2018年05月10日

2018.5.3〜5.4 鹿児島の旅E 大五郎

鹿児島の新鮮なフードをいただきたいと探してもらったお店「大五郎」。
チョイスは大成功!
出てくるものがすべて美味しく大満足でした。
運良くお店の駐車場にも駐車できました。
人気メニューの鯛めしは炊き上がりに40分程かかるので、
早めにおオーダーを。
新鮮な食材を使っての粋な料理の数々。
おすすめのお店です。


DSC05992 - コピー.JPG


DSC05996 - コピー.JPG

_20180503_193253 - コピー.JPG

DSC05997 - コピー.JPG

DSC05998 - コピー.JPG

DSC05999.JPG

◆大五郎
鹿児島市東千石町4-33フィオーレ東千石1F

ラベル:鹿児島 グルメ
posted by 理乃 at 23:09| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

2018.5.3〜5.4 鹿児島の旅D ぢゃんぼ街道 中川家 (なかがわけ)

鹿児島に行ったら、これもぜひというフードにぢゃんぼ餅があります。
ほんとは磯街道に並ぶぢゃんぼのお店に行きたかったのですが、
今回は先を急ぎ断念。
次回は友だちおすすめの中川家で、
のんびりいただいてみたいです。

DSC05987 - コピー.JPG

DSC05989 - コピー - コピー.JPG


◆中川家:鹿児島市吉野町9673
posted by 理乃 at 18:20| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.5.3〜5.4 鹿児島の旅C 仙巌園

30数年ぶりに訪れた仙巌園は様々な施設が加わり変わっていました。
仙巌園は1658年(万治元年)に第19代当主島津光久によって造園されました。
桜島を築山、鹿児島湾を池に見立てられた国の名勝です。
ドラマにも出てきた島津斉彬はここで近代化事業を起こしました。
現在は島津興業が管理しているとのこと。
桜島が目の前に見える広大な土地は贅沢で気持ちのよい空間です。

DSC05933.JPG
受付

DSC05937 - コピー.JPG
正門

DSC05940 - コピー.JPG
錫門

DSC05942 - コピー.JPG
御殿

DSC05944 - コピー.JPG
島津家伝統五月幟

DSC05946 - コピー.JPG
鶴灯籠

DSC05968 - コピー.JPG
猫神

DSC05967 - コピー.JPG

DSC05974 - コピー.JPG
薩摩切子

DSC05978 - コピー.JPG
薩摩焼

DSC05983 - コピー.JPG
ぢゃんぼ

DSC05959 - コピー.JPG












ラベル:仙巌園
posted by 理乃 at 00:25| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

2018.5.3〜5.4 鹿児島の旅B 歴史と文化の道

今回の旅でできる鹿児島市内の観光は一か所のみ。
鹿児島初めてのメンバーもいるし、
一か所チョイスするならここだろうということで渋滞を覚悟の上、
仙巌園に行くことにしました。
ここで初めて渋滞に巻き込まれます。
そこで図らずも仙巌園の道沿いをゆっくり眺めながらの行程となりました。
通り抜けたのは「歴史と文化の道」。
国道10号線上の道で「照國神社前」交差点から「城山入口」交差点までの約700メートル。
照國神社、鶴丸城趾、鹿児島県立博物館など重厚な建物が並ぶ
正に歴史と文化の道というネーミングにふさわしい道のりです。
鯉が泳ぐ水路、ガス灯などが風情を醸し出し、観光客もたくさん散策していました。

鹿児島県立博物館 - コピー.JPG

鹿児島県立博物館。
鉄筋コンクリート3階建。
角に正面玄関、曲線と直線を交えたデザインが印象的。
1927年(昭和2年)に鹿児島県立図書館の建物として建てられ、
1980年(昭和55年)から博物館として使われることになりました。
奥にある元考古資料館は1883年(明治16年)に
九州沖縄連合共進会のパビリオンとして建てられたもの。
鹿児島県産溶結凝灰岩を使ったネオゴシック風の石造建築は
今は外観のみ見学可能。

鹿児島市中央公民館 - コピー.JPG

鹿児島市中央公民館。
鉄筋コンクリート造。
1927年(昭和2年)に鹿児島市公会堂として発足したもの。
玄関前の蘇鉄が南国らしい。

私学校跡西南戦争弾痕痕 - コピー.JPG

西南戦争での銃撃戦の弾痕跡。
ラベル:鹿児島
posted by 理乃 at 11:52| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

2018.5.3〜5.4 鹿児島の旅A 鹿児島サンロイヤルホテル

姶良の親友のおうちで手作りのとっても美味しいお昼ご飯をご馳走になったあとはホテルへ。
なにしろ毎日体の不調を訴え、前日も寝込んでいた母。
事前に旅行の計画は立てられません。
思い立ったときに出かけることにするので、
GWといえとどもホテルの手配は直前になります。
自分で直接電話してもどこも空室がないと言われました。
困ったすえに電話した西鉄旅行で紹介されたのが鹿児島サンロイヤルホテルでした。
母の部屋は目の前に桜島が見えて、素晴らしいロケーション。

DSC05920 - コピー.JPG

わたしのシングルの部屋は市街地側。

DSC06000 - コピー.JPG

今回は行けなかった地元で人気のざぼんラーメンが見えています。

DSC06002 - コピー.JPG

13階に桜島ヴューの展望温泉があり、
夜と朝の二回入りました。
朝食のバイキングは種類が豊富で、
ご当地グルメもあり、美味しかったです。

DSC_0081 - コピー.JPG

疲れた母をホテルに残して、
市内の観光に出発しました。
ラベル:鹿児島
posted by 理乃 at 12:29| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

2018.5.3〜5.4 鹿児島の旅@ 日本一の蒲生の大クス

86歳の母の最後の墓参りの機会かもしれないと、
鹿児島へ出かけました。
GWだからと心配していましたが、
渋滞することもなく加治木インターへ到着。
お昼までに時間が余ったので、
日本一の蒲生(かもう)の大楠に会いに行ってきました。

DSC05890 - コピー.JPG

DSC05877 - コピー.JPG

DSC05884 - コピー.JPG

蒲生は母が戦時中疎開していた場所なのですが、
その場所を特定することはできませんでした。
蒲生八幡神社の境内にある大楠は樹齢約1500年。

DSC05869 - コピー.JPG

根本にはなんと8畳くらいの空洞があるとのこと。
姿が美しく、生命力を感じる素晴らしい巨木でした。

DSC05888 - コピー.JPG

DSC05883 - コピー.JPG

DSC05891 - コピー.JPG

DSC05892 - コピー.JPG



posted by 理乃 at 15:46| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

鹿児島プチ旅 その6 ついに知覧へ!

いつか行ってみたかった知覧。
そしてついに行くことができました。

知覧4_1.jpg

ホタル館富屋食堂。
太平洋戦争末期、特攻隊員から母のように慕われていた鳥濱トメさんの食堂を復元。

知覧1_1.jpg

さつま揚げのお店。

知覧3_1.jpg

土筆を見つけた…。

知覧2_1.jpg

さて、それでは武家屋敷へ行ってみることにいたしましょう。

知覧9_1.jpg

石垣の上の植木のカットがユニークで美しい。

知覧8_1.jpg

侵入を防ぐ入り口の構造。

知覧5_1.jpg

手入れの行き届いた庭園。

中にはお雛様と兜、刀などを展示。

知覧7_1.jpg

知覧6_1.jpg

知覧10_1.jpg

休憩スポット。
近くから移築された知覧型二ツ家と呼ばれる茅葺の民家。

知覧11_1.jpg
posted by 理乃 at 20:35| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

鹿児島プチ旅 その4 道の駅『活お海道(いおかいどう)』

鹿児島の旅の続きです。

どこかへ出かけたら道の駅に立ち寄ることも忘れません。

活お街道11_1.jpg

指宿、山川港の道の駅『活お街道』です。
http://io-kaido.com/

活お街道1_1.jpg

入り口にあった巨大桜島大根。

活お街道2_1.jpg

雪割草。すてきな名前。

活お街道3_1.jpg

おひなさまも飾ってありました。

活お街道4_1.jpg

活お街道5_1.jpg

コラーゲン入り、山川コロッケ。
日本に帰国して、いろんなコラーゲン商品があるので
確実にお肌の調子がアップしてます。

活お街道6_1.jpg

初めてみる野菜発見。
お初なものは、とりあえず試してみたくなる性分。
なるほど、ブロッコリー+カブな感じ。
わたしは◎だけど、家族は…。

活お街道8_1.jpg

活お街道9_1.jpg

ここは鰹節の産地です。
いろんな鰹節の商品があって目移りします。

活お街道7_1.jpg

これグッド。たっぷりしたかつお。ごはんがいけます。

そして、お馴染み山川漬け。
ここが産地だったんだ〜!
産地だからカツオだしも十分入っていて、美味しい!

活お街道10_1.jpg
posted by 理乃 at 13:10| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

鹿児島プチ旅 その3 指宿いわさきホテル

鹿児島の旅で泊まったのは
指宿いわさきホテル。
http://ibusuki.iwasakihotels.com/

姶良から海岸沿いを通って行ったのですが、
これはけっこう道が混んでおりまして、
行けども行けども着かずという感じでした。

ホテルはハワイの建築家がデザインしたということで
広大な土地に広大な建築がど〜んと建っておりました。いわさきホテル_1.jpg

はじめて砂風呂を体験。
けっこう砂が重い…。そして背中が熱い…。

ホテルの朝焼け_1.jpg

朝焼けがきれいでした。

とんび_1.jpg

とんびがたくさん飛んでいました。

ホテルの朝食はバイキング。とっても美味しかったです。

ホテルの朝食_1.jpg

ホテル朝食2_1.jpg

ホテルを出るとき、ものすごく大きなハーレーがスタンバイ中でした。

ハーレー_1.jpg



posted by 理乃 at 10:17| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

鹿児島プチ旅 その2 隼人三葉躑躅(ハヤトミツバツツジ)

今回、鹿児島でよく見かけた花です。

ソメイヨシノのように花だけを先に咲かせる樹木。
その濃いピンクの色が早春を告げ、
すがすがしい気分にさせてくれます。

隼人三葉躑躅(ハヤトミツバツツジ)。
別名「岩躑躅」。

iwatutuji1_1.jpg

iwatutuji2_1.jpg
posted by 理乃 at 09:29| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

鹿児島プチ旅 その1 姶良の『pecora』

現在、多量のライティング作業に追われておりまして、
更新がままならずごめんなさい。
3月10日と11日、鹿児島までドライブしてきました。
2日で走行700キロという人生初の長距離運転をしました。
また少しずつしかご紹介できませんが、
まずはこの旅の目的、
アリスさんがやっているギャラリーカフェをご紹介します。
場所は姶良インターの近くです。

ペコラ10_1.jpg

ちょっと迷ったものの、無事到着!
やったーやったー。やっと来たよ。アリスさん。

アリスさんの作品とアリスさんのおじさんの作品が掛けられているギャラリーカフェです。

ペコラ1_1_1.jpg

ペコラ2_1.jpg

アリスさんらしい、すてきな空間です。

お花もすてき。

ペコラ4_1.jpg

ペコラ3_1.jpg

ペコラ8_1.jpg

そして、ごはんが美味しかったの〜。

ペコラ5_1.jpg

いろんな野菜、それもこだわってセレクトしたお野菜が美味しい。
ドレッシングも美味。

ペコラ7_1.jpg

このグリーンカレー。
なんだってこんなに美味しいの? でした。
辛さも甘さもあって、こくがあって。
入っているものも美味しくて、
にんじんも金時にんじんじゃないのに、まっかっかで甘い。
ごほんの盛り方もよくて。

デザートももちろん美味。
盛り付けもおしゃれ。

ペコラ9_1.jpg

すてきなギャラリーカフェ。
鹿児島に行く途中でぜひ寄ってみてくださいませ。
さて、さて、これから女4人のにぎやかな旅が始まります。
posted by 理乃 at 20:32| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

pecora

落ち込むことが多い日だけど、
元気を出して…。

先日、会った鹿児島の親友。
彼女は鹿児島でカフェ・ギャラリーを始めました。
3月の休暇で彼女に会いに鹿児島まで車を走らせるつもり。
イラストレーターの彼女。
これも彼女のイラストです。
早く、あったかくな〜れ。

pecora2_1.jpg

pecora1_1.jpg
posted by 理乃 at 00:36| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

ボンタン漬け

ボンタン漬けをいただきました。

DSC03536_1_1.JPG

青切?
いつも、舟形をいただいて、
この丸いタイプはほとんどいただきません。

周りの若い人が、そもそもボンタンを知らないみたいなので、
ボンタンとは何から始めましょう。。。
ボンタンとはとっても大きな柑橘類です。

大きくするために間引きするのかな。
青く若い状態で輪切りにして砂糖漬けにしたものが青切なんですね。
ザボンともいいます。

大きく育てて中皮を砂糖漬けにしたものが舟切です。
大きいから櫛型に切るんですね。

ボンタン漬けなんていう名前だけど、
ボンタングラッセというと、もっとおしゃれに聞こえて売れるかも。。。
とっても美味しいジャパニーズスイーツ。
大好きです。

DSC03542_1.JPG

でもボンタンって?
って、思った方。。。いますか?

では、今日はここを語っちゃいましょう。

時は1772年。
鹿児島の阿久根の沖で広東の商船が難破しました。
地元の人たちは漂着した中国人を助けて厚くもてなしました。
そのお礼に船長は失楽・白楽という果物を贈りました。
阿久根の人々はその果物の品種改良を重ね、
鹿児島を代表する果物「文丹(ボンタン)」として大事に育ててきました。
この船長の名前こそ、謝文丹だったのです〜!
posted by 理乃 at 20:56| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

鹿児島の丸ボーロ「古代の詩(うた)」

さつまいもって、おいしいけど、
そのものはもそもそしているから、
加工食品の方が好き。

平成11年さつま芋食品コンクールで最優秀賞を受賞した
この丸ボーロは、けっこうお気に入り。
藤乃家製菓の「古代の詩(うた)」。

古代の詩1_1.jpg

むらさき芋とオレンジのと、普通のと、
3種のお芋がトッピングされているのもうれしい〜るんるん
生地はソフト。
もっといろんなところで買えたらいいのにな。

古代の詩12_1.jpg

■藤乃家製菓
鹿児島市小川町12-5
TEL:099-223-8028
posted by 理乃 at 20:55| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

勘場蒲鉾のつけあげ

鹿児島に行ってしまった親友(T_T)が
つけあげを送ってくれました。

福岡ではさつま揚げと言いますが、
鹿児島ではつけあげ。

そしてつけあげはダンゼン!鹿児島のが美味しいのです。

この勘場蒲鉾のつけあげもとても美味しかった〜。
ふっくらして、新鮮で、甘味があって。
ありがとう。親友。

つけあげ_1.jpg

■勘場蒲鉾 加治木店
鹿児島県姶良市加治木町木田945-1
TEL:0995-62-0600

posted by 理乃 at 00:06| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

鹿児島のお土産

身近な薩摩おごじょが鹿児島にお墓参りに帰ったため、
お土産をおねだりしました。

素朴な薩摩のお菓子が大好きです。
おかげで1`太ってしまいましたが、
また元に戻しました。セーフ(・。・; )

satuma1.jpg

これは有名な明石屋のかるかん饅頭と春駒。
この春駒、特に好きです。

明石屋は鹿児島市金生町にある和菓子屋。
安政元年(1854年)の創業。

春駒は200年以上前に薩摩藩士が考案した和菓子だそうです。
北海道産の小豆を使った餡ともち粉と砂糖を練って蒸したもの。
鹿児島版ういろうって感じ?
薩摩のお菓子はなぜか蒸したものが多いですよね。

satuma2.jpg

これはぼんたん漬け。
苦味と甘味がある砂糖漬け。
疲れたときに、ついつまみたくなります。

satuma3.jpg

これはさつま揚げ。
でも、薩摩おごじょはさつま揚げとは言いません。
つけあげ、と言います。
それが鹿児島での呼び名です。

これはあくまき!

satuma4.jpg

これがまた大好きで…。
好き嫌いあると思うんです。
でも好き。
薩摩のちまきですね。

一晩灰汁(あく)に漬けたもち米を、
灰汁に漬けておいた竹ので包み、
竹の皮で作ったひもで縛り
灰汁で3時間〜半日程度炊いたもの。

えー、灰汁で炊くの?
そうなんですよ。そんな食べ物なのです。
灰汁で炊くためミネラル類が多く含まれます。
灰汁は樫などの硬木の灰が上等とされています。

あくまきはもち米を炊いただけなので、
それだけでは味がありません。
食べ方はいろいろですが、
家ではざくざく削った黒砂糖をかけていただきます。

satuma5_1.jpg
  ↑
このような黒砂糖を包丁で削ります。

あくまきを切る時は包丁は使いません。
べちょべちょしているので包丁にくっついて
切りにくいのです。
皮を包んでいる竹の皮製のひもを細く裂き糸にして切ります。
糸を湿らせて、あくまきを一周巻いて
縛るようにして切ります。
これができたら、あなたも鹿児島通!

satuma6_1.jpg


かわいいPR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
可憐で小さなバラがかわいい磁器の除菌シートボックス







posted by 理乃 at 00:23| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする