2020年07月30日

大刀洗飛行場 第四聯隊正門・時計台・監的壕遺構

筑前町をナビが示すまま車を走らせていたら、
偶然、白い塔を発見しました。

20200728_140006 - コピー.jpg

なんだろう?と、
車を止めて案内板を見ると、
自分が旧大刀洗飛行場の只中にいたことに気づきました。
移動され、わずかに残されている戦争遺構。

20200728_140023 - コピー.jpg

20200728_135855 - コピー.jpg

20200728_135905 - コピー.jpg

20200728_140204.jpg

8月が近づくにつれ、
戦争遺構を訪ねることの重要性は
ますます高まっていると思います。
遠くに行けないコロナ禍の夏、
お子さん、お孫さんをつれて
近くの戦争遺構を訪ねてみるのはいかがでしょうか。
posted by 理乃 at 12:19| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

âge âge(アージュ アージュ)

緑の田園を車を走らせるのがいつも気持ちいい筑前町のフレンチ「アージュ アージュ」。

20200728_135307 - コピー.jpg

âgeはフランス語で歳ですが、歳を重ねるという意味を込めたネーミング。
シェフが一人で作る料理は手が込んでいて美味しいこと!
前菜が出てきた段階でテンションが上がります。

20200728_124713 - コピー.jpg

出てくるお料理、すべて美味しいです。

20200728_130203 - コピー.jpg

20200728_131820 - コピー.jpg

デザートはこのお店で人気のきわどいプリンをチョイス。

20200728_133243 - コピー.jpg

何がきわどいかというと、
プリンがとろとろしていて立ってるのがきわどいかららしいです。
筑前町は美味しいお店が多いと思います。
場所は旧大刀洗飛行学校正門近く。
posted by 理乃 at 16:44| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

モンテ・パラティーノ@筑前町

ローマの七丘のうち、最も古いパラティーノ。
そんな名前がついたイタリアンレストラン。
筑前町の刈り取りが始まった黄金色の小麦畑を抜けて車を走らせました。

20200601_145750 - コピー.jpg

モンテ・パラティーノは田園に囲まれた集落の中にありました。
美しい緑に囲まれた邸宅レストラン。
出てきたお料理はどれもこれも文句をつけるところのない美味しさ。

20200601_133500 - コピー.jpg

20200601_134014 - コピー.jpg

20200601_134923 - コピー.jpg

パスタは茹で加減もちょうどよく、
トマトソースは抜群に美味しかったです。

20200601_140131 (1) - コピー.jpg

デザートも三種でどれも満足するもの。

20200601_142155 - コピー.jpg

緑に埋没したお庭を眺めているだけで、
癒やされます。

20200601_133742 - コピー.jpg

筑前町のパラティーノはすてきなところでした。

20200601_145717 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:44| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

永利牧場「まきばの家」

前から気になっていた筑前町の永利牧場の「まきばの家」へ行ってきました。
家から30分で行ける牧場!

観光牧場ではないけど、レストランがあります。
それが「まきばの家」。

20190617_143646 - コピー.jpg

20190617_140946 - コピー.jpg

すてきなロケーション!

20190617_132720 - コピー.jpg

牛さんに食べさせるトウモロコシが植えられています。

20190617_141046 - コピー.jpg

牧場のプリンをいただくことにしました。

20190617_141448 - コピー.jpg

20190617_141538 - コピー.jpg

とろっとろで、濃厚で、とっても美味しいプリンです。

◆永利牧場
福岡県朝倉郡筑前町下高場1650
posted by 理乃 at 21:57| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

「街道カフェやまぼうし」筑前町

今日は母の付き添いの日でしたので、
ランチに筑前町の「街道カフェやまぼうし」へ行きました。

20180906_145957 - コピー.jpg

明治40年建築、築110年の日田街道沿いの古民家です。

20180906_133402 - コピー.jpg
ピザチキン。

20180906_135436 - コピー.jpg
ふわふわのチーズケーキ。

ランチを終えると二階を案内していただける機会がありました。

20180906_142644 - コピー.jpg
回り廊下。

20180906_142730 - コピー.jpg
扉の奥の階段。

元造り酒屋で、この建物は迎賓館的な役割をしていたということで、
細部の意匠にまでこだわった贅を尽くした建築に目を見張りました。

20180906_143824 - コピー.jpg
当時のモダンな照明。

20180906_143326 - コピー.jpg

大きな欄間のおしゃれな意匠。

20180906_143326 - コピー - コピー - コピー.jpg

20180906_143546 - コピー.jpg

20180906_143901 - コピー.jpg
源氏襖。窓は取り外し可能。

20180906_144049 - コピー.jpg
葉っぱの形の引き手。

20180906_144203 - コピー.jpg
すりガラス。

母も感心して拝見し、よい一日を過ごせたようで絶好調の日となりました。
この地を探し移り住んだオーナーご夫妻の
古民家と里山を愛する心に触れることのできるカフェ。
スローライフのヒントがいっぱいです。

posted by 理乃 at 17:33| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

味由(あじよし)

今日は母を病院に連れていく日。
お昼はミシュランガイドに掲載された筑前町の「味由」。
暑い日だったので季節メニューの「天てんぶっかけそば」をオーダー。
1100円。

DSC_0542 - コピー.JPG

筑前町のそばを自家で石臼で挽き、
福岡県産小麦を20%足したニハそば。
太めの麺の固茹でで噛みごたえあり、
お口の中でそばの切り口がはっきり分かります。
珍しいのはおもちの天ぷらが入っていること。
国産松の割り箸も無漂白、無薬剤。
帰りにそばの実をいただきました。

DSC_0543 - コピー.JPG

種をまいて育ててカイワレを食べよう。

◆味由
朝倉郡筑前町依井394-1
posted by 理乃 at 17:56| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

蒸し雑煮の「なかにし」

母の病院帰りに寄った筑前町の「なかにし」。
テレビに出たばかりの名物「蒸し雑煮」がいただけるお店です。
ちょうどお昼時で駐車場にとめられないほど満杯。
お店の人もとっても忙しそう。
母も美味しい美味しいと食べてました。

DSC_5168.JPG

中に入っているとびきり美味しいお餅について質問したところ、
「やまびこ」のものを使っているそう。
筑前町のもち米を使って作ったお餅。
おまんじゅうなどもあるようなので、
次回寄ってみたいと思います。
posted by 理乃 at 14:53| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

筑前町ファーマーズマーケットみなみの里

昨日、母の病院帰りに、
筑前町の産直の店、「みなみの里」に行ってきました。

DSC_4400.JPG

朝倉の富有柿がいっぱい。安いし、新鮮だし、産直ならでは。

DSC_4398.JPG

美味しくてたまりません。
立派なシクラメンもありました。
そして見逃せないのが三奈木の黒砂糖。

DSC_4395.JPG

福岡県で唯一生産されているこの黒砂糖は逸品!

DSC_4396.JPG

特徴は硬くないところ。
水分が多くてほろほろして食べやすい。
味も自然の旨味が最高。

DSC_4404.JPG

今年は水害に逢い、生産が危ぶまれてましたが、
こうして製品ができてよかった!

DSC_4406.JPG

生姜の砂糖漬けは、食べるとからだが温まってきます。
応援してます! 朝倉!
posted by 理乃 at 14:20| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

きゅーはく女子考古部 番外編 筑前町古墳めぐりの旅 B街道カフェ やまぼうし

女子たびにマストなグルメ情報。
太刀洗平和記念館近くには養鶏場が営む「たまごらんど」、
絶品サンドがある「ベイカーズサイン」などがあります。
そしてランチにセレクトされたのが、ここ街道カフェ「やまぼうし」さん。

DSC00879 - コピー.JPG

日田街道(薩摩街道)沿いの築100年の古民家。
かつて造り酒屋だった建物は土間、囲炉裏、回り廊下など、
風格があります。
いつものメニューはホームページでチェックしてください。
この日はきゅーはく女子のためだけの特別メニューを用意していただきました。

DSC00868 - コピー.JPG

お野菜たっぷりのヘルシーランチ。
ご飯には特産品の黒大豆が入ってます。
優しい、よいお味です。

DSC00884 - コピー.JPG

お庭では日本ミツバチが飼われていました。
外に出てみるとカチガラスが飛んでゆきました。

DSC00880 - コピー - コピー.JPG
posted by 理乃 at 22:12| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

きゅーはく女子考古部 番外編 筑前町古墳めぐりの旅 @ 大刀洗平和記念館

本日参加している部活、きゅーはく女子考古部の番外編がありました。
なんと筑前町役場とのタイアップ。
あいにくの雨でしたが、そこは元気な女子たち、なんのその。
一番最初に向かったのは砥上観音塚古墳。
30分の山登りのあと、狭い羨道をハイハイして石室に入ると
ゴンドラや星が描かれた素晴らしい装飾が見られます。
とても残念なのですが、わたしは山登りができないので一人別行動。
町役場のNさんが公用車で連れて行ってくださったのは大刀洗平和記念館でした。
以前から一度行きたかったところ。
ついにやってきました。
しかも館長さんがマンツーマンで解説をしてくれました。

DSC00804 - コピー.JPG

かつてここには東洋一の陸軍の大刀洗飛行場がありました。
誕生は大正8年。多くの施設がつくられ一大軍都であったのです。
上海、平壌にも飛行機が飛んでいた国際空港だった時期もありました。
陸軍飛行学校もありました。
写真に残る14歳から16歳の少年たち。
死ぬために飛んだ特攻隊を見送った場所でもありました。
幼さが残る少年たちの顔を見ると、涙があふれます。
戦争中、もちろん空襲を受け、昭和20年3月の攻撃で壊滅的な被害を受け、子どもたちを含む民間人が犠牲になりました。
空襲で亡くなった人は600人から1000人ほど。
集団下校の途中逃げ込んだ頓田の森で31人の子どもたちが亡くなっています。

DSC00827 - コピー.JPG

展示されていたゼロ戦三ニ型唯一の現存機は
マーシャル諸島タロア島のジャングルの中に眠っていたもの。
ボロボロになった操縦席を覗くと、
かつてここに座り、太平洋を南の島まで飛行し、
そして墜落していった人がいたことを思います。

DSC00834 - コピー.JPG

大刀洗平和記念館が存在する意味は、
けっして愚かな戦争を繰り返さないこと。
太刀洗飛行場に整列する飛行機。
戦争の飛行機はいらない。
そこに乗る人の不幸はもういらない。
送り出す人の不幸も、もういらない。
平和を願うために、ここは訪れてほしい施設です。

IMG_20160213_0001 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 21:19| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

筑前町の大己貴神社

夏の暑い日、
筑前町の大己貴神社を訪れました。
おおなむちじんじゃと読みます。

onamuchi3_1.jpg

onamuchi2_7.jpg
(※クリックすると大きくなります)

onamuchi5_1.jpg

onamuchi17.jpg


日本で一番古い神社という説があります。
日本書紀には神功皇后が九州に来たとき、
近くの古処山の麓にいた「羽白熊鷲」(はじろくまわし)という暴れ者を退治したとあります。
その際、この神社で征伐軍の兵隊を集めたいう伝承が残っています。

その伝説にふさわしい立派な神社です。
本殿、神殿の彫刻が素晴らしいのでご覧ください。

onamuchi31.jpg

龍。

onamuchi19.jpg

亀。

0namuchi32_3.jpg

牛?

onamuchi30_1.jpg
(絵馬堂)



■大己貴神社
朝倉郡筑前町弥永697−3


posted by 理乃 at 12:03| Comment(2) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする