2016年06月08日

銀座文明堂のバームクーヘン

忙しい日が続き、ちょっと一服。

DSC_0561.JPG

昨日いただいた銀座文明堂のバームクーヘン。

DSC_0563.JPG

アイシングしてあって、
とてもおいしくいただきました(⌒-⌒)
posted by 理乃 at 12:27| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

東京スカイツリークリスピーショコラ

いまだ静養中という感じで、
あまり活動的でないわたし…。
グルメネタばかりになってますね…。
さて、今日もグルメネタ(笑)

日本の職場は、いろんなお菓子をいただいちゃったりします。

これは東京土産の『東京スカイツリークリスピーショコラ』。
おしゃれだし、美味しかったです。
細いからお口に入れやすいのがグッド!
作っているのはモロゾフみたいだけど。

ホワイトチョコの中にはコーンフレーク、パフ、ドライクランベリー…。
サクサクチョコですよ〜。

スカイツリーチョコ_1.jpg

スカイツリーチョコ2_1.jpg
posted by 理乃 at 18:18| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

江戸のたび その9 麻布茶房のあんみつ

江戸のたびのラストです。
たびの最後は甘いものでしめくくり。

上野駅の麻布茶房であんみつをいただきました。

あんみつ_1.jpg

中身の一つひとつが大きくてしっかりしています。
求肥も美味しかったです。

お店は東京だけかと思いきや、
北は北海道から南は九州まで、
さらには台湾、香港、シンガポール、インドネシアまで展開していました。

※以下ホームページ参考
1979年、東京の南麻布に一号店をオープンしたのが屋号の由来。
和の雰囲気を現代風にアレンジし、
アンティークを巧みに使用した落ち着きある店内で、和風スイーツがお食事が楽しめます。

うどんなどのお食事も気になります…。

◆麻布茶房アトレ上野店
東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野2F
TEL:03-5826-5833

福岡にもチェーン店があります。
◆麻布茶房イオンモール福岡店
糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1 イオンモール福岡1F
TEL:092-939-7575


posted by 理乃 at 17:25| Comment(2) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

江戸のたび その8 妖気! 穴稲荷

上野公園の一角にある花園稲荷神社。

創祀の年月は不明。
古くからこの地に鎮座して、
忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)というのが正しい名称だそう。
かつては石窟の上にあり、穴稲荷ともいわれていました。

一度廃絶したお社は承応三年(約340年ほど前)に再建されています。
幕末は最後の激戦地(穴稲荷門の戦)ともなりました。

明治六年に再興されたとき花園稲荷と改名されています。

花園稲荷神社1_1.jpg

普通はここでお参りしておしまいかもしれません…。
でも、見つけてしまったのです。
穴稲荷と呼ばれていたころの場所を…。

そこは、どうもお穴様と呼ばれているようです。

穴と名のつくところは、こわいです…。

お穴様の左奥にはお社があり、
ここに寛永寺が出来る際、忍岡の狐が住むところがなくなることを憐れんで、
一洞を造って社を祀ったといわれています。

さて、では本殿の右上にある穴稲荷へと参りましょう…。

花園稲荷神社6_1.jpg

鳥居の前の狐たちもこわいです。

花園稲荷神社2_2_1.jpg

花園稲荷神社3_1.jpg

花園稲荷神社4_1.jpg

忍岡といい、石窟といい、
ここは江戸より遥か昔から何かがいたような気配がしてなりません。

狐が住むところがなくなったと憐れんだのに
穴にはフェンスが…。

この穴の向こうは時空を超えた
何か不可解なものが潜んでいるような気がしてならない
妖気漂う場所でした。

こわくて中はのぞけません…。

花園稲荷神社5_1.jpg
posted by 理乃 at 23:14| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

江戸のたび その7 東照宮

上野の東照宮(とうしょうぐう)は東照大権現である徳川家康、
徳川吉宗・徳川慶喜を祀っています。

東照宮1_1_1.jpg

寛永4年(1627年)、藤堂高虎が上野の自邸の敷地内に創建。
現在の社殿は慶安4年(1651)に家康の孫の徳川家光が改築したもの。
社殿は現在修復工事のため残念ながら見ることができませんでした。

東照宮4_1.jpg

ここの絵馬は狸。
けっこう好きです。

境内では広島と長崎に落とされた原爆の火が燃えていました。

東照宮2_1.jpg

東照宮3_1.jpg


posted by 理乃 at 21:56| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

江戸のたび その6 旧東京音楽学校奏楽堂

江戸のたび、6回目は旧東京音楽学校奏楽堂です。

奏楽堂1_1_1.jpg

※以下ウィキペディア参考

奏楽堂は東京芸術大学音楽学部の前身である東京音楽学校の演奏会場として
明治23年(1890)に建設されました。
奏楽堂は2階にある講堂兼音楽ホールのことでですが、
今は建物そのものの名称となっています。

奏楽堂2_1.jpg

日本最古級のコンサート用オルガンの一つ、
アボット・スミス社製のパイプオルガンがあります。
日本唯一の空気式アクション機構を持つパイプオルガンです。

奏楽堂3_1.jpg

訪れたとき芸大生がここで行われるコンサートのために練習をしていたので、
実際に音を聞くことができました。
温かく響く音が印象的でした。

奏楽堂4_1.jpg

◆旧東京音楽学校奏楽堂
東京都台東区上野公園8-43
posted by 理乃 at 22:01| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

江戸のたび その5 韻松亭

上野での昼食はayaちゃんおすすめの「韻松亭(いんしょうてい)」でした。

韻_1.jpg

韻松亭は創業明治8年の老舗。
寛永寺の鐘楼に隣接することから、当時の博物館長が
鐘音が松に韻(ひび)く様子から韻松亭と名付けたということです。
横山大観がオーナーだった時期もあるそうです。

韻松亭1_1.jpg

豆と野菜を使った料理が中心です。

この日は花籠膳「月」(2600円)にすることにしました。

韻松亭2_1.jpg

籠の中に美しく盛り付けられた料理。

おかめの中身は湯葉。

韻松亭4_1.jpg

豆ご飯がとってもおいしい。

韻松亭3_1_1.jpg

炒った大豆が入っています。塩加減がちょうどよく、たまりません。


韻松亭5_1.jpg

手作りの生麩の田楽も美味。

韻松亭6_1.jpg

あと茶碗蒸しも付いていました。
生麩のデザートも、もちろん美味しかったです。

古い日本家屋の雰囲気もお料理も洗練されていて、
とても満足のいくお店でした。

◆韻松亭
東京都台東区上野公園4‐59
TEL:03-3821-8126    

posted by 理乃 at 01:33| Comment(4) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

江戸のたび その4 西郷隆盛像

上野の西郷隆盛像を見たことがなかったので
探してみました。

上野の西郷隆盛像は高村光雲の作。
傍らの犬ははお気に入りの薩摩犬の雌犬の「ツン」。後藤貞行作だそうです。

除幕式は西郷の死後21年たった明治31年のこと。
公開の際に招かれた西郷隆盛の妻、糸子さんは
「宿んしはこげんなお人じゃなかったこてえ(うちの主人はこんなお人じゃなかったですよ)」
と言ったそう。

西郷どん1_1_1.jpg

西郷どん2_1.jpg

浴衣姿のこの西郷どんは
いかつさがなく、ずいぶんソフトなイメージです。
posted by 理乃 at 01:32| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

江戸のたび その3 上野駅

江戸のたび。
ここからは年下の友達、ayaちゃんと一緒です。
趣味が合うayaちゃんと楽しく上野を回ってきました。

さて、待ち合わせは上野駅。
駅そのものも見てみます。

上野駅1_1_1.jpg

上野駅広小路口前のガード下にある「あゝ上野駅」の歌碑。

上野駅2_1_1.jpg

C62形蒸気機関車と駅に降り立った学生服姿の若者達が描かれています。

1932(昭和7年)竣工の上野駅はレトロな意匠にあふれています。

上野駅3_1_1.jpg

上野駅8_1_1.jpg

上野駅7_1.jpg

上野駅9_1_1.jpg

中央改札上には猪熊弦一郎作の壁画『自由』(1951)。
これもまたレトロな味わいの絵画です。

上野駅4_1.jpg

上野駅5_1.jpg

猪熊弦一郎は1938年にフランスにわたってマティスの指導を受けています。
くすんで落ち着いた色合いは日本的ですが、
人物の描き方などは、なるほどマティスの影響ありですね。
posted by 理乃 at 17:13| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

江戸のたび その1 渋谷「菜な」

とても大事な用事があって、東京に行ってきました。

江戸のたびその11_2_1.jpg

江戸のたびその12_1.jpg

用事は無事終了。
今回の東京行きを利用して、江戸のたびをすることにしました。
今夜はその1回目。
ホテルを渋谷東急インに取ったので、
ととろ姉さん夫妻と再会。
とっても美味しい和食をおごってもらいました。
「菜な」っていう和食のお店です。
では、さっそくお料理を…。

いいですハートたち(複数ハート)「菜な」。

「菜な」は京のおばんざいと炙り焼きの店。
京都から直送したお野菜がおいしいこと!
正統派和食がいただける大人の雰囲気の洗練されたお店でした。

お通しはこんにゃくのお刺身。
もっちもっちしていて、わらびもちのようで、
これまでいただいたことがあるものとは違うって感じ。

江戸のたびその1 2_1.jpg

江戸のたびその13_1.jpg

かさごのお刺身。

江戸のたびその14_1.jpg

おばんざい五種盛り

お出しトマト、焼きエリンギと豆苗のおひたし、
クリームチーズと牛肉の炙りなど。
このトマトのお料理作ってみたいな〜。

江戸のたびその15_1.jpg

これ何だと思います?
湯葉をめくると…、
サラダなんです〜。

江戸のたびその18_1.jpg

合鴨とちぢみほうれん草のからし醤油和え。


江戸のたびその16_1.jpg

甘鯛とごぼうの塩唐揚げ。
話題の調味料『塩麹』で味付けした甘鯛の唐揚げ。
この、ごぼうが…、最高です…!

これは京都の錦から直送された京野菜の堀川ごぼう!
堀川ごぼうは伝統京野菜の1つで、
真ん中に穴が開いた太いごぼう。
豊臣秀吉が築いた聚楽第。
その堀跡に埋めたごみの中にごぼうが捨てられていたものが大きく育ったのだとか。

甘鯛も美味しかったです。

あんまり美味しくて、感動で、おかわり!

江戸のたびその17_1_1.jpg

とってもやわらかいごぼうです。

江戸のたびその19_1_1.jpg


生麩の田楽。
もっちもち〜。

美味しい店はデザートも半端じゃない。これ常識ですね。

江戸のたびその110_1.jpg

さつま芋のレアチーズケーキ。

江戸のたびその1_1.jpg

黒ゴマプリン。
全身ゴマみたいな、いい香り。
こんな黒ゴマプリン、ないです〜。

と、いうわけで、おいしいごはんをごちそうさまでしたハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)

◆菜な 渋谷宮益坂下店
東京都渋谷区渋谷1-14-16 渋谷野村證券ビル B1
※JR渋谷駅 宮益坂下出口 徒歩2分
TEL:03-5468-9696
月〜金 17:00〜24:00(LO23:00)
土・日・祝 16:00〜24:00(LO23:00)
無休

※渋谷マークシティ店・コレド室町店
posted by 理乃 at 22:31| Comment(6) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

「花園万頭」のくず万頭

お土産に東京の花園万頭のくず万頭をいただきました。

お上品な夏の和菓子で
とても美味しかったのでご紹介します。

kuzumanjyu2.jpg

花園万頭の前身、石川屋本舗は天保5年(1834)、
金沢で創業し、明治末期に東京へ進出しました。
近くにあった新宿の鎮守、花園神社にちなんで
店名を「花園万頭」としたそうです。

いただいたのはくず万頭。
使われているのは森野吉野葛本舗の吉野葛です。

kuzumanjyu1_2.jpg

こしあんをとろっっとした葛でくるんだ
とても上品な和菓子です。

お中元にも最適。
ネットでも買えますよ。
http://www.tokyo-hanaman.co.jp/
posted by 理乃 at 21:47| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする