2016年06月08日

梅酒

今年もなんとか作れました。
夕方スーパーと酒屋に駆け込み、
でも青梅は売り切れ(ノ゚ο゚)ノ
別のスーパーで買いました。
作りながら、去年の梅酒に浮かんでいた梅を食べたりするものだから、
ぽうっとしています。
あー、また三か月後が楽しみです。
作ったその日はオブジェのよう。
色がとてもきれいです。

DSC_0566 - コピー.JPG

★梅酒レシピ

・材料:青梅 1kg
    氷砂糖 1kg
    ホワイトリカー 1.8g

・作り方
@青梅をきれいに洗ってざるに取り、水気を切ってふく。
 つまようじでヘタを取る。
Aつまようじで青梅にプツプツ10カ所くらい刺して穴を開ける。
 (梅のエキスを出しやすくするため)
B保存瓶に氷砂糖と梅を交互に入れていく。
Cホワイトリカーを注ぎ、青梅が完全に浸かるようにする。
D蓋をして常温の暗所に置く。
 ときどき瓶を揺すって、氷砂糖が沈んだままにならないようにする。
 3カ月後くらいから飲める。1年置くとさらに美味しい。
 梅も3カ月後くらいから食べられる。
posted by 理乃 at 21:33| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

バーニャカウダ

年始にバーニャカウダを作ってみました。

DSC_1147-2-2.jpg

ちょっと変わった野菜の食べ方。
盛り付けを工夫するのも面白いです。
そしておいしい。

・材料(4人分)
すりおろしにんにく 小さじ1
アンチョビ 4枚(スーパーで売ってる缶詰)
生クリーム 100ml
オリーブオイル 30ml
お好みの野菜 適量(セロリ レッドキャベツ ブロッコリー ニンジン カボチャ ※必要なものはゆがいておく ソースにつけやすい形にカット)
バーニャカウダポット
ろうそく

@アンチョビをスプーンなどでつぶして、できるだけ細かくする。
A@ににんにく、生クリームを加え、レンジで約1分チンする。
BAにオリーブオイルを加え、よくかき混ぜレンジで20秒チン。
Cできた温かいソースをバーニャカウダソースをポットに入れ、
キャンドルに火をつけ、焦がさないように混ぜながら、
野菜にソースをつけいただく。
posted by 理乃 at 12:05| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

みっちゃんレシピ〜昆布巻

鹿児島生まれのみっちゃん伝授の昆布巻レシピです。

・材料
 釧路さおまえ野菜昆布新物(大丸で購入するらしい)
 さば 2匹(大き目 三枚におろしてもらう)
 しょうが 一かけ
 長ネギ
 酒
 醤油
 みりん

@野菜昆布を水に戻す。
A@がやわらかくなったら、水でぬめりを取る。
Bさばを1p幅くらいに切る。
C切ったさばを昆布で3回転ほど巻いて、昆布を切る。
DCを布団張りを使ってタコ糸で6つほどつないでいく。最初と最後は結び目を作る。
Eなべに長ネギの白い部分とスライスしたしょうがを敷く。
その上に糸でつないだ昆布巻きを置いて煮る。
Fやわらかくなったら酒、醤油、みりんで味を付け、
もうしばらく煮込む。
posted by 理乃 at 22:15| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

梅酒

梅酒を作りました。
作ったその日は色がとてもきれいで、
ちょっと眺めていたいほど。

DSC08294.JPG

★梅酒レシピ

・材料:青くてかたい梅 ※1kg
    氷砂糖 1kg
    ホワイトリカー 1.8g

・作り方
@青梅をきれいに洗ってざるに取り、水気を切ってふく。
 竹串でヘタを取る。
A竹串で青梅に7カ所くらい刺して穴を開ける。
 (梅のエキスを出しやすくするため)
B保存瓶に氷砂糖と梅を交互に入れていく。
Cホワイトリカーを注ぎ、青梅が完全に浸かるようにする。
D蓋をして常温の暗所に置く。
 ときどき瓶を揺すって、氷砂糖が沈んだままにならないようにする。
 3ヶ月後くらいから飲める。1年置くとさらに美味しい。
 青梅は1年後に取り出す。
posted by 理乃 at 16:32| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

2015 梅の甘露煮

気分は塞ぎ、体調も悪くなる梅雨時。。。
この季節、梅の甘露煮はからだと心を元気付けるのにグッド。
何よりたまらない美味しさ。。。
雨が降るからと閉じ籠もるより、
少しでも外に出た方がリフレッシュできるみたいです。

DSC08274 - コピー - コピー.JPG

★梅の甘露煮レシピ

材料:梅とお砂糖のみ。お砂糖は梅より少し少なめくらい。

@梅を洗い竹串でへたを取り除く。
ついでに梅全体にプツプツと、穴を開ける。
1個につき7〜10カ所。

A鍋に梅を入れ、梅がひたひたになるくらいに水を入れて
弱火で50度くらいになるまで温めたら水を取り換え、
これを2回繰り返す。

Bまた水を入れ、お砂糖を3段階くらいに分けて入れ、
あくが浮いたら取る。
最初だけ中火くらいで。
決して沸騰させない。
あとはずっと弱火。
強火にすると梅の皮が破けてしまうので、
弱火ということだけ注意すればきれいにできる。

甘露煮を食べたあとのシロップは捨てません。
炭酸水を加え、氷を浮かせれば、さっぱりした梅ジュースになります。
夏ならでの健康ドリンク。
中に甘露煮を1個浮かべて、お客様にお出ししてもいいです。
posted by 理乃 at 15:23| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

お別れにスノーボール

雪玉というネーミングも
ほろほろさくさくの食感も大好きなスノーボール。
だれでも失敗することなく簡単に作れるスイーツです。

201502スノーボール_1_1.jpg

では作り方を。

◆スノーボールレシピ

・材料(20個分)

アーモンドプードル 2袋(約50グラム)
無塩バター 70グラム
薄力粉 80g
砂糖 大3
トッピング用粉砂糖 50gほど

・作り方

@バターをチンして溶かしておく。
A薄力粉をふるう。
B大きめのボールにバターを入れ泡だて器で軽く混ぜる。
そこに砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜる。
CBにアーモンドプードルを加えて混ぜる。
DCに薄力粉を加え、混ぜる。生地を1つか2つ丸める。
E生地を20分寝かせる。その後小さく丸めて20個にする。
Fオーブンを170度に温める。
G天板にクッキングシートを敷き、生地を25分焼く。
 ※焼き過ぎに注意。25分焼くと固くなる場合があるので焼き加減を常にチェック!
H醒めたら粉砂糖をまぶす。
小さなカップに粉砂糖を入れ、その中で転がすとたっぷりまぶせる。

201502スノーボール2_1.jpg
posted by 理乃 at 15:08| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

牛肉と大根のゴマ味噌煮

大根があるけど、どうしようというときのお勧めレシピ。

絵はあんまりよくないのでカットです。

・材料

牛バラスライス 300g
大根 1/2本

調味料
 料理酒 大3
 みりん 大1
 砂糖 大1/2
 醤油 大1
 すりごま 大2+α
 味噌 大1
 サラダ油 大1

ネギ

・作り方

@大根を縦に4分割して、乱切りにする。
Aフライパンにサラダ油を敷き大根を炒める。
油が回ったら水1/2カップを加えて蓋をして、弱火で15分ほど蒸し焼きする。
B大根がやわらかくなったら牛肉を加えて炒める。
C牛肉に火が通ったら水大3と調味料を加え約3分煮る。
D煮詰まったら、すりごまを加える。
E盛り付けるときに上からネギの小口切りを散らす。
posted by 理乃 at 16:15| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

心蕩かす大人のチョコ「グラン・マルニエ・トリュフ」

Happy Valentaine's Day!

ヴァレンタインデーにわたしがよく作るトリュフ。
今年も作ったのでレシピをご紹介します。

20150214varentaine_1_1.jpg

グラン・マルニエというフランスのリキュールを入れるので
食べたら車の運転はできません。
お酒が弱い人なら一粒でクラクラきてしまうかも。。。
心蕩かす大人のチョコです。

◆グラン・マルニエ・トリュフのレシピ

・材料(約18個分)
  板チョコ5個(※市販の板チョコでいい。今回はロッテの板チョコ)
  生クリーム 1/2カップ
  グラン・マルニエ50cc
  ココア(ヴァンホーテン)適宜

・作り方
  @板チョコをできるだけ小さく割っておく。(この作業があるため、できるだけ薄いチョコが楽)
  A生クリームを火にかけて、一度沸騰させてボールに移す。
  BAに@を入れる。チョコがとけてなめらかになるまで泡だて器で混ぜる。室温が低く、なかなか
   とけないときは、ボールを湯煎にかけるといい。
  C粗熱が取れたらグラン・マルニエを入れる。
  Dこれをスプーンなどですくって、ひらたいお皿やパッドの上に18個程度に分けて置く。
  EDを冷蔵庫に入れて少し固める。
  FEが手で丸められるくらいの固さになったら、手のひらにココアをつけて丸めて、再び冷蔵庫で
   冷やす。※慌てると手がべちょべちょになるので、固まるのを待つこと! 
  Eチョコがある程度固まったら、茶こしにココアを入れて、コロコロ転がしながら、まんべんなく
   まぶせば、できあがり。
posted by 理乃 at 14:22| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

連子鯛の手鞠寿司

忙しすぎる年末。
夕ごはんに連子鯛の手鞠寿司を作ってみました。
庭から葉蘭を取ってきて下に敷きました。
葉蘭ってお手入れなんてしなくったって、
一年中、こんなに濃い緑を保っているの。

ひさしぶりに作った手鞠寿司。
ニューカレドニアで一番作った手鞠寿司。
ニューカレドニアでは連子鯛は手に入らなかったけど、
天使のエビで作りましたよ。

さあ、忙しくて息切れしそうですが、まだまだやることが。。。
でも、たぶん、もう沈没かな。。。

レンコダイ手鞠寿司.jpg
posted by 理乃 at 19:43| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

レンコンのバルサミコ風味ソテー

お隣さんからレンコンをいただきました。
ちょっと変わった調理法で料理してみましたよ。
バルサミコ風味ソテーです。
なにしろ新鮮でホクホクしたレンコン、美味しいです。

レンコンのバルサミコ風味ソテー_1_1.jpg

・材料
レンコン一節
オリーブオイル
塩 少々
黒胡椒
小麦粉
バルサミコ酢 大さじ1程度

・レシピ
レンコンをスライスし、塩、黒胡椒、小麦粉を振りかける。
フライパンにオリーブオイルを敷き、レンコンを炒める。
レンコンに火が通ったら、バルサミコ酢を振りかける。
posted by 理乃 at 16:41| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

パーティーに「薔薇のアップルパイ」はいかが?

クリスマスパーティーのために作った「薔薇のアップルパイ」のレシピです。

20141223パーティー_1_1.jpg

難しそうに見えるけど、そうでもない。
デコレーションが楽しくなる簡単アップルパイです。

●材料
・市販の冷凍パイシート 2枚
・りんご 1個半
・グラニュー糖 大さじ1〜2
・バター 15g
・シナモン 適量
・粉砂糖

●作り方
・パイシートを解凍する。(やわらかくなりすぎないように)
・りんごを皮のまま、三日月形に薄くスライスする。写真くらいの薄さに。厚いと仕上がりがやぼったくなる。
・耐熱皿にスライスしたりんご、バター、グラニュー糖、シナモンを入れ、5分ほどチンする。粗熱を取ったら水切りで水分を切る。
・オーブンを200度に設定し、予熱する。
・適度に解凍したパイシートを半分にカットし、12cm☓30cmくらいに伸ばす。
それを4つにカットして2cm☓30cmの細長いひも状にする。
・4本のひも状の一番上のひも状の生地に半月状にスライスしたりんごを横に青海波の模様のように、後尾に次のスライスりんごを重ねながら6枚くらい置く。頭と尾の部分は1cmくらいスペースをあけておく。
・左端からそのままくるくる巻いていく。隙間があかないように、りんごがはがれないように注意して。巻き終わりをとめて、上から見たはなびらの形を整えて出来上がり。残りの3本も同じように。残りのシートも同じように。
・200度のオーブンで15分から20分ほど焼く。
・デコレーションはご自由に。
お皿に並べて、上から茶こしに入れた粉砂糖を雪のように散らしてもいいし、本当の薔薇の花びらをちぎって、周りに飾ってもいい。

※伝わりにくいところは、完成した写真を見て想像してください〜。写真はアラザンも散らしてます。パイシートがやわらかくなりすぎると、巻くのが難しいので、適度な解凍に注意しさえすれば失敗なし。
posted by 理乃 at 11:38| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

蕪と柿の甘酢漬け

柿が大好き。
今の季節、毎日1個食べてます(笑)
だから安くて新鮮で美味しくて、朝倉のじゃないとやだ。
そんなわたしの無理な願いを叶えてくれるのが「太宰府の里」。
今日は8個350円で入手。

201412蕪と柿の甘酢漬け2_1.jpg

同じく「太宰府の里」で買ってきた蕪と合わせて
蕪と柿の甘酢漬けを作って、こちらも楽しんでます。

201412蕪と柿の甘酢漬け_1.jpg

★蕪と柿の甘酢漬けレシピ

1 蕪を切って、塩をします。
しばらく置いて水分が出てきたら水気を絞ります。
塩分が残らないよう注意して。

2 柿も同じくスライスして、蕪と混ぜます。

3 酢と砂糖を混ぜて2に振りかけたら、
味を見ながら塩を入れ、混ぜたら出来上がり!

◎材料
蕪 2個
柿 1個
酢 150t
砂糖 100g(お好みで調節)
塩 少々

※材料の量が違う場合、
調味料の砂糖を酢の3分の2にすればOK。
posted by 理乃 at 15:24| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

簡単レシピ 「白菜とミンチの炒めもの」

白菜は今が旬。
みずみずしい白菜を「太宰府の里」で見かけたので買ってきました。
白菜で何をつくりましょう?
今回は豚ミンチと炒めてみました。
これは美味しい。
もちろん簡単レシピ。

白菜と豚ミンチの炒めもの_1_1.jpg

◆白菜とミンチの炒めものレシピ

・材料
 豚ミンチ 300グラム
 白菜 1/2個
 しょうが(小さくカット) 1片
 タカノツメ(小口切り) 1本
 ごま油 大さじ1
 鶏ガラスープの素 お湯1カップ+鶏ガラスープ小さじ1
 醤油 大さじ1
 料理酒 おおさじ1 
 水溶き片栗粉 水大さじ1+片栗粉小さじ2
 ※味が濃い方がよい方は醤油、鶏ガラスープの素は適当に増やす 

・下ごしらえ
 白菜は葉と白い部分に分ける。葉は3cm角、白い部分は1,5cm幅にカット

@フライパンにごま油を熱し、ミンチを入れて中火で炒める。
 ミンチがほぐれたら、タカノツメ、白菜の白い部分、葉の順に加えて炒める。
A@にしょうがと鶏ガラスープを加える。
 煮立ってきたらアクを取り、醤油、料理酒を加えて約5分煮る。
B水溶き片栗粉を加え、とろみがつけば出来上がり。
posted by 理乃 at 21:40| Comment(2) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

梅の甘露煮

去年も一昨年も作ることができなかった梅の甘露煮。
今年はできました。

2014梅の甘露煮2_1.jpg

一つひとつ梅のへたを取って、表面にぶつぶつ穴を開ける作業はちょっと面倒だけど
でも、出来上がると満足。
おすそ分けもしたくなっちゃう。

2014梅の甘露煮_1_1.jpg

ではレシピも載っけておきましょう。

★梅の甘露煮レシピ

材料:梅とお砂糖のみ。お砂糖は梅より少し少なめくらい。

@梅を洗いへたを取り除く。
ついでに梅全体にプツプツと、穴を開ける。
今年はこの作業はフォークでやりました。

A鍋に梅を入れ、梅がひたひたになるくらいに水を入れて
弱火で50度くらいになるまで温めたら水を取り換え、
これを2回繰り返す。

Bまた水を入れ、お砂糖を3段階くらいに分けて入れ、
あくが浮いたら取る。
最初だけ中火くらいで。
でも決して沸騰させないで!
あとはずっと弱火。
強火にすると梅の皮が破けてしまうので、
弱火ということだけ注意すればきれいにできる。

甘露煮を食べたあとのシロップは捨てません。
炭酸水を加え、氷を浮かせれば、さっぱりした梅ジュースになります。
夏ならでの健康ドリンク。
中に甘露煮を1個浮かべて、お客様にお出ししてもいいですよ。
posted by 理乃 at 21:37| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

にんじん蒸しパン

C'est le pain.
J'ai fait ce pain par la marmite à vapeur.

蒸しパンは、むちゃくちゃ美味しいものではないけど、ヘルシー。

お昼ごはん用に朝20分もあれば作れちゃう蒸しパン。
蒸しパンの素にラムレーズンを入れて、
上にプルーンを載っけただけ。
でも今日は生地を水で溶かずに
九州産にんじんジュースで溶いてみた。
これがグレードアップだったねえ!
イケちゃう蒸しパンになっちゃったよ。

蒸しパン_1.jpg
posted by 理乃 at 21:14| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

冬の飲み物 はちみつレモン

風邪の予防のためにもビタミンCはたっぷり取りたいもの。
からだをあたためるためにホットな飲み物が飲みたい。
っていうわけで、理想的な冬の飲み物の一つがはちみつレモンではないかしら。

お正月、親戚から、
自宅で採れたレモンで作ったはちみつレモンをもらいました。
レモンの輪切りも平気で食べられるわたし。
このままお湯を足したり、紅茶に入れたり、
レモンの輪切りは多めに食べてます。
ニューカレドニアとは30度の温度差という厳しい気候の変化にかかわらず、
風邪はなんとか阻止してます(笑)

蜂蜜レモン1_1.jpg

蜂蜜レモン2_1.jpg

あ、レシピは簡単。
無農薬のレモンを産直とかで探してきて、
輪切りにして蜂蜜をかけるだけ(⌒-⌒)

風邪抜きの冬を…。
posted by 理乃 at 10:10| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

プルーンのワイン漬け

帰国して毎日のように食べているもの…。
それはプルーンのワイン漬け。

プルーンはおなかの調子を整えます。
転地して調子を崩すはずのおなかは
これで大丈夫みたい。

レシピはただ乾燥プルーンにワインをたっぷり注ぐだけ。
1週間くらいあとからが食べごろ。
乾燥してちいさくなっていたプルーンが
元の大きさくらいにぷぅーっとふくらみます。
ワインをたっぷり含んでいるので
いただくのは帰宅してからがいいでしょう。

プルーンのワイン漬け_1.jpg
posted by 理乃 at 19:32| Comment(2) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

チキンハンバーグ

我が家のチキンハンバーグ。
ヘルシーだから、ハンバーグはチキンで。
ハンバーグは家庭料理の定番ですが、
それぞれの家庭でレシピも微妙に違うものですよね(⌒-⌒)

◆チキンハンバーグ レシピ

◎材料

 チキンのミンチ 300g
 味噌 小さじ1
 卵 1個
 玉ねぎ 1個みじん切り 
 ミルク 大さじ1
 小麦粉 大さじ1
 しょうが 一かけ みじん切り
 パン粉 大さじ7
 醤油 少々 
 塩コショウ 少々
 
◎作り方

 上記をよく混ぜて、こねる。
 適当な大きさに分け、小判型に形を整える。
 真ん中を少し凹ませて、
 最初、強火で焦げ目をつけ、
 あとは弱火でじっくり焼きあげる。
 お好みでケチャップやソースをかけて召し上がれ。

チキンハンバーグ_1.jpg


posted by 理乃 at 14:22| Comment(2) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

黒豆の作り方

大晦日恒例の黒豆作り。

今年はわたし流の作り方をメモしておきます。

◆黒豆レシピ

【材料】
丹波の黒豆(サイズは3L)400g
砂糖 カップ2杯+α
醤油 少々
塩 小さじ1杯
重曹 小さじ2杯
湯 10カップ
鉄玉君

【作り方】
@黒豆を洗い、お湯を沸かす
A湯に砂糖、醤油、塩、重曹を入れる。
 鉄玉君を入れる。
  ※鉄玉君というのは、わたしが持っている小さな卵大の南部鉄のかたまり。
   古釘のかわりです。
BAに黒豆をつけて、一晩置く。
CBを強火にかけて、ぐらっと沸騰する前で止めて、弱火にする。
 あくが浮くのですくって捨てる。
Dあとは一番小さな弱火で、ひたすらコトコト4時間煮る。
 砂糖はカップ2杯では足りないので、途中で味をみながら好みの甘さに調節する。
 煮汁が少なくなったら、水を足す。たっぷりの煮汁で煮ること。
 黒豆が煮汁から出るとシワシワになるのでご注意!

ひたすら弱火、たっぷりの煮汁で、
古くぎも入れて煮れば成功します (⌒-⌒)
黒豆はぜいたくだけど、一番大きなサイズを使いたいです。  
posted by 理乃 at 20:30| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

牛肉のキャベツロール

クリスチャンじゃないので、
クリスマスのお祝いをするわけではないけど、
気分はちょっとクリスマスってんで、
今夜の晩ごはんはこんなのにしました。

牛肉のキャベツロール。

ちょっとゴージャスなのに、とっても簡単。

◆レシピ

※材料(2人分 6個)
 牛肉スライス 150g
 キャベツ 6枚
 小麦粉 少々
 塩・こしょう 少々
 たまねぎ 1/4個(スライス)
 ホールトマト缶 1缶(トマトはざく切りに)
 チキンコンソメ 1袋
 白ワイン 1/4カップ
 スパゲティ 少々

@キャベツをさっとゆでて軸の部分をカットする
A@を広げ、小麦粉、塩、こしょうを振る
 小麦粉は茶漉しで振ってもいい
BAを広げ、牛肉を手前に置いて、くるくる巻き、両側を折って
 さらにくるくる巻いて、スパゲティで留める
C鍋にBとたまねぎ、ホールトマトを入れ、チキンコンソメ、塩、こしょうを振り、
 白ワインを入れて10分ほど煮込む

 星型にカットした茹でにんじんやブロッコリーを付け合せてもいい。

出来上がり!

牛肉のキャベツロール_1.JPG

簡単だけど、おいしい〜ですレストラン 
 
posted by 理乃 at 21:00| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする