2020年01月06日

脇田温泉 湯之禅の里

お正月休み最後は脇田温泉「湯之禅の里」でまったりしてきました。
露天風呂オンリーで、雰囲気があって、
とてもくつろげます。

20200105_184357 - コピー.jpg

お湯は少しとろとろ。
女風呂には若宮の重要文化財の浮世絵「三十六歌仙」の絵を眺めながら
湯船に浸かれる「三十六歌仙の湯」もあります。
とても広い露天風呂は山奥の風情が魅力的。

20200105_184139 - コピー.jpg
ラベル:脇田温泉
posted by 理乃 at 21:24| Comment(0) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

薬王寺温泉 偕楽荘

薬王寺温泉の日帰り温泉偕楽荘へいきました。

DSC_4656 - コピー.JPG

漢方励明湯という生薬を入れたお湯が人気で
とてもにぎわっていてびっくりしました。
白湯、露天、サウナもあります。
薬効のある励明湯が大人気で、狭い浴槽に人が大勢。

さて、藥王寺には伝説があります。
平安時代のこと、薬師如来像を背負い、
鬼王、京王という二人の子供を連れた侍がこの里にたどりつき住みつきました。
この侍は実は清和天皇の子孫でしたが都を追われたということ。
8年目のこと侍が病に倒れると薬師如来が夢枕に立ち、
「この山里の谷川に薬水を流す。これを浴びるもよし。
飲むもよし。必ず病は癒えるであろう」と告げました。
早速その通りにしてみると病は癒えました。
その後、出家した侍は薬師如来を祀り薬王寺を建てました。
お寺が朽ちたのち、山里は薬王寺と呼ばれるようになりました。
薬王寺跡からは礎石や瓦、瓦窯などが出土しています。
伝説の鉱泉を近年発見したのは古書神学研究家、清水大晃氏。
古書に「空海上人が平城天皇の勅命に依り
筑紫の不老不死の薬泉を以て難病業者に実験し
効験顕著なりき」とあるのを読み、
大正7年、この地に鉱泉があるのを知り、井戸を掘って鉱泉を発見。
これを快生館初代主が譲り受け、大正14年に開業。
遠く朝鮮や満州からも難病者が入浴に訪れたとのこと。
昭和28年以降旅館も増え、今のようになりました。
※快生館HP参照

posted by 理乃 at 16:03| Comment(0) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

嬉野温泉『椎葉山荘』しいばの湯

先月、嬉野で仕事をした帰りに立ち寄り湯をした
『椎葉山荘』しいばの湯。
http://www.shiibasanso.com/furo.html

山奥にある静かな温泉で、大きな露天風呂があります。
泉質はとろとろの美肌湯。
山の景色を見ながら入るお風呂は気持ちいいです。

併設のお食事処「山法師」で湯豆腐を食べて帰りました。
一人前500円。
ご飯とお味噌汁は自由にいただけます。

椎葉山荘1_1_1.jpg

ふだん湯豆腐は、なかなかすっと食べられないのですが、
温泉豆腐は別物。

椎葉山荘2_1.jpg

このトロトロ感で食が進みます。

椎葉山荘4_1.jpg

椎葉山荘3_1.jpg
posted by 理乃 at 15:17| Comment(0) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

二日市温泉 源泉掛け流しの『博多湯』

C'est un bain public au Japon.
Il y a dans la vieille ville de l'eau thermales prés de Dazaifu.

うちの給湯器の入れ替えが来週になったため、
引き続き大衆浴場巡りをしております。

今日行ったのは二日市温泉の『博多湯』。
http://www.hakatayu.jp/

二日市温泉は1300年の歴史を持つ九州最古の温泉だそな。
太宰府に政庁があった時代から「吹田の湯」と呼ばれてにぎわっていたそう。
それはすごい。
大伴旅人も8世紀中頃歌を残しています。
『湯の原に 鳴く葦田鶴は わがごとく 妹に恋ふれや 時わかず鳴く』

湯の原で鳴いている鶴は
わたしのように
愛しい妻を恋い慕うのだろうか
鳴きどおし鳴いている

悲しい歌ですね。

さて、この「博多湯」は1860年(万延元年)の創業。
木造3階建ての建物が湯町に風情をもたらしています。

「泉質の良さ」が自慢。
地下260mから汲み上げる源泉をそのまま浴槽へ掛け流しています。
かすかな硫黄の匂いがするあっさりとしたお湯です。

博多の湯_1_1.jpg

いやあ、温泉がすぐそばっていいです。

◆博多の湯
福岡県筑紫野市湯町1丁目14−5
TEL 092−922−2119
posted by 理乃 at 22:05| Comment(0) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

二日市温泉『御前湯』

C'estun bain public au Japon.
Il y a dans la vieille ville de l'eau thermales prés de Dazaifu.

うちから一番近い湯町、二日市温泉。
あまりに近いものだから一度もその温泉に入ったことがありませんでした。

先日、うちの給湯器が壊れました。
だから今晩は二日市温泉の御前湯に行くことにしたのです。

柳の並木道の温泉街。
通りを歩けば温泉の香りがします。
やっぱいい。温泉は!

二日市温泉の歴史は古い。
万葉集にも詠われています。

御前湯は江戸時代には一般の人の入浴が禁じられた殿様専用の施設でした。

今はたったの200円で入浴できます。

御前湯2_1.jpg

この字体がいい。

御前湯_1_1.jpg

漱石も明治29年(1896)に立ち寄っています。

御前湯4_1.jpg

『温泉(ゆ)のまちや 踊ると見えて さんざめく』

(湯の町や
盆踊りを踊るようで
町がさんざめく)
posted by 理乃 at 22:04| Comment(0) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

天然温泉「天拝の湯」

日本に帰ってきて何が一番したい?って
よく聞かれます。
したかったことの一つが温泉に行くこと。
それも秘湯がいいな…。
山奥の秘湯で、露天風呂に浸かってぼうっとしていたい…。

そんな、わたしの願望はまだ叶えられません。
でも身近でがまんすれば、温泉はいたるところにあります。
それが日本の良さ!

金曜の夜、わたしが向かったのは
家から10分ほどのところにある「天拝の郷」という温泉。
天然温泉です。
http://www.tenpainosato.com/index.html

住宅街を抜けて、寂しい道を通ると、
思わず通り過ぎてしまいます。
温泉はぐうっと右に折れた高いとろこにあるのでご注意を。

静かな道を通ってきたのに
たくさん車がとまっていて驚きます。
ここはお食事も美味しくて、それを目当てのお客さまも多いのです。

さて、温泉の方は…。
あんなに車が駐車していたのに、
中は閑散として、超、穴場!
一人占めできる浴槽ばかり!
ま、終了間際の夜遅い時間に行くからかな…。

ジェットバスが充実しているのはうれしい限り。
いろんな深さの浴槽があって、楽しめます。
寝そべったり、座ったり、立ったり、
いろんな角度からジェット噴流をからだに当てて
冷えて疲れたからだをマッサージ。
昨日は朝、雪のために高速も通行止めになり
とても凍えたので、あたたまりました。
痩身効果もあるだろうし、ここは通うことになるかも…。
posted by 理乃 at 10:24| Comment(2) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

日奈久(ひなぐ)温泉の「金波楼(きんぱろう)」で立ち寄り湯

ハードスケジュールが続き、睡眠もとらなかったので
ちょっと体調をこわしてました。

どんどん情報が古くなっていくので
今日はがんばって一つ。

とっても気に入った温泉に出会いました。
それは水俣日帰り取材の帰りのこと。
とても一気に帰ることができなくて、
途中で一休みすることに。
取材で出会った人々にリサーチして選んだのが日奈久温泉。
「金波楼」という温泉の名前が出てきたので、そこにすることに。

日奈久温泉1.jpg

案内所が目に入ったので場所を確かめました。

日奈久温泉2.jpg

う〜ん。なかなかいい感じ。
期待大!

日奈久温泉3.jpg

放浪の詩人、種田山頭火は日奈久をこよなく愛していたらしい。
うん。分かるよ。

日奈久温泉7.jpg

情緒漂う通り。

日奈久温泉5.jpg

日奈久温泉8.jpg

日奈久といえば竹輪しか知らなかった。

日奈久温泉6_1.jpg

竹細工のお店。

日奈久温泉4.jpg

立派なたたずまいの日奈久温泉センター「ばんぺい湯」。
2009年7月21日にオープンしたばかり。
始まりは約350年前の細川藩の藩営温泉「御前湯」。
「ばんぺい湯」という愛称は八代特産の晩白柚のように
多くの人々に愛される施設になってほしいということから名付けられました。

さて、お目当ての「金波楼」の裏手にある専用駐車場に車をとめました。
裏から入っていけるけど、表が見たいので
ぐるりと回ってみたら。。。

日奈久温泉9.jpg

たちまち恋に落ちました揺れるハート
この建物。
すごかったんです。何も知らなかったけど。
熊本で一番古い木造三階建ての建物ということ。

金波楼の名前は見晴らしの良い三階から八代海に沈む夕日に映えた
金色の波が展望できたことに由来しているということ。
木造3階建て旅館が密集する町並みの中で
一番大きく贅を尽くした旅館として100年間操業してきました。
国の登録有形文化財となっています。

日奈久温泉10_3.jpg

この奥のお風呂に入りに行きます。

ああ、中が撮影できないのが残念。
とてもよく手入れをされた内風呂。
お客様も2,3人だけ。

それでは大好きな露天に。
ここではたった一人。

日奈久温泉の空に上った月を見ながら
ぼうっとお湯に浸かっていました。

なんてすてきな。。。
なんて心地いい。。。
ぜいたく〜。

ぼうっとしているとヘリコプターが上を通っていきました。

人気のスーパー銭湯などは人が多くてくつろげません。
わたしはこういう人の少ない温泉が好き。

日奈久温泉11_1.jpg

休憩所もただ一人で使用。

日奈久温泉12.jpg

昔から作られていたにっけ飴を買いました。

なんと日奈久はここだけじゃなく、
趣のある木造旅館がまだまだ残っているのです。
大好き。日奈久温泉。


■金波楼
熊本県八代市日奈久上西町336-3
TEL:0965-38-0611

posted by 理乃 at 23:05| Comment(12) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

平山温泉「湯の蔵」で立ち寄り湯

菊池渓谷での仕事帰りの最後に立ち寄ったのは
行ってみたかった山鹿の奥座敷と呼ばれる平山温泉。

平山温泉は加藤清正公が汗疹(あせも)を治したといわれる温泉です。
山間に施設がぽつり、ぽつりとあるひなびた温泉。

ちょっとリサーチしてみて「湯の蔵」へ行くことにしました。
遅くても立ち寄り湯ができて、しかも350円。安い。。。

でも、古民家調で雰囲気もいいんです。

湯の蔵1.jpg

湯の蔵2.jpg

湯の蔵4.jpg

湯の蔵5.jpg

もちろん露天風呂あり。
人も少なくて、露天風呂一人占めの時間もありました。

お湯はわたし好みのぬるめ。
ぬるぬるした感じも大好き。
温泉らしい硫黄のにおいもします。

まったりしたあとはこれですか。。。

湯の蔵3.jpg

平山温泉は静かで、お湯の質がよく、かなり気に入りました。
リピートしたいです。

日帰りのお食事プランなどもあります。

さて、まったりしたのはよかったのですが、
帰るときは真っ暗がく〜(落胆した顔)

ナビをつけてないので、
山間部を不安にかられつつの運転。。。
いつものことですが。。。
ここはどこ〜、これでいいの〜、と思いつつ、
南関インターに入りそこねました。。。
また知らない道を走り続け、みかんの街灯が現れたときはほっとしました。
山川町です。
みやま柳川インターに入れます。
というわけで、夜間の温泉帰りはご注意を。


■湯の蔵
熊本県山鹿市平山5255-2
TEL:0968-43-4070

posted by 理乃 at 23:26| Comment(2) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

古湯温泉「吉花亭」で立ち寄り湯

佐賀で時間を潰さなくてはいけなくなり、
古湯温泉の立ち寄り湯に行くことにしました。
(立ち寄り湯、大好きなんですハートたち(複数ハート)
古湯温泉は2200年前、秦の始皇帝の命により、
日本に不老長寿の薬を探しに来た徐福が発見したとされています。
湯治場として知られ、斎藤茂吉や青木繁も訪れています。

さて、どこの宿に行こうかと迷うところですが、
今回は吉花亭へ直行。
以前門前まで行きながらタッチの差で立ち寄り湯の時間に間に合わず、
入れなかったものですから。

平成20年3月31日までの日帰りプランを利用。   
お食事をすると入浴料が割り引かれるというものです。
今回選んだお食事は「海の膳」1500円。

kikkatei.jpg

「膳座敷 季味」でいただきました。
平日でしたし、一人でも大丈夫でした。
新鮮なお刺身にぶり大根。美味しかったですよ。

食事のあとはお楽しみの温泉。
ほんとは逆がいいのですけど、
時間的な問題でそうなってしまいました。

「お風呂茶屋 湯だくさん」に向かいます。
ジャグジーもある大浴場、
焼き物の里、佐賀らしい陶器風呂。
そして、とてもとても広い露天風呂。
いいですねーいい気分(温泉)
平日でしたので、人も少なく、
広い露天風呂を一人占めの時間もありました。
山間の空気にお風呂の表面から立ち上る湯煙。
とても風情があります。
(写真が撮れないのが残念…)
掃除も行き届いていて、気持ちよく入れました。
泉質はアルカリ性単純泉。
さらりとしています。
無臭に近いと思います。
露天は奥の方は熱かったのですが、
入口はちょうどいい温度。
わたしは利用しませんでしたが、
砂蒸し風呂もあります(別料金です)。

古湯の立ち寄り湯の候補の一つにどうぞ。
もちろん余裕のある方はお泊まりで。

■吉花亭
佐賀県佐賀市富士町古湯556
TEL:0952-51-8111
駐車場:90台
◎アクセス:長崎自動車道 佐賀大和ICから北へ15分

★日帰りプラン
・食事時間 11時30分〜14時30分
・入浴時間 10時〜16時
入浴券割引(通常1000円→800円)


---PR----------------------------------------
かわいい 吉花亭宿泊ご希望の方はこちらからご予約できます。
  ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fweb.travel.rakuten.co.jp%2Fportal%2Fmy%2Fjyouhou_page.main%3Ff_teikei%3D%26f_no%3D40343%26f_tscm_flg%3D%26f_tel%3D%26f_nen1%3D%26f_tuki1%3D%26f_hi1%3D%26f_nen2%3D%26f_tuki2%3D%26f_hi2%3D%26f_otona_su%3D1%26f_s1%3D0%26f_s2%3D0%26f_y1%3D0%26f_y2%3D0%26f_y3%3D0%26f_y4%3D0%26f_heya_su%3D1%26f_kin%3D999999%26f_kaiin_no%3D%26f_kaiin_tel%3D%26f_flg%3DCUSTOM%26f_custom_code%3D4034370813152423


posted by 理乃 at 22:54| Comment(0) | ★温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする