参照
posted by 理乃 at 12:04| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

八女の「La Kinpukutei」でランチ

八女で仕事をしたとき
スタッフと一緒にお昼を食べたのは「La Kinpukutei」。
昨年も別の仕事で八女の白壁通りを歩いたとき
気になっていたお店でした。

白壁の町並みの中のピンクの外観。
でもほどよく色褪せていい感じです。

kinpukutei6.jpg

昭和2年の建築ということ。
以前は金福堂書店という本屋さんだったらしいです。
こんな本屋さん、入ってみたかった。
きっと、本、買っちゃうな。。。

kinpukutei1_1.jpg

kinpukutei5.jpg

本日のランチをいただきました。

kinpukutei2_1.jpg

サラダ。

kinpukutei3.jpg

たしか大根のポタージュ。

kinpukutei4.jpg

パン2種。

メインのスープスパ。

kinpukutei7.jpg

kinpukutei8.jpg

わたしたちは1階でいただいたのですが、
2階もあったようです。

お値段は忘れちゃったのですが、
1000円以下でリーズナブルでした。



■旬彩工房  La Kinpukutei
八女市本町178
TEL:0943-24-1177


posted by 理乃 at 01:19| Comment(2) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

福島八幡宮

八女市に行きました。
白壁の町並みを撮影し、
突き当たりにある福島八幡宮に立ち寄りました。

fukushimahachimangu1.jpg

ここは福島燈籠人形で有名です。
でも一度も見る機会がないんです…。

fukushimahachimangu3_1.jpg
(※クリックすると大きくなります)

fukushimahachimangu2.jpg

散り敷く落ち葉がきれい。

fukushimahachimangu4_1.jpg

次回はもうお分かりかな?
posted by 理乃 at 01:43| Comment(4) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

プーさんのいちご園のもぎたて「紅ほっぺ」

いちごが出回っています。
今年、最もおススメなのは「紅ほっぺ」。

bebihoppe2.jpg

ほっぺが落ちるくらい美味しくて、
鮮やかな赤い実をしているのがネーミングの由来。

静岡県農業試験場が9年かけて開発した新種。
パパはこくと酸味のバランスが取れた「さちのか」。
ママは高糖度と大玉果が特徴の「章(あき)姫」。

スーパーでも見かけますが、
一番美味しいのはいちご狩りで
生っているのをもぎ取って食べたときハートたち(複数ハート)
しっかりした果肉にびっくり!
もうパック入りは食べたくない?

どこへ行けばいいの?
はい。

八女のべんがら村の横にある
「プーさんのいちご園」では紅ほっぺのいちご狩りができます。
いつも獲れるとは限らないので
お電話して行ってみてくださいね。

●プーさんのいちご園
TEL0943(30)1169
八女市馬場600−3

 ★食べ放題料金(30分)
 3月
 大人(中学生以上)1300円
 子ども(4歳以上) 800円

 ★持ち帰り料金
 入場料 大人200円 子ども100円
 3月・4月 100gあたり 150円〜200円

PR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マスキングテープのサイズにぴったりのテープカッター





ラベル:紅ほっぺ
posted by 理乃 at 10:38| Comment(4) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

福岡県八女市上陽町「茶彩館 陽の幸」…フレッシュなブルーベリージャム

今年10月1日に八女市と合併して八女郡上陽町から八女市上陽町になった上陽町。

この町は石橋の町で、古い石橋が川に架かる景色がすてきです。
寄口橋という橋のたもとに「ほたると石橋の館」という施設があり、その一角の「茶彩館 陽の幸」では特産物を売っています。
そこでブルーベリージャムを買いました。

jyoyo1.jpg
大好きな寄口橋です。

上陽町にはブルーベリー畑があり、その農園でつくられたものらしく、お砂糖控えめで、生のフルーツに近いフレッシュな美味しさ!
毎日目を酷使しているエルザにはブルーベリーに含まれるアントシアニンはとっても大事。

jyoyo2.jpg
たっぷり塗って、今朝のブレックファーストです。


■茶彩館 陽の幸
福岡県八女市上陽町北川内589-2
TEL:0943-54-2150
ラベル:ジャム
posted by 理乃 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする