2017年09月21日

嘉麻:秋たびB道の駅うすい

道の駅に目がないので寄ってみました。

DSC_3842 - コピー.JPG

新鮮なお野菜が安い安い。
モロヘイヤ、オクラなどを買っていると、
色鮮やかな久留米ケイトウが目に入りました。
まるでベルベットのよう。180円。
元気になりそうなカラーだったので買って帰りました。

DSC_3853 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 13:31| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

嘉麻:秋たびA小次郎の里

お昼ごはんは「小次郎の里」という養鶏直売店に行くことにしました。

DSC_3816 - コピー.JPG

餌にこだわった朝取り卵のたまごかけごはん定食をいただきました。
300円!
DSC_3825 - コピー.JPG

たまごは食べ放題。

DSC_3820 - コピー.JPG

日頃卵を制限しているので、久しぶりで美味しいこと!
そしてショーケースで微笑む、
どう見ても美味しいでしょっていう「たまごしゅう」も。

DSC_3827 - コピー.JPG

サクッとしたシュー皮に新鮮な生クリームとカスタードクリーム。
甘すぎず最高。
無農薬のローズティーも新鮮でした。
ここ、実はアイスも美味しいらしいのですが、
これは次回のお楽しみにします。
さて、なぜ小次郎?ですよね。
実は近くで佐々木小次郎が修業をしていたらしく、
そのとき播磨から持参した柿がつるし柿としてとても美味しかったらしく、
名産だったとのことなんです。
posted by 理乃 at 12:44| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

嘉麻:秋たび@大里酒造

田川で仕事をしたので、寄り道をして帰ってきました。
まずは前回知った大里酒造へ。

DSC_3812 - コピー.JPG

天保年間創業の老舗です。
嘉麻市から小石原へ抜ける道沿いにあります。
蔵元と道を挟んだところに直売所がありました。
お目当ての奈良漬を買いました。

DSC_3809 - コピー.JPG

DSC_3810 - コピー.JPG

そして見つけたのが珍しいライチのお酒。

DSC_3856 - コピー.JPG

デザートのようなお酒です。
嘉麻市の田園では彼岸花が咲き乱れていました。
posted by 理乃 at 22:52| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

6月20日 田川・嘉麻 プチ旅 C カッホー馬古屏

ドライブのラストは産直の店「カッホー馬古屏」。

DSC_0048.JPG

お野菜をいろいろ買いました。
らっきょうや赤紫蘇も。

19396885_1309471949170848_2322555710551696228_n.jpg

今、毎日冷たく冷やした紫蘇ジュースを飲んでます。
ゆるキャラ、かまししちゃんもいました。

DSC_0050.JPG

この不思議な店舗名の由来は以前聞いたことがあります。
カッホーは以前嘉穂町で、
朝倉との境界に馬見山、古処山、屏山が見えることからです。
posted by 理乃 at 13:51| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

6月20日 田川・嘉麻 プチ旅 B いろり庵

わたしは出かけた先でリサーチして食事をすることも多いです。
寒北斗酒造に行ったとき、食事処を聞いて教えていただいたのがここ「いろり庵」でした。
教えられないと絶対たどり着けない場所。

DSC_0023-2 - コピー.jpg

寒北斗から遠賀川に出て、堤防に沿った細道を走ると田んぼの向こうに古民家がありました。
店内には民俗資料館のように古い農機具が展示されています。

DSC_0040 - コピー.JPG

DSC_0034 - コピー.JPG

DSC_0035 - コピー.JPG

DSC_0036 - コピー.JPG

いろりもあります。

DSC_0032 - コピー.JPG

掘りごたつ式だから足が悪くてもOK。
いろり庵定食は880円とのこと。
出てきてびっくり。

DSC_0025-2 - コピー.jpg

こんなにバラエティに富んでて880円?!
デザート付きのコーヒーをプラスすると1080円。
メインのキスと海老のフライはとても美味しかったです。
小皿に載ってるすべてのおかずも美味しくて、
茶碗蒸しも手抜きなし。
前の畑はちょうど耕しているところでした。

DSC_0037 (1) - コピー.JPG

遠賀川沿いの静かな食事処。
ここにして大正解でした。
posted by 理乃 at 12:01| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

6月20日 田川・嘉麻 プチ旅 A 寒北斗酒造

田川から嘉麻に抜ける道沿いで見つけていた白壁の寒北斗酒造。
今回やっと中に入ることができました。

DSC_0017.JPG

300年前の享保14年の創業時は玉の井酒造と言っていていました。

DSC_0019.JPG

伊能忠敬も泊まったとか。
今年、車が建物にぶつかったということで角は工事中でした。

DSC_0055.JPG

地酒寒北斗が有名ですが、クリスタルというのがありました。
嘉麻地区の契約栽培山田錦を100%使用して熊本酵母で仕込んだ純米吟醸酒です。
お酒は強くないけど、各地の造り酒屋はとても魅力的です。
posted by 理乃 at 15:05| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

嘉麻市プチたびE鎌田ヶ原地蔵尊

嘉麻市プチたび、ラストは鎌田ヶ原地蔵尊の悲恋物語です。

DSC03445 - コピー.JPG

戦国時代、鹿毛馬(かけのうま)城主の若君と
馬見城主の姫君は大隈北斗宮の春祭りで巡り会います。
二人は互いの美しさに惹かれ、忘れられなくなります。
ところが二人の親は仇敵同士。やがて両軍は雌雄を決すときを迎えます。
現世では愛を結び合えないと悟った二人は共に戦いに身を投じます。
最後の決戦が行われたのがここ鎌田ヶ原(馬見)。
両軍が数度の合戦で一息ついているとき、
鹿毛馬方から若武者が一騎、馬見方からも若武者が一騎、
夕日に甲冑の金具をきらめかせながら進み出、
名乗りもせずに組討ち、刺し違えて共に果てました。
この二人こそ、北斗宮の春祭りでの逢瀬を楽しんだ若君と姫君だったのです。
戦国の世のこととはいえ、あまりにも儚い二人の最期を哀れと思い、
この古戦場に比翼塚を建て、その上に地蔵尊を安置して
二人の霊を弔ったといいます。
嘉麻版ロミオとジュリエットのようなお話ですね。

DSC03443 - コピー.JPG

これで今回の嘉麻市プチたびは終わりですが、
嘉麻市の里山をドライブして一番感激したのは、
道端を流れる水の美しさでした。
次回、また機会があれば、さらに嘉麻市を探ってみたいと思います。
※鎌田ヶ原地蔵尊案内板参照
posted by 理乃 at 15:27| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

嘉麻市プチたびD白木牧場

田川市から嘉麻市へ行った目的は
特別牛乳を作っている白木牧場へ行ってみたからでした。
特別牛乳?
白木牧場のホームページによると、
『搾りたての牛乳を加熱殺菌処理しなくても安心・安全にそのまま飲める』と
国の認証を受けた無殺菌牛乳または低温殺菌牛乳のことを
『特別牛乳』というそうです。
『特別牛乳』の許可を取得できた牧場は、
全国で数件しかなく、九州では白木牧場だけ!
しかもジャージー牛の特別牛乳は全国初!
白木牧場ではノンホモ低温殺菌(65℃30分)をしています。
この殺菌処理は自然の栄養素を損なわず、
乳酸菌など体に優しい菌が生き続けているということ。
これは見たいです。
どんなところなのか。
そして飲んでみたい。
牧場へのくねくねした道を上るとありました。

DSC03442 - コピー.JPG

一番高いところに牛さんが放牧されています。

DSC03439 - コピー.JPG

牛さんたちにストレスを与えないように牧場の方も近づかないそうです。
ここから眺めるだけ。
牛乳はここでも買えるのですが、売り切れてました(ー。ー)
でもさきほど立ち寄った「手づくりふるさと村」に置いていますということ。

DSC_1280 - コピー.JPG

右で670円。
飲んでみると優しい味でクリーミー。美味しいです。
牧草から無農薬栽培しているこだわりの特別牛乳だからお値段にも納得。
蓋にはクリームがついてました。
脂肪球をくだかない「ノンホモ製法」だから、
日が経つにつれて上部に脂肪球が浮き上がってくるからです。
置いてるだけで天然生クリーム!
すごい牛乳があるものですね。

DSC03441 - コピー.JPG

◆白木牧場
福岡県嘉麻市熊ヶ畑269

※白木牧場HP参照
posted by 理乃 at 15:50| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

嘉麻市プチたびC木の実

お昼時、食事処のリサーチはまったくしてませんでした。
現地リサーチ!
「手づくりふるさと村」のすぐ手前で
なにやら気になるお店を発見。

DSC03432 - コピー.JPG

普通の外観も板を使っておしゃれに変身。
中には和雑貨も置いてありました。

DSC03435 - コピー.JPG

薬膳スープカレーにも心そそられますが、
初めて来たので
まずは木の実定食にしてみます。

17553780_1229213450530032_1039546889525663323_n - コピー.jpg

この野菜たっぷりのからだに良さそうな盛りだくさんのメニューで1000円。
おそばのうしろに隠れて見えませんが、デザートで小さな桜餅もついています。
どれ一つとっても美味しかったです。
左奥はプチトマト。
特に美味しかったのが玄米ご飯。
これほど美味しいと思った玄米ご飯を食べたのははじめて。
もち米みたいに粘り気があるんです。
この玄米ご飯だったら毎日だって食べたい。
このお米の美味しさ。水がいいんですね!
セレクト大成功でした。

DSC03437.JPG

◆木の実
嘉麻市熊ケ畑2142-1
TEL:0948-52-1160
営業時間:11:30〜16:00
ランチタイム:11:30〜14:30
定休日:土曜・日曜
posted by 理乃 at 14:25| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

嘉麻市プチたびB手づくりふるさと村

嘉麻市熊ヶ畑地区にあるの手づくりふるさと村」(山田活性化センター)は
農村部と都市部の交流を図るために生まれた施設です。

DSC_1289 - コピー.JPG

表にあるかかしはかかし祭りで使われたものなのかな?
ここではとれたて野菜や木工品などの特産品が売られています。
お野菜はほとんど百円。
みずみずしいまるごと一個のレタスもほうれん草も100円でした。

スタッフのおばちゃまも常連のおばあちゃんもお話好きで
いろんな嘉麻市情報が聞けました。
美味しいといわれるお米を買わなかったのは残念。
水がきれいなので、お米が美味しいのです。

◆手づくりふるさと村
嘉麻市熊ヶ畑2141番地1
TEL:0948-53-1897
営業時間:10:00〜17:00
定休日:毎週木曜日
posted by 理乃 at 12:37| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

嘉麻市プチたびAトロッコ格納庫

招き熊の写真を撮っていたら
右上の高いとことにトロッコ格納庫が見えました。


DSC03430 - コピー.JPG

調べてみると嘉麻市では秋に
「トロッコフェスタ&かかしまつり」というお祭りがあるようです。

このあたりには昭和63年に廃線になるまで上山田線が走っていました。
残された線路で手作りのトロッコ列車を走らせるお祭りです。
楽しそうですね。
posted by 理乃 at 17:19| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

嘉麻市プチたび@謎の熊さん

機会があり、嘉麻市をドライブして帰ってきました。
この熊さんは熊ケ畑の「手づくりふるさと村」の手前の
嘉麻市消防団第一分団熊ヶ畑分隊消防車格納庫の前にありました。

DSC03427 - コピー.JPG

なぜ熊?
熊ケ畑という地名からなんでしょうね。
それにしてもなぜ熊?(笑)
ほのぼのかわいい招き熊さんでした。
ラベル:嘉麻市 熊ケ畑
posted by 理乃 at 23:18| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

嘉麻市の銭代坊商店街

米ノ山峠を越えて、
嘉麻市に行きました。

峠の山々から覗く銀杏の紅葉がよかったです。

久しぶりの筑豊です。

inatuki1.jpg

inatuki2.jpg

これは嘉麻市の銭代坊商店街。
かつて炭鉱が華やかりしころ、
この道はバス通りだったそうです。
今はこの道の下に新しい道が走っているのですが、
それはかつての添生線(うるしおせん)の跡ということ。

漆生線は嘉穂郡稲築町(現・嘉麻市)の下鴨生駅から
山田市(現・嘉麻市)の下山田駅までを結んでいた国鉄。
1986年に廃止されました。

漆生以北は明治時代、漆生以南は戦後に建設されました。
漆生以北の区間は、
三井鉱山山野炭鉱や同漆生炭鉱から産出される石炭の搬出のために建設。
漆生以南の区間は、
筑豊の炭鉱から産出される石炭を苅田港へ運ぶために建設されました。
  ※ウィキペディアより

inatuki3_1.jpg

嘉麻市からの帰りに見た山。
この山は何山なのかしら?





ラベル:嘉麻市
posted by 理乃 at 23:06| Comment(4) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする