2018年05月26日

早良区賀茂 賀茂神社

早良区賀茂の賀茂神社当社は京都賀茂神社の分霊社として
創設されました。

DSC_0277 - コピー.JPG

建立年は定かではありませんが、
境内から平安時代の瓦が出土したことから古いものと思われます。

DSC_0275_1 - コピー.JPG

昔から白い斑点が出病気の平癒祈願の神様として
遠近から参拝者が多いということ。
境内にある「兎の里」は地名碑。

DSC_0283 - コピー.JPG

昔、免の地は早良六郷の能解郷に属していましたが、
明治22年町村制施行によって早良郡田隈村大字免と改められました。
人情こまやか 勤勉・誠実 郷土を愛した兎の人々は
営々と稲麦作中心の農耕生産にいそしんで来ました。
明治年から昭和初期にかけては養蚕業が盛んに行われていたそう。

DSC_0285 - コピー.JPG

DSC_0287 - コピー.JPG

posted by 理乃 at 16:42| Comment(0) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

イタレリ屋ツクセリ屋

おととい母の病院付き添いのあとのご褒美でイタリアンへ行きました。
「イタレリ屋ツクセリ屋」。

DSC_3746 - コピー.JPG

細い小路にいろんなお店があります。
イチオシの冷製パスタをいただきました。

DSC_3733 - コピー.JPG

今年冷製パスタを食べる機会がなかったのでラッキー。
「海の幸の冷たいスパゲティー」ランチです。

DSC_3740 - コピー.JPG

トビ子のほか雲丹、イカ、貝、海老などを細かくカットして入れているので食べやすい。
あっさりした和風の味付けで、スルスル入って、とっても美味しかったです。

DSC_3745 - コピー.JPG

お店はカジュアルで経年の味が出て、とても落ち着きます。
お隣さんがオーダーした桃の冷製スパゲティが気になりました。
桃がドーンと上に載っかってて。

◆イタレリ屋ツクセリ屋
福岡市早良区祖原14-5 フェローコーポ祖原1F
※地下鉄西新駅から徒歩5分
posted by 理乃 at 11:37| Comment(0) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

飯場大山祇神社の飯場神楽

土地の人しかなかなか行けないような山里の神社。
そこで大好きな神楽を見る機会に恵まれました。
曲渕ダム近くの飯場大山祇(おおやまづみ)神社の飯場神楽。
神供(じんぐう)から岩戸神楽まで10の演目が演じられました。
深い霧に沈む山里。

DSC05104.JPG

美しい清流に架かる小さな橋を渡ると苔むした石の鳥居がありました。

DSC05099.JPG

DSC05070.JPG

DSC05002.JPG

杉木立を泳ぐ霧がとても神秘的。
そこで一時は途絶えながらも守られてきた神楽。
美しい衣装と優美な動き。
ときにユーモラスで笑いを誘い、
神話を語る神楽。

DSC05053.JPG

山の精霊たちが見守っていたような日でした。

DSC05016.JPG
posted by 理乃 at 22:03| Comment(5) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

西南大学の元寇防塁跡

Ce sont les ruines médiévales de l'Université Seinan à Fukuoka.
Les japonais ont fait ce rempart en vue de l'invasion de l'armée chinoise au 13ème siècle.
Ce rempart a été suivie par 20 km il ya longtemps.

西南元寇1_1.jpg

今日は用があって西南大学へ。
と、こんなものが目に入りました。

西南元寇4_1.jpg

用事の最中も、
帰りには、あの中世の遺物の間を通り抜けようと企んでました(笑)

西南元寇2_1.jpg

雨に打たれる元寇防塁跡。
古いものの醸し出す匂いが満ちてくる…。

西南元寇3_1.jpg

かつて、この防塁は20キロメートルも続いていたといいます。
それほど元は驚異だったのですね。
posted by 理乃 at 17:18| Comment(0) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

西新リヤカー部隊

昨年の暮れ、
久しぶりに西新に行きました。
帰りにリヤカー部隊のおばちゃんから
ぎんなんを買いました。

家に帰って煎ってみれば
とても色がきれい。

ginnan1.jpg

ginnan2.jpg

昨日、通りすぎた大牟田の商店街は淋しかったけど、
西新はにぎやか。
福岡のあちこちにある商店街の活気はさまざま。
商店街に活気があれば
街は元気に見えます。
日本中どこに行っても同じ顔で存在する量販店よりも
小さな商店街と
そこにいる人々に魅力を感じるわたしです。
今年もいろんな商店街に行けるといいなあ、と思ってますが、
さてどうなることやら…。
posted by 理乃 at 23:06| Comment(2) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

西新の蜂楽饅頭

仕事で久しぶりに西新を訪れましたので、
蜂楽饅頭を買いに行きました。

horakumanjyu1.jpg

ふと、奥を見るとイートインスペースを発見!
お昼は蜂楽饅頭1個にしようと寄ってみました。
とても混んでいます。
表で札を購入して中で渡します。
するとお皿に1個のった蜂楽饅頭が出てきました。

horakumanjyu2.jpg

美味しい〜!
やっぱり蜂楽饅頭は回転饅頭の最高峰!
ちなみにわたしは断然白あん派!

でも周りを見ると、かき氷を食べている方が多かったの。
これは次は食べてみなくちゃね。

なぜ、蜂楽饅頭がこんなに美味しいか、
ちょっと調べました。

それは昔ながらの手作りだから。
黒あんは小豆、白あんは大手亡豆から作ります。
どちらも、北海道十勝地方産の豆です。
また名前の由来どおり、国産純粋蜂蜜を使用しています。
もともと蜂楽饅頭の会社は養蜂業を営んでいたのです。
だから蜂蜜をぜいたくに使えるんですね。

わたしはこの西新が発祥の地と思っていたのですが、
そうではなく、本社は水俣市にあるんです。
昭和28年創業とのこと。
養蜂業を営んでいた先々代社長が何か蜂蜜を使った商品はないかと考え、
蜂楽饅頭を考案したそうです。
今では熊本、福岡、宮崎、鹿児島にお店があります。

1個の蜂楽饅頭の中には栄養がいっぱい。
豆にはミネラルが豊富に含まれています。
疲れを解消するビタミンB1、
代謝を活発にするビタミンB2、
ほかにカルシウム、鉄、食物繊維など。

順番待ちしながら焼き上がりを待って、
焼き台で作業するおばさまたちの手元をずっと見ていた経験をした方、
きっと多いですよね。
あたりに立ちこめるいいにおいに、誘われます。

■蜂楽饅頭 福岡西新本店
福岡市早良区西新4-9-18-1
TEL:092-822-5599




---PR----------------------------------------
かわいいなんかいいな。このキッチンペーパーホルダー。

posted by 理乃 at 00:36| Comment(2) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

「野芥櫛田神社」

早良区野芥(のけ)方面に行きました。
「野芥櫛田神社」の前を通りかかると、
なにやら由緒ありげなので入ってみることにしました。

nokekushida3.jpg

nokekushida4.jpg

苔の生えた手水舎(ちょうずや)

nokekushida1.jpg

野芥櫛田神社は野芥地区の氏神様。

景行天皇(12代天皇 在位71年〜130年)が、この地方の強賊を征伐するために
大若子命を遣わしたことがこの神社の由来となっているようです。
大若子命は祭神の一人となっています。
のちの天慶2年(939)に再建され、早良六郷の郷社として鎮座しているとのこと。

古代、大和朝廷に反逆する勢力は九州に多く、
古代の天下統一ということで、
さまざまな争いがあったのでしょう。

歴史の真実は分かりませんが、
ここは古代の記憶を残す場所に違いありません。

nokekushida2.jpg

境内には恵比寿神社もあります。
毎年1月に行われる「十日恵比寿」は人でにぎわうのだとか。

nokekushida5.jpg

稲荷大明神も祀ってあります。

nokekushida8.jpg

社日(しゃにち)っていったいなに?
好奇心に駆られて、
恵比寿神社右手の階段から誰もいない山の中に入っていきます。

nokekushida10.jpg

心配することはなく、
間もなく社日社は現れました。

nokekushida5.jpg

Wikipediaによれば、社日は雑節の一つで、産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日。
社日は古代中国に由来し、「社」とは土地の守護神、土の神を意味するそうです。

社日には産土神に参拝し、春には五穀の種を供えて豊作を祈願、
秋にはその年の収獲に感謝するということ。

産土神ということですから、ここがもっとも古い土地の記憶を残しているのかもしれません。
神社境内の中でも最も高い位置にありますし、
背後の小高く盛られた土も気になります。

下へ戻ると、蚊の猛攻撃に遭っていたことに気づきました…。
カユイ〜!
(半そで、スカートで夏の山中に入ってはいけません…ふらふら

◎車は神社の鳥居の右手に急な坂があるので、
そこを登ると駐車スペースがあります。

---PR----------------------------------------
かわいい指輪の形をしたキュートなドアストッパー!
posted by 理乃 at 13:34| Comment(5) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

小笠木峠のお蕎麦屋さん「大虚空」

那珂川町から油山の南側を通って早良区へ抜けていく道を
たまに通ることがあります。

sawara.jpg

早良区には空から見ると、
まるで畳を敷き詰めたような
整然と区画整理された田んぼが並んでいます。
(※グーグルの地図=航空写真を見てみましょう)
その間の道を通ると、田植えをしているところもありました。
そう。田植えのシーズンなんですね。

さて、油山の南側の通りですが、
ここは早良区と那珂川町を行き来する車が多くて、
みんなけっこう飛ばします。
そんな道の途中に「そば」の看板を見ていたので、
いつか行ってみようと思っていたのがチャンス到来。

途中、小笠木峠に「牧場のソフト」があるので、
那珂川町方面から行くならば、
「牧場のソフト」のすぐ先の道を左折します。

田んぼの中の道をまっすぐ行って、
突き当たりを左折。
道沿いは民家と田んぼ。
進んで行くと、これで大丈夫〜?という気持ちになりますが、
そのまま道なりに進みましょう。

すると到着。
「大虚空(だいこくう)」です。
前は民家だったのでしょうね。

daikoku5.jpg

お店の脇には川が流れています。

daikoku3.jpg

中はこんな感じ。

daikoku4.JPG

今回は大根そば(1000円)を注文。

daikoku1.jpg
まず意外にも前菜が出てきました。
みずみずしい品々です。

daikoku2.jpg

おそばは千切り大根と鰹節がついてきました。
写真には写っていない器におそば、
その上に千切り大根と鰹節を載せていただきました。
おろしじゃなくて、千切りってところが変わっています。

自然の中でいただく
あっさりヘルシーなおそばでした。
そばつゆはgooですよ。

■蕎麦・鯖の寿し 大虚空
福岡市早良区小笠木137-1
TEL:092-577-5387
11:30-17:00
水曜休み

---PR----------------------------------------
かわいい朝起きて、その日のお天気がすぐ分かる便利な電波時計です。
ラベル:そば
posted by 理乃 at 22:13| Comment(5) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

西新の元寇防塁跡

西新を訪れましたので、元寇防塁跡の写真を撮ってきました。

genko3.jpg

genko1.jpg
(※クリックすると大きくなります)

genko2.jpg

元寇防塁とは鎌倉時代、蒙古襲来に備えて博多湾沿岸一帯に築かれた石塁のことです。

防塁の高さは平均2.5〜3メートルだったということ。
総延長は、福岡市西区今津から福岡市東区香椎までの約20キロメートルに及びました。
この西南大学そばの防塁は中間あたりになります。

1回目の蒙古襲来、文永の役(1274)では元軍がこのあたりに上陸。
祖原、鳥飼、赤坂一帯は戦場となりました。
これを受けて鎌倉幕府は、建治2年に(1276)年に防塁を築いて備えることにしたのです。

弘安4年(1281)の2回目の蒙古襲来では蒙古軍は上陸しておらず、
防塁は大きな役割を果たしたと思われます。

この西新元寇防塁は大正9年に発掘され、
昭和44年の本格的発掘調査後、見学できる整備が整いました。

かつてはこの辺が海岸でしたが、
今はこの北側が埋立てられ、百道浜となっています。

genko4.jpg
(※クリックすると大きくなります)

■西新元寇防塁跡:福岡市早良区西新7


---PR----------------------------------------
かわいい 表情豊かなカトラリーボックスです。
カフェっぽく、ナイフやフォークはこれに入れて…。
  ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkaedesou%2Fsy61024-02%2F
ラベル:元寇
posted by 理乃 at 01:04| Comment(2) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

西南会館食堂

大学の学食って、
行くと楽しい。
最近の学生の雰囲気がつかめます。

わたしが学生のときとは随分違います。
みんな小奇麗。
わたしが通った大学の学食は地下にあり、
大きかったなあ。
二部もあったので、遅くまで開いていました。
味はほかの大学と食べ比べたけど、
美味しかった。

さて、たいていの学食って、
一般人も入れたりします。

たまたま西南学院大学の近くで仕事をしたので、
最寄りのこの食堂にお邪魔しました。
こちらは生協が運営しています。

急いでいたので軽く麺類を食べることに。
麺類は2階にあります。
ちなみに1階は定食など。
麺類コーナーへ行き、
わかめうどんを注文。
トレーにのせて代金を支払います。
なんと170円。
レシートにはカロリーまで書いてあります。
306kcalでした。

seinan.jpg

好きな場所に座っていただきます。
お味はそこそこ。
器もなんとなくかわいい。

小さな子どもを連れたママたちのグループが目立ったのは
幼稚園が近くにあるから?

西南学院大学にはもう1つ、
西南クロスプラザ(2004年9月完成)にも学食があるようです。
こちらはまだ未体験。
機会あれば行ってみようと思います。

■西南学院大学
福岡市早良区西新6-2-92 


----PR------------------------
かわいい これはかわいい!ティファールの電気ケトル
    ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.rakuten.co.jp%2Fkanayama%2F483011%2F849397%2F

posted by 理乃 at 12:18| Comment(0) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

福岡市早良区「le Mas de Provence」第2弾

福岡のプロヴァンス、
百道の「le Mas de Provence(ル・マ・ド・プロヴァンス)」(2007年3月11日でご紹介)にまた行っちゃいました〜。

はい。「シトロン・ソレイユ」です。
lemas2.jpg


今回は南仏のパン「フガス」があったので購入。

lema1.jpg
「フガス」180円

生地にハーブを練りこみ、黒オリーブとハムが入った木の葉型のパン。
美味しいです〜。

さらに気になっていたオリジナルのコンフィチュール(ジャム)も買ってみました。
いろんな種類があって、どれにしようか悩んじゃうんですが、
新作の「長崎諫早産温州みかんのジャム」にしました。

lemas3.jpg
「長崎諫早産温州みかんのジャム」460円

オリジナルのラベルもかわいいし、
味はもちろん美味しいです。
フランスのマルシェで手に入れたように甘くて濃厚で、
太陽の香りまでも詰めこんだみたい。
温州みかんの皮も入っています。

◎アクセス:藤崎バスターミナルを正面にして左手の「早良口」交差点を北へ。少し行くと左手に見えてきます。
いかにもプロヴァンスっていう黄色と緑の建物です。

■le Mas de Provence
福岡市早良区百道2-13-1
TEL:092-852-7358

posted by 理乃 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

福岡市早良区「le Mas de Provence 」…絶品レモンクリーム入りパン

引き続きパン屋さん情報です。
絶品パンと出合っちゃったので!

百道(ももち)にある「le Mas de Provence(ル・マ・ド・プロヴァンス)」というお店です。

プロヴァンスに住んでいたという女性パティシエが作るだけあって、南仏の薫り漂うケーキとパンが並んでます。

出合ってしまった絶品パンは「シトロン・ソレイユ」180円!

lemas.jpg
(ごめんなさい。
即、いただいてしまったので、よい写真がありません。
そのうち再撮しまーす。)

な、なんて美味しいの〜!
レモンをイメージしたパンは形もレモンみたい!
皮にレモンを擦り入れてあって、
中には甘酸っぱ〜いレモンクリームが入っています。
うー、酸っぱくて美味しい。
幸せ〜!
南仏に行けなくても、南仏気分が味わえちゃう。

調理パンがまたフランスっぽくて美味しいんです!

本格的な南仏のケーキとパンが食べたくなったら、ぜひどうぞ。

◎アクセス:藤崎バスターミナルを正面にして左手の「早良口」交差点を北へ。少し行くと左手に見えてきます。

■le Mas de Provence
福岡市早良区百道2-13-1
TEL:092-852-7358

posted by 理乃 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市早良区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする