2018年09月24日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅Iキリシタン橋

ラストです。
腹切岩を過ぎ山道をさらに進むとキリシタン橋があります。

20180919_144915 - コピー.jpg

小さな小川に架かる石橋です。
橋の左手には石垣が見えました。

20180919_144016 - コピー.jpg

このあたりに教会堂があったのかもしれないということでした。
キリシタン橋を渡り300メートルほど登ると、
秋月種時(秋月氏14代当主)のお墓があるそうです。
誰もいない静寂の中、小さな石橋だけが歴史を物語っていました。

20180919_144823 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:49| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅H腹切岩

豊臣秀吉が九州平定へ向かったとき、
秋月種実は島津義久と同盟して秀吉軍と戦うものの降伏。
秋月から日向財部へ追われます。
それ以前に秋月の重臣、恵利内蔵助暢堯(えりくらのすけのぶたか)は
秀吉勢と和睦するよう種実に進めますが理解されず切腹しました。
ここが切腹したと言われる巨岩です。

20180919_143653 - コピー (2).jpg

20180919_143720 - コピー.jpg

昭和11年にゆかりの人々によって殉節碑が立てられています。

20180919_143738 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:27| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅G臼井六郎の墓

古心寺には臼井六郎の墓もありました。

20180919_143401 - コピー.jpg

臼井六郎は日本最後の仇討ちをした人物として知られています。
幕末最後の年に、藩内の政治的対立によって暗殺された両親の仇討ちを13年後に果たし、
仇討禁止令で懲役となりました。

20180919_143405 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 15:06| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅F古心寺

筑前秋月藩の初代藩主黒田長興(黒田長政の次男)が
父の菩提を弔うために秋月陣屋の陣下に建立した寺。

20180919_143041_041 - コピー.jpg

秋月黒田家当主歴代の菩提寺です。
奥方のお墓もあります。
若くして亡くなった藩主や奥方もいます。
どれが誰のお墓で享年も記されているので分かりやすいです。

20180919_142713 - コピー.jpg

20180919_142626 - コピー.jpg
黒田長興公のお墓
posted by 理乃 at 14:53| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅E秋月博物館】

昨年オープンした秋月博物館。
杉の馬場通に面した秋月稽古館跡に建てられています。
秋月とキリシタンの結びつきにはあまり知られてませんが、
かのルイス・デ・アルメイダも訪れている重要な地。
大友宗麟の庇護のもと、
豊後府内で私財を投じて日本初の病院を建て、
人々を救ったアルメイダは秋月の領主、秋月種実を訪ねてきました。
アルメイダは厚遇され10日滞在して24人に洗礼を授けました。
再訪し、大勢の人に説教をし、
キリシタンとなった秋月の武士は
陣中に十字架を描いた旗を立てたのだそう。
その後秋月氏は日向に転封され、
黒田官兵衛の弟、直之が秋月の領主となります。
直之は熱心な信者で新しい教会も建て、
秋月はキリスト教伝道の根拠地となり、
地区の受洗者は2000人になったといいます。
しかし直之の死で衰退。
長興が藩主となると教会は破壊され、
弾圧は厳しくなりました。
博物館にもキリシタン関係の資料が展示されています。

img542.jpg

img543.jpg
posted by 理乃 at 12:29| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅D黒門茶屋

お昼は秋月杉の馬場の「黒門茶屋」で。
民芸調の食事処。
お土産も売っています。
奥にお座敷があり、そちらでいただきました。

20180919_124955 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 00:06| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

あさくら天智天皇物語〜宴の花〜

9月15日、朝倉で百人一首朝倉大会実行委員会が
「あさくら天智天皇物語〜宴の花〜」というイベントを開催しました。
朝倉にある朝倉橘広庭宮は、
601年に百済救援の出兵のため、
斉明天皇、天智天皇、天武天皇、持統天皇、額田王まで来たと言われています。
そんなゆかりの地で開催されたイベントは
ディレクターの上野誠氏と韓国中央大学教授のイム・チャンス氏の対談、松坂慶子さんの朗読劇「宴の花」(カヤグムとヘグムの演奏付)、シンポジウム、地元の筑紫舞からなりました。
思いがけない日韓交流のイベントでした。
韓国伝統楽器のカヤグムとヘグムの調べはとても美しいもの。
松坂慶子さんは声に艶があり、
後のシンポジウムのお話からも人柄のよさを感じました。
「宴の花」は額田王が登場。
どっぷりと万葉の世界に浸った一日でした。
写真は会場の朝倉地域生涯学習センター。

20180915_131017 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 23:48| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

蕎麦処秋月池田屋

先日、秋月の「雛めぐり」を見てきたときの夜ごはんは
「蕎麦処秋月池田屋」さんでいただきました。
ここでは通年朝倉名物蒸雑煮が食べられるので、寄ってみたかったのです。
お蕎麦は葛かけそばをオーダー。美味でした。

DSC_5039 - コピー.JPG

本葛が入っていて、寒い夜でしたが、ぽかぽかに温まり、
汗まで出てきました。
秋月名物葛は本当に温まります。
そして蒸雑煮は小ぶり。

DSC_5043 - コピー.JPG

底には大根、その上にやわらかいお餅。
通常の茶碗蒸しとの違いはお餅が入っていることと、具材の多さ。
甘めのお味。
栄養たっぷりのヘルシー食です。
posted by 理乃 at 12:35| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

朝倉応援:ハーブ香房 SARA

太宰府小鳥居小路の「蛇の目うさぎ」さんへ行ったら、
前から愛飲している「バーブ香房 SARA」さんの
オーナーとスタッフがちょうど見えました。
無農薬のハーブティー、とくに「ビーナスの美肌茶」がお気に入りです。
生産者にお会いしてますます信頼性が高まり、
これからもずっと飲み続けたいと思いました。
今度の水害で被害も受けてらっしゃいます。
朝倉応援の意味も込めて、ハーブ好きの方、
飲んでみませんか?
珈琲もありますよ。
http://www.herb-sara.com/

DSC_3690.JPG
posted by 理乃 at 16:46| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 E 筑前朝倉蒸し雑煮

朝倉ぷち旅ラストです。
今回の旅でやはり押さえておきたかったのは「蒸し雑煮」。
蒸すタイプの珍しいお雑煮です。
長崎に伝わった茶わん蒸しが福岡藩に伝わり、
養鶏が盛んなこの地で茶わん蒸し料理が広がったのだとか。
お正月にはお雑煮と茶碗蒸しが食べられていたのが、
いつしか混じり合い生まれたのが「蒸し雑煮」。
普通の茶碗蒸しより汁気が少し多く、
いろんな具材から出た味が旨味を出して、とても美味しいです。
お雑煮だからお餅が入ってます。

DSC_3580 - コピー.JPG

わたしたちは「なかにし」(筑前町)でいただきましたが、
食べられるお店はHPでチェックしてください。

DSC_3574 - コピー.JPG

朝倉応援で蒸し雑煮、食べましょう!
レトルトも販売されてます。

※蒸し雑煮にスポットライトを当てた筑前朝倉蒸し雑煮プロジェクトは
あさくら観光協会の企画で去年発足。
http://mushizouni.jp/
posted by 理乃 at 18:12| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 D 三連水車

386号線を日田方面に行くと、災害の生々しい爪痕が残っていました。

DSC_3556 - コピー.JPG

家屋を濁流が突き抜け、未だ手付かずのまま放置されているところも。
泥を被った田畑、積み上げられた流木を目にすると、心が痛みます。
老舗の藤井養蜂場(朝倉市菱野)は
事務所、直売店、工場、蜂場のすべてに被害を受けました。
事務所は床上20cmまで浸水。蜂蜜の巣箱は流出。
でも営業を再開されてました。
そしてその奥にある朝倉のシンボル、三連水車も流木やゴミがからみついていましたが再稼働しています。

DSC_3566 - コピー.JPG

その姿を見て安心しつつも、目の前の畑に堆砂している泥の硬さには呆然としました。

DSC_3569 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 12:17| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 C 月の峠

秋月に行けば、必ず寄る天然酵母のパン屋さん「月の峠」。

DSC_3551 - コピー.JPG

石橋フェチとしては目の前の健在な眼鏡橋もうれしい。

DSC_3547 - コピー.JPG

パンの写真は今回はなし。
店先で出来たてカレーパンは食べちゃいました。
パン生地がベラボーに美味しい!
買って帰った葡萄パンはずっしり重い。
信じられないくらい葡萄が詰まってるから。
パン生地に葡萄を入れたというより、
葡萄をパン生地で囲った(オーバー?)ってくらい
葡萄が入ってるんですもの。
posted by 理乃 at 11:22| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 B 水の音 風の音

土日祝日だけ、秋月で営業している古民家カフェ。

DSC_3523 - コピー.JPG

DSC_3530 - コピー.JPG

陶芸をされる奥様の作品が器に使われています。

DSC_3537 - コピー.JPG

DSC_3535 - コピー.JPG

陶芸体験は平日もOKとのこと。
窓から見える広い庭の緑がとても気持ちよくて、落ち着きます。
全体から秋月愛が伝わりました。

DSC_3531 - コピー.JPG

DSC_3532 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 16:04| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

2017.8.14 朝倉ぷち旅A ちきた

朝倉ぷち旅。
秋月へ移動してお昼ごはんです。
「ちきた」へ電話したらお盆にもかかわらず営業しているとのこと。ラッキー!

DSC_3511 - コピー.JPG

だんご庵の隣の山裾にある古民家のお蕎麦屋さん。
前回、ニューカレドニアからのお友達と偶然見つけました。
窓の外は雨にしっとり濡れた緑一色。

DSC_3514 - コピー.JPG

おくら蕎麦をオーダーしました。
前菜を楽しめ、
お蕎麦はぴかイチ!

DSC_3517 - コピー.JPG

歯ごたえあって最高。

最後におつゆ付きで蕎麦湯が運ばれてきて、これがまた美味。
家族経営のとても居心地のよいお店です。
posted by 理乃 at 16:50| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 @ 朝倉市観光協会

突然、朝倉ぷち旅をすることになり、S夫妻と出かけてきました。
まずは大切な要件のあった朝倉市観光協会へ。
甘木鉄道の駅舎の中にあります。
甘木鉄道は一両編成の車両がかわいいローカル線。

DSC_3502 - コピー.JPG

DSC_3501 - コピー.JPG

DSC_3505 - コピー.JPG

観光協会事務局長の里川さんは、今朝テレビにも出演されていましたが、
ご自宅が被災しながらも、復興のために身を挺して活動されています。
テレビでも紹介されていたのが、クラウドファンディングプロジェクト。
流木でウッドキャンドルを作って販売するというもの。

DSC_3507 - コピー.JPG

テレビの効果もあってか50万円の目標額が今日の時点で360万円を超えています。
今日、お話して分かったのですが、
里川さんは筋金入りのボランティア活動家。
学生時代から阪神淡路大震災、ナホトカ号重油流出事故、
モザンビーク内戦の銃回収運動など、国内外のボランティア活動をされ、
卒業後は国際ボランティアを育成する会の代表もされていました。
恐るべき行動力の持ち主です。
今日の旅で見た災害の爪痕の生々しい朝倉ですが、
こういう人々の地道な努力が地域を復興させていくのだと思います。
posted by 理乃 at 22:56| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

秋月のハイセンスなハンドメイド・フェルトショップ「bonbon felt TINA」

ニューカレドニアの友だちと行った秋月への小旅行は
不思議な巡り会いを用意していた。

ニューカレドニアはわたしにいくつもの出会いをもたらしてくれたけれど、
離れてからもそれが続く。

秋月の駐車場の産直の店で隼人瓜を見つけたわたしは友だちに言った。
「これ、ニューカレドニアにもあったなあ」。。。
その何気ない一言を聞きつけた人がいた。
そしてその人が「bonbon felt TINA」に引き合わせてくれることになったのだ。
予期せぬ偶然の出会い。。。
あまりに奇遇で、これはもう、
わたしにはニューカレドニアとの縁が運命づけられているとしかいいようがない。。。
で、ニューカレドニアと「bonbon felt TINA」ってどういうつながりなの?
それはこちらで。

http://www.bonbonfelttina.com/main/about/about.html

Tina_1.jpg

このショップが、こんなにもハイセンスであることがまた驚きだった。

Tina2_1.jpg

秋月という福岡の田舎から世界へ向けて発信しているファッション。
パリやミラノでだって、なかなか見つけられないすてきなセンス。
しかもフェルトという素材を使って。
豊かな色彩、そしてその絶妙な組み合わせ。
オシャレさんならハートが釘付けになるに違いない。

Tina3_1.jpg

ユニークでオリジナリティに溢れ、しかもキュート。

Tina4_1.jpg

Tina5_1.jpg

このシックな色合い、スリムなライン、イカしてます〜♡

http://www.bonbonfelttina.com/
posted by 理乃 at 21:46| Comment(2) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

朝倉 春のプチ旅 その3 千の蔵

さて、朝倉のプチ旅の続きです。

師匠一行と別れたあと、
一度どこかに出かけたら体力が続く限り探索しようという癖のあるわたしは
ふらふらドライブを始めます。

途中見かけていた国菊の看板を目指します。
国菊とは蔵元。
甘酒も作って太宰府の参道のお土産屋さんでもよく見かけます。
その蔵元がこの辺にあったなんて。
看板を頼りに細い路を進んでいきます。
白壁通りが出てきました。
見つけました!

千の蔵_1.jpg

創業江戸後期。

千の蔵5_1.jpg

美味しそうな清酒が並んでいます。
車だから試飲できないのが残念。。。

甘酒は黒米で作ったピンクの甘酒や発芽玄米を加えたヘルシーなものもあります。

日本のヨーグルトとも呼ばれる甘酒。
最近は飲む点滴などとも呼ばれる栄養価の高い飲み物です。
もちろん添加物なし。

モンドセレクション金賞受賞のリキュールが
とても美味しそうでした。

このあたりの町並みがまたすてき。

千の蔵2_1.jpg

この建物は以前何だったのかな?

千の蔵3_1.jpg

火の見櫓のある風景。いいな。

千の蔵4_1.jpg

◆国菊酒造・蔵元店 千の蔵
朝倉市比良松185
posted by 理乃 at 19:05| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

朝倉 春のプチ旅 その2 朝倉橘広庭宮

さあ、朝倉の旅の2回目を続けます。

一度は訪れたいとかねがね思っていた朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや)。
飛鳥時代の斉明天皇の皇居だったと言われるところです。
斉明天皇というのは女帝で、あの天智天皇と天武天皇のお母さんです。

橘広庭宮1_1.jpg

古代日本が一大事を迎えたときのことです。
660年百済が唐と新羅によって滅ぼさます。
斉明天皇は661年日に博多にあったという磐瀬行宮(いわせのかりみや)に入ります。
そして移ったのがここ朝倉橘広庭宮。
百済復興の戦に備えたのですが、すぐに亡くなります。
この場所からは何も出てこないので特定されているわけではないようです。

橘広庭宮3_1.jpg

橘広庭宮4_1.jpg

橘の樹が植えられていました。

橘広庭宮2_1.jpg

そばにはこんな果樹園も。

橘広庭宮5_1.jpg

古代の歴史が眠る朝倉。
とても興味深いところです。
posted by 理乃 at 17:56| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

朝倉 春のプチ旅 その1 南淋寺の秘仏

師匠に誘われて秘仏を見る旅へ出掛けてきました。
出かけたのは朝倉にある南淋寺。
誘われるまで、その存在すら知りませんでした。

2014朝倉7_1.jpg

2014朝倉11_1_1.jpg

昨日、4月8日。それは花祭。
お釈迦様の生まれた日です。
この日にお寺に行ったのは、なんと生まれて初めて。
そこで花祭の風習にもふれることができました。

2014朝倉10_2_1.jpg

花祭にはいろんな草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置いて甘茶を満たしまします。誕生仏の像をその中央に置き柄杓で像に甘茶をかけて祝います。

2014朝倉4_1.jpg

花御堂の寺の印は南天の実でした。

2014朝倉13_1_1.jpg

2014朝倉2_1.jpg

甘茶は参拝客にも振る舞われます。

さて、ご本尊の薬師如来像は年に2回しか開帳されません。
この日だけは終日御開帳。
あと1月の初護摩の日に開帳されますが法要の時間のみとなります。

いそいそと秘仏のご本尊を拝見します。
この仏像は平安時代に最澄が作ったものと伝えられています。
なんと美しい仏像でしょう。
均整の取れた姿。穏やかなお顔。
なだらかな衣の線。
そして手の美しさ。
このような繊細な手を彫ることができた仏師とは
その人自身が高潔な人物だったと伺わせます。
こんな美しい仏像が朝倉の奥の寺に静かに安置されているなんて感動でした。
会わせてくれた師匠に感謝。。。

しかし! 残念ながら撮影禁止。
見たいですよね。当然。
そこで本からひそかに転写。

2014朝倉5_1.jpg

このお寺には意外なものもありました。
太宰府の高官の供養塔です。

2014朝倉9_1.jpg

14世紀、南淋寺の中興に助力したのが太宰府の高官「少弐頼尚(しょうによりひさ)」でした。
寺領を寄進した頼尚の継母、賀茂御庵宗修禅尼(かものぎょあんそうしゅうぜんに)の遺髪塔もそばに置かれています。

さあ、もう一つ興味深いものがありました。

2014朝倉6_1.jpg

本堂の中に置かれているのですが、大黒さんですね。
posted by 理乃 at 21:33| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

志波柿が好き

C'est les kakis.

以前行っていたジムのそばで
この季節になるとよく買っていた志波柿(しわがき)。
通りがかりに見かけたのでUターンして買ってきました。
ほんとに久しぶり。
いっぱいおまけしてもらっちゃいました。

この柿色があたたかい。
大好きな筑後地方に行きたいな。
柿狩りがしたい。

http://www.fs-basaro.jp/kaki.html

志波柿_1.jpg
posted by 理乃 at 20:37| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする