2013年01月17日

ベトナムのお菓子 緑豆餅

生徒からもらった
ベトナムのお菓子、緑豆餅。

ホアアン1_1.jpg

緑豆のパウダーをかためたお菓子です。
食感はきな粉みたい。
同じ豆の粉だから似てるんですね。

ほろほろと、口の中で溶けていく
やわらかいお菓子です。

ホアアン2_1.jpg
posted by 理乃 at 20:21| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

ムース・ド・フォワ・ド・カナール

ヌメア最後の日に日本人のお友だちからいただいた
大好きなファグラの加工品。

パンに塗って食べるとき幸せるんるん

ニューカレでできたお友だちを訪ねて
近い将来、フランスに行きたいと密かに思ってます。
遠いフランスを夢見て…。いただきます。

ファオアグラ1_1.jpg

ファオアグラ2_1.jpg
posted by 理乃 at 19:41| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

ラクレット

ミーナさんからスイスのチーズをいただきました(⌒-⌒)
大のチーズ好きなので、うれしいるんるん

はじめてのチーズの名はラクレット。
DSC03203_1.JPG

スイスの郷土料理に使われるチーズですって。
フランス語で削るっていう意味らしい。
ということは削ってお料理に使うのかな?

ミーナさんのアドバイスどおり、ゆがいたポテトの上に載せて、
オーブントースターで焼いていただきました。
美味しい〜ハートたち(複数ハート)

とっても口に合うチーズでした。
posted by 理乃 at 01:34| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

中国のどんぐり

おとなりの席のKさんから中国のどんぐりをいただきました。

どんぐり_1.jpg

味はマカダミアナッツに似ています。
意外に美味しい。
中国ではどんぐりがよく食べらているんですって。
チョコにも入っていたりするらしいです。

蒸しパンを作ったのでトッピングしてみました(⌒-⌒)

どんぐり2_1.jpg
posted by 理乃 at 01:23| Comment(3) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

韓国料理をご馳走に

昨日の続きです。
元同僚の韓国人Hさんのお宅にお邪魔したときに
ご馳走になったお料理です。

ビビンバ_1.jpg

ビビンバ!
久しぶりのビビンバを手料理でいただけるなんて幸せ。。。
マットにはハングルが。。。

チャプチェ_1.jpg

チャプツェ。
春雨を炒めたもの。
上に載っているのは糸唐辛子。

ちぢみ_1.jpg

チヂミ。

えごまの葉_1.JPG

エゴマの葉でひき肉を包んだもの。
これ作ってみたいなぁ。

どれもとっても美味しかったです。
ごちそうさまでした。

Hさんのお宅にうかがって、
さすがに違うと思ったのがキムチ冷蔵庫!

キムチ冷蔵庫_4_1.jpg

う〜ん。これはすごい。
これは日本の家庭ではお目にかかれません。


posted by 理乃 at 21:26| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

「筥崎とろろ」

県立図書館で調べものをする機会が多く、箱崎を訪れます。
そこで以前、某建築家の先生に教えてもらっていた
「筥崎とろろ」というとろろ飯専門店で昼食をとることにしました。
とろろ飯専門店というのも珍しいかと思うんですが、
ここは町家を利用したお店なんです。
そう意味から建築家の先生は紹介してくださったのですが。。。

ほら、町家ですよ。

hakozakitororo5_1_1.jpg

昔懐かしい家屋。。。

hakozakitororo1_1.jpg

中も落ち着きます。

では、さっそくとろろ飯を注文しましょう。

これは筥とろ丼の小です。
とろろ丼、小鉢、味噌汁、漬物のセットです。
小は800円で、大盛りは1000円。

hakozakitororo2_1.jpg

hakozakitororo3_1.jpg

hakozakitororo4_1_1.jpg

自然を食べてる感じ。
すこぶるヘルシー。
ごはんは麦が混ざってます。
山芋の野趣あふれる味には素朴な麦飯が合います。

筥崎宮のすぐ近くです。


■筥崎とろろ
福岡市東区馬出5-12-9
TEL:092-651-2153
休み:月曜(祝日の場合は翌日)
※駐車場は道をはさんだお店の前




posted by 理乃 at 22:22| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

松葉の「にしんそば」と聖護院八ツ橋の「生八ツ橋」

もう終わってしまったんですが、
大丸で「大京都展」をやっていたので、
お昼休みに覗いてきました。
京都暮らしの経験があるので、懐かしいんです。

松葉は創業文久元年(1861年)。
二代目松野与三吉が明治の中ごろ、にしんそばを発案しました。

松葉_1.jpg

にしんそば1.jpg

そして生八ツ橋。
聖護院八ツ橋のがいいです。

聖護院1_1.jpg

聖(つぶあん入り生八ツ橋)。
選り抜きの小豆を炊いたつぶあんを、
柔らかい生八ツ橋で包んでいます。
しっとりして上品で
ニッキの風味がたまりません。

聖護院2.jpg


■聖護院八ツ橋
京都市左京区聖護院山王町6番地
TEL;075-752-1234
posted by 理乃 at 22:28| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

フツーのチーズがオシャレなワインのおつまみに

お正月に教わったチーズの食べ方。
最初はえー、と思ったんだけど、
これ、意外といけちゃうのでアップします。

チーズにはちみつをかけていただくのです。
ワインに合うおつまみになります。

チーズ.jpg
posted by 理乃 at 23:35| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

荒尾でお食事するなら「和人庵」

ソラリアでジャン=ピエール・ジュネの「ミックマック」を見てきました。
レディースデーを狙って、今の同僚と。
面白かった〜!
彩度の高い映像と、不思議なキャラクター。
アートなセット。
兵器会社批判をユーモアを交えてシュールに描いた映画です。

さあ、では今日のグルメ情報。
今日は熊本県荒尾市の「和人庵」というお店。
民家を利用した和食のお店で、とっても美味しい。
お店の方もすてき。
日曜、ここで会食をしたのです。

では、お店の位置から。

wajinan1_1.jpg

wajinan2_1.jpg

お食事は3500円のコースです。

まずオードブル。

wajinan3.jpg

wajinan4.jpg

一つ、一つ手が込んでいて、
これを見れば、これから出てくるものも期待できます。

wajinan5.jpg

お店の一部。
とても立派なおうちです。
書の字が何て書いてあるか分からなくて、
「だいだい」とか言ってたけど、
ほんとは「つぼ」でした。。。

wajinan6.jpg

お刺身の鮮度もバツグン。

wajinan7.jpg

わたしは、このビーフシチューが大好きでした〜。

wajinan8.jpg

中に大きな栗もコロンと1個入ってました。
ふーふーしていただくけど、
猫舌なので、この手のものは口を火傷しちゃう。。。

wajinan9.jpg

wajinan10.jpg

エビフライ。
茶碗蒸しがあったけど、これは撮り忘れ。。。

天ぷら。

wajinan11.jpg

織部焼きの器。
お塩はカレー味。

wajinan12.jpg

ごはん。
この白ごはん、もっちもっちしていて、美味しかったなぁ。

wajinan13.jpg

アップ。卵焼きの上にうなぎです。

wajinan14.jpg

デザートはチョコフォンダンとなし。

wajinan15.jpg

コーヒーカップが珍しかったので3種とも撮影しました。
ルクセンブルグのビレロイ&ボッホのカップ&ソーサー。
1748年創業の会社です。

wajinan.jpg

wajinan17.jpg

wajinan18.jpg

タヒチの女?

おすすめなので、お近くの方はどうぞ。
昼夜とも2500円の旬の膳というのもあります。

★おまけ
ビレロイ&ボッホ社のカップ&ソーサー1枚目の写真の絵が一部かくれてましたので、
おまけ写真をつけます。

osaru.jpg

おさるさんと。。。

arikui_1.jpg

ありくいです〜。
面白いモチーフです。

このカップ、意外に取っ手が持ちやすいんですよ。


■旬鮮 和人庵
熊本県荒尾市宮内208-1
TEL:0968-62-1626
完全予約制
木曜定休

posted by 理乃 at 23:38| Comment(3) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

田主丸の若竹屋酒造場の食事処「和くら野」

田主丸で美味しい和食をいただいてきました。
前から行ってみたかった「和くら野」。


創業元禄12年若竹屋酒造場の食事処頃が「和くら野」です。
お酒を販売している蔵は三百年前の建物です。
初代・若竹屋伝兵衛さんが酒造りを始めたのは元禄禄時代(一六九九年)のことでした。
現社長で14代目。

和くら野.jpg

さて、では早速「和くら野」のお料理をご紹介しましょう。
今回は2800円の「和くら野膳」をオーダー。

和くら野10.jpg

このお豆腐が絶品。
何もつけなくて大豆の甘味でとっても美味しい。

和くら野2_1.jpg

これはポテトのお焼き風肉味噌かけ。

メーンは山女の甘露煮。

和くら野3.jpg

これが、じっくり煮込んであって、
頭から尻尾まで全部食べられます。
とっても美味しい。

和くら野4.jpg

これはひき肉のワイン煮。
ワインは同じ系列の巨峰ワインのワインを使っています。

和くら野5_2.jpg

ごはんには赤米が混ざってます。
お漬物はたぶん酒蔵の酒粕を使った粕漬けみたいでした。

和くら野9.jpg

最後のデザートは甘酒のムースに柿のジャムを載せたもの。
これにコーヒー付き。
食前酒も付いてたんだけど、車だったのでカット。。。

とってもすてきな和食でした。

お酒も買って行くことにしました。

和くら野6.jpg

和くら野7.jpg

「和くら野」でも出されている吟醸生酒。
これはまだ飲んでません。。。
あとのお楽しみ。。。

■創業元禄12年若竹屋酒造場
久留米市田主丸町田主丸706
TEL:0943-72-2175


posted by 理乃 at 21:51| Comment(5) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

神宗(かんそう)の佃煮は絶品

大阪の佃煮の老舗「神宗」をいただきました。
これは素晴らしい。
佃煮の絶品です。
贈答にもおすすめ。
素材の確かさ。複雑な風味。
暑いときのごはんもいけます。

神宗は初代神嵜屋宗兵衛が、
天明元年(1781年)に大阪に海産物問屋を創業。
のち京町堀(元ざこば)に移りました。
それから、代々の店主が原料の厳選と味覚の向上に精進を重ね、
独自の加工法で作りあげた味を伝えています。

kanso2.jpg

kanso1.jpg

kanso3.jpg

これ、福岡でも買えちゃいます。
大丸で。

■神宗【博多大丸福岡天神店】 本館地下2階
TEL:092-712-8181(代)

posted by 理乃 at 00:06| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

「木藤商店」のメンタイ

明太子屋は数あれど。。。
一番のお気に入りは「木藤」です。

kifuji.jpg

ネタが違うんです。
明太子がでかい。。。
でかくて高いのはあたり前なんだけど、
でかくても安いのが魅力。
味付けも、もちろん◎。

kifuji2.jpg

ビニールをとった写真がなくてごめんなさい。
これで1000円。

わたしは生のまま食べるのが好き。

どうでもいいことなんですけど、
ここは角界や芸能人にファンが多く、
訪れると、
この前は誰それが来たのよって話をよく聞きます。


■木藤商店
福岡市南区市崎1丁目2-30
TEL: 092-521-5174
http://www.kifuji.com/index.php



posted by 理乃 at 22:50| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

鞍手の「うどん屋仁」

直方に向かう途中、
お昼の食事をとったのが「うどん屋仁」。
すご〜くおいしかったので、さっそくご紹介。

jin1.jpg

外観はこう。。。
目の前の田んぼにはジャンボタニシがうじゃうじゃいました。

名物、ごぼ天を食べてみることにします。

jin2.jpg

唖然。。。
でっかいごぼ天が5本も。
しかも飛び出してる。。。
こんなにたくさん無理〜と最初は思ったものの、
あまりの美味しさに完食。

太くてやわらかくて甘みのあるごぼうが
かりっと揚げられレいます。
器から飛び出していたのは
最後までかりっと食べていただきたいというお店の思いの現われでしょう。
麺は讃岐の中細麺。つるつるしてます。
かつおだしがまた美味しくて。。。

jin3.jpg

jin4.jpg

「焦がしにんにく」も自由に入れられます。

そして、そして、もう一つ名物が。。。
なぜかチーズケーキ。

jin5.jpg

鞍手名産“味宝卵”とニュージーランド産のクリームチーズを使って、
フライパンで焼いたチーズケーキ。
ベイクドタイプだけど焼き加減はミディアムレア。
これも美味しかったです。


■うどん屋仁
鞍手郡鞍手町大字室木430−1
TEL:0949‐42‐8849
posted by 理乃 at 01:33| Comment(6) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

「道の駅うきは」のだご汁

うきは市の「道の駅うきは」。
前回訪れたときは雨。
今回も雨でしたけど、
前回よりはましでしたのでデッキの写真を。。。

michinoekiukiha_1.jpg

いつもはお買い物をするだけでしたが、
今回はお食事処「なかよしこよし」で昼食をとりました。

IMG_2462.JPG

わたしが選んだのはだご汁。
美味しかったです。
黄色いのはさつまいも。

michinoekiukiha3.jpg


■道の駅うきは
福岡県うきは市浮羽町山北729-2
TEL:0943-74-3939
第2火曜日休館
posted by 理乃 at 01:24| Comment(4) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ミーナさん&アリスさんと筑後ドライブ  その4 シフォンケーキ

ミーナさん&アリスさんと筑後ドライブ、ラストです。
「巨峰ワイン」の自然を満喫したあと向かったのは、
道の駅「うきは」。

ここは高台にあってロケーションが大好きなんですけど、
残念ながら雨にけぶっちゃって今回は写真はお預け。。。

ドライブの終わりはミーナさんのおうちにお呼ばれして
ティータイムして帰りました。

実はこれも楽しみだったんです〜。
ミーナさんの花屋敷の花々のすばらしさ。。。
そしてケーキ作りの名人のおやつ。。。

では、ご馳走になっちゃったシフォンケーキをどうぞ。

シフォンケーキ.jpg

ナッツが入っていて、
ピーナッツオイルを使っていて、
あとは。。。なんか複雑なシフォンケーキで
頭に入ってなくて、ごめんなさい。
美味しかったです〜。

cup.jpg

そしていただいて帰った薔薇。
パフビューティーっていうんだそう。
なんて、すてきな色合い。
あ〜。またミーナさんの暮らしにうっとりしましたよ。
いつも、ありがとう。

パフビューティー2_1.jpg


posted by 理乃 at 20:27| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ミーナさん&アリスさんと筑後ドライブ その3 巨峰ワイン

ミーナさん&アリスさんと筑後ドライブ。
田主丸の「ストロベリーフィールズ」でパンを買ったあと向かったのは
「巨峰ワイン」。

緑の森の中にあるワイナリーです。


kyohowine1_1.jpg

なんてすてきな緑。。。
ここへ来ると、いつもうっとりします。。。

お目当てはブルベリーワイン。
ブルベリーがたっぷり入った濃厚なワインは
目にもいいし、
わたしの大好物。
毎日少しずつ飲んで、もうなくなってきつつあります。

ショップの近くで
カエルとおたまじゃくしを発見。
鳥の鳴き声と、
カエルの鳴き声、
そして透明な水の中のおたまじゃくし。
この自然がたまりません。
カエルとおたまじゃくし。。。
こういう当たり前の初夏の風物が
今ではなかなか味わえない。
それはやっぱり悲しい。

ではちょっとだけ。。。



posted by 理乃 at 00:15| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ミーナさん&アリスさんと筑後ドライブ その1 「風と野の紀行」でお食事

このブログにたまに登場していたお友だちの
GさんとAriさん。
これからGさんはミーナさん。
Ariさんはアリスさんに改めます。
で、二人はそれぞれわたしのお友だちで面識がなかったのですすが、
このたび結びつけました〜(*^-^*)
三人でドライブに出かけたのです。

出かけたのは筑後方面。
お食事は田主丸の「風と野の紀行」にしました。
以前一度ご紹介しています。

kazetononokiko9_2.jpg

民家を改装した食事処です。

kazetononokiko8_3.jpg

予約せずにいただけるメニュー。

menu.jpg

わたしたちは「なごみの膳」1800円にしました。

kazetononokiko1_2.jpg

kazetononokiko3.jpg

kazetononokiko.jpg

これはおなすですが、
かたくり粉を付けて煮ているので
もちもち感があります。

kazetononokiko6.jpg

これもついています。

kazetononokiko4.jpg

天ぷらとおそばも。

デザートは夏の和菓子。

kazetononokiko7.jpg

いいですね。和食。
美味しかったし、
とても落ち着いてお食事できました。

■ワインと家庭料理「風と野の紀行」
久留米市田主丸町地徳3221−9
TEL:0943−73−1688
11:30〜22:00
火曜定休

posted by 理乃 at 21:46| Comment(8) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

宗像のイアリアンレストラン「バルディルッソ」

このところ太宰府情報に熱を入れておりまして、
福岡情報がちょっとおろそかになっちゃってて、
ごめんなさい。
グルメから復活します。。。

故あって、理乃ママと宗像方面に車を走らせました。
ランチに選んだのは前から行きたかったレストラン。
「バルディルッソ」です。

bardilusso8.jpg

bardilusso5_2.jpg

どのコースにしようか悩みますが、
1500円のランチ「プラート」にしました。

さあ、では前菜から。

bardilusso9.jpg

イサキのカルパッチョ。
フレッシュなイサキ。
ドレッシングの味も絶妙。
オイルとビネガーのバランス、塩加減、
どれをとっても◎

次はパスタ。

bardilusso1_1.jpg

ベーコンと豆のパスタ。
お豆好きのわたしにはうれしいパスタ。
これも、とっても美味しくて!
最高です。

メインは宮崎県産きな粉豚ロースのグリエ。
トマトとケッパーのソース。
季節野菜添え。
これも黄な粉豚が美味しくて!
お野菜の盛り付けが参考になる〜。

bardilusso2.jpg

ドルチェはティラミス。

bardilusso3.jpg

美味しい〜。

さらにアフタードリンクも付いています。

bardilusso4.jpg

これで1500円なんて、
なんて良心的なお値段でしょう。。。

bardilusso6.jpg

これは庭に置かれていた航空機のアイデアを取り入れた
キャンピングカー。
どこかで見たことありませんか?
かっこいい。。。

国道3号線を通って北九州方面にお出かけの際はぜひどうぞ!

■BARDILUSSO(バルディルッソ)
福岡県宗像市原町2217−1
TEL:0940−37−3300




posted by 理乃 at 21:18| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

Ariさんと街中デート その4 イタリアンジェラート「ViTO」

前回、ご紹介したチーズ専門店「Le Point」を出て、
コインパーキングに戻ろうとすると。。。
何やら新しいお店に目を留めたAriさん。

1週間前にオープンしたイタリアンジェラートのお店というではありませんか。。。
なになに。。。

それではということで入ってみることに。。。

あー、イタリアンよぉ。。。
カラーがきれい!

vito2_1.jpg

vito3.jpg

vito4.jpg
vito6.jpg

vito7.jpg

vito5.jpg

どれにしようか迷います。
で、この左下のピスタチオにしました。

vito1_1.jpg

いかにも美味しそうでしょ。
た〜っぷり盛ってあるけど大丈夫。いけます。。。
コーンかカップか選べます。

vito8.jpg

vito9.jpg

なお、「ViTO」はベイサイドプレイスにも出店しています。

■Gelateria ViTO 平尾店
福岡市中央区平尾3-20-2 セシルコート平尾1F
TEL:092-522-2710




ラベル:VITO
posted by 理乃 at 23:09| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

Gさんと4月ドライブ その1 フランス料理「nonaka」

お待たせ〜?
Gさんシリーズです(*^-^*)

忙しくしていたもので、
なかなかGさんとドライブができなかったのが。。。
やっとできた!
もっち〜。
すてきなグルメスポットに連れて行っていただきました。

Gさん、チャーミングないでたちで登場!
若いなぁ!

この日の一番の目的はフレンチ。
ひさびさですよ〜。

福岡からだと三瀬を目指します。
場所は石釜。
明光寺前です。
かなり分かりにくいかもしれないけど、
がんばって行ってみて。

ここは農家レストラン。
ああ、わたしの一番好きなジャンル〜♪
しかもGさんのセレクト。
思いっきり期待できます。。。

nonaka1_2.jpg

シェフがおどけて、お出迎え〜。

nonaka2_1.jpg

ああ、なんてすてきなの。
フランスの田舎みたいよ〜。

nonaka3.jpg

食器はすべてジノリ。
ああ、これもツボを押さえてる〜。
しかも新しいジノリではなく、アンティークっぽい。

さあ、それではオードブルのテリーヌから。

nonaka4_2.jpg

自家製お野菜がしゃきしゃきして新鮮。

nonaka5.jpg

絶品スープ。
ポテト、サツマイモ、ニンニク、その他いろいろ入って
複雑な味のハーモニー。

nonaka7_1.jpg

一皿目のメインデッシュ。
サーモンで鶏肉だったっけ。。。をくるんだものに
オマールのソースがかかってます。
リゾットとパイも。
リゾットはチーズ味かな。
こくがあって美味。

nonaka6_1.jpg

ここで満足してたんだけど、
二皿目のメインもありました。
子牛のカツレツです。
添えられたお野菜も美味しい。
ソースはバルサミコ系。

nonaka8.jpg

nonaka10.jpg

お皿の模様もすてき。。。

nonaka11.jpg

デザートは三種。

nonaka12.jpg

ショートケーキ、ブランマンジェ、
裏山でとれたレモンのシャーベット。

nonaka13_1.jpg

とても趣味がよいレストランです。
立地、料理、もてなし、すべてが◎。
お気に入りになりました。

■nonaka
福岡市早良区石釜208-1
TEL:092-803-1070(予約制)
ランチ 12:00〜(¥3,500 ¥5,000)
ディナー 18:00〜(¥7,000 ¥10,000)






posted by 理乃 at 20:59| Comment(2) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする