2013年08月16日

筒井時正玩具花火製造所の花火

C'est les feux d'artifice fabriqués au Japon.

箪笥の奥から数年前の花火が出てきた。
以前、取材したときにいただいた花火だ。
昨日、みんなでしてみた。
線香花火は、もちがよく美しかった。

国産花火_1.jpg

国産花火2_1.jpg

国産花火3_1.jpg

◆筒井時正玩具花火製造所
福岡県みやま市高田町竹飯1917
Tel:0944-67-0764
http://www.tsutsuitokimasa.jp/index.html
posted by 理乃 at 20:47| Comment(2) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

大江天満神社の幸若舞

ここ数ヶ月、よく訪れていたみやま市。
最後の日にみやま市を代表する芸能に出くわしました。
「幸若舞」です。
「幸若舞」ってなに?ですよね。

それは室町時代に流行した語りを伴う曲舞(くせまい)。
今、残っているのはみやま市だけなんです。
能や歌舞伎の原型として、
700年の伝統があります。
それが毎年1月20日に大江天満神社で奉納されるのです。
この日、車でとおりすがりに「幸若舞」の看板を見つけたわたし。
1年に一度の日に出くわすなんてラッキー。
取材の若干のあき時間に寄ってみました。
これが集落の中にあり、
なかなか分かりにくいかも。
訪れてみれば、まさにクライマックス!
ここで終わろうかというタイミング。

では、その動画をどうぞ。



足を踏み鳴らす動きが独特です!

幸若舞は中世から近世にかけて武士に愛され、
平敦盛と熊谷直実の一ノ谷の合戦『敦盛』などが特に好まれました。
『敦盛』はかの織田信長が桶狭間の合戦出陣時に舞ったとされています。
信長の舞い姿はきりりとしたものだったでしょうね。

幸若舞が行われた幸若舞堂はとても立派な建築です。
本殿も見てみました。
天井には天井絵が復元されていました。

kowakamai3_2.jpg
(※クリックすると大きくなります)

kowakamai1.jpg

kowakamai6.jpg

kowakamai4_1.jpg

kowakamai2.jpg
  ↑
こちらは絵馬。

kowakamai7_1.jpg
(※クリックすると大きくなります)
ラベル:幸若舞
posted by 理乃 at 20:39| Comment(0) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

藤丸酒店の奈良漬

週末はジムへ行くとともに、
たいてい図書館にも行ってます。
ジムの帰りということや、
住んでいる太宰府の図書館は渋滞で行きにくいこともあって、
もっぱら大野城市の「まどかぴあ」を利用させていただいてます。
今日、借りてきたのは7冊。
後ろに人が並んでいる中で、
貸し出して差し出したのは
「鬼」とか「妖怪」とか「吸血鬼」とか
へんなキーワードが入っている題名の本ばかり。
さすがのわたしも後ろの人の冷たい視線を感じました〜(^^;)
いえ、調べたいことがあるのです。。。

さあ、今日はここ半年の間、
多く訪れたみやま市のお気に入りの奈良漬屋さんをご紹介します。

今でこそ酒造りというと城島とかが有名ですけど、
みやま市では盛んに酒造りがされていたのです。
藤丸酒店さんは酒屋さんなんですけど、
周りにある醸造元から酒粕を仕入れ、
さらにみやま市は美味しい瓜の産地でもあることから
奈良漬けを作っているんです。
取材で訪れて以来、
すでに2回立ち寄ってこちらの奈良漬を買ってます。
それほど、美味しいのです!
ぱりぱり新鮮で、
2回漬け変えしているという酒粕の風味が良く、
絶品です。
美味しい奈良漬を探している方、
一度食べてみてください。
地方発送してます。
1舟500円。

fujimaru.jpg

■藤丸商店
みやま市瀬高町上庄103-1
Tel&FAX:0944-62-2601 
※車は藤丸酒店さんの道を挟んで向かいにとめてください。



追記:
近ごろ、あんまり寝る時間が取れなかったから、
今日くらいは早めに寝ないと。。。
ベッドに変なタイトルの本を積んで。。。
あ、鬼や妖怪に悩まされて、
また寝れないかもねw



posted by 理乃 at 21:51| Comment(2) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

江口蒲鉾の絶品手作り蒲鉾

この半年あまり、
とあるプロジェクトに参加して福岡県内を取材して回ってました。
その仕事もあと少しで終わろうとしています。
そこで多く訪れたのがみやま市。
多くの人々と会って、
なんだか馴染みのある町に変わりました。

最近訪れたのが「江口蒲鉾」さん。
矢部川の河口近くにあり、
川を渡れば柳川というところ。

egutikamaboko2.jpg
河口の風景は好きです。

蒲鉾って、実はあんまり好きな食べ物じゃなかったんです。
でも、江口蒲鉾さんの普通の蒲鉾の倍ほどの大きさの
「手造り白グチ蒲鉾」(360g 760円)を食べて、
蒲鉾ってこんなに美味しかったの〜!と感激。
上質の白身を石臼練りで作った蒲鉾。
板付けまで手でするのです。
だからふっくらやわらかく、甘くて、
びっくりするほど美味しい。
いつも口にする蒲鉾とはぜんぜん違います。
江口蒲鉾さんはかなり遠いのですが、
大丈夫、ネットでも買えます。
食べてみたい方はぜひどうぞ。

egutikamaboko7.jpg

話は変わって、
江口蒲鉾さんの右手に階段があって、
下に降りていけるようになっています。
この階段が…すごい…。

egutikamaboko1.jpg

ね。最後は階段じゃなく、はしごなんだからぁ。
ハーフブーツを履いていたわたしは
はしごは無理〜って思ったんですけど…。
降りました。
急だし、途中から手すりもないよぉ((>д<))
でも、この風景とても好き。
階段はわたしにとって魅惑的なモチーフであり続けます。

帰りは浦島橋を渡って柳川に足を踏み入れました。
商店街がありました。
中島朝市通り。大徳商店街。
ここは朝市がたってにぎわうのだそう。
午後からはすっかり閑散としてましたが。

egutikamaboko4_1.jpg

egutikamaboko3_1.jpg

近くには天保2年創業のお饅頭屋さん「角政」がありました。

egutikamaboko5.jpg

この筋に足を踏み入れたのは初めてだったのですが、
昔はにぎやかな通りだったのでしょうね。
回転饅頭を売っていたので、お土産に買いました。

egutikamaboko6.jpg
1個70円。

■江口蒲鉾
みやま市高田町徳島253-2
http://www.kamaboko.biz/

みやま市高田町徳島253-2
 

posted by 理乃 at 22:24| Comment(4) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

山川町のみかんの街灯

今週は2回、みやま市の山川町に行きました。
山川町といえばみかん!

町に入ると街灯が…みかんでした!

mikangaito1.jpg

なんか、楽しいなぁ。

mikangaito2_2.jpg

これは明かりが灯るといいに違いないと思って
通りすぎました。
帰るころには、明かりが灯って
こうなりました。

mikangaito3.jpg

か、かわいい…。

追記:
山川町で山下紅なるみかんをリサーチ。
農協のお店の方に聞いたのですが、
一般人の入手は困難でした…。残念〜(>_<)

ラベル:みかん
posted by 理乃 at 21:34| Comment(2) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

老松神社の大銀杏

銀杏がきれいな季節です。
桜の花びらと同じように
落ち葉が散り敷いた様子もすてきです。

11月2日に一度ご紹介したみやま市、老松神社の大銀杏ですが、
また見てきました。
前回より色づきましたが、見ごろはまだまだ。
これからお出かけしても見られます。
11月下旬が見ごろでしょうか。

oimatuguu_1.jpg

老松神社。
この銀杏は見ごろ。
黄色い落ち葉はまるで印象派の点描みたい。
大銀杏はこれではなく、この奥です。

nagatanooicho2_1.jpg

これが樹齢400年以上の大銀杏。

nagatanooicho1_1.jpg

見事というほかありません。
あまりに大きくてカメラに入りきれません。
ラベル:銀杏
posted by 理乃 at 22:39| Comment(8) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

みかんが丸ごと1個のっかった焼き菓子

今日もみやま市に行ってました。
お昼をゆっくりとっているゆとりはなく、
またもや通り道の「卑弥呼の里」に寄り、
燃料補充のため、焼き菓子を1個食べましたw。

それがユニークだったので載せちゃいます。
みかんが丸ごと真ん中にどーんと入っている焼き菓子なんですもの目
そんなのあり??

mikanyakigashi1.jpg
150円

あるの〜。ほらね。

mikanyakigashi2.jpg

皮のまま、みかんをかじります。
じゅぅーって果汁が出てきます。
ぽたぽた。

みやま市はみかんの産地なので、この焼き菓子かぁ。
なんていうか、こんなのはなかなかないぞ…。


■卑弥呼の里(JAみなみ筑後女性部 農産物直売所)
みやま市瀬高町坂田2327-6
TEL:0944-62-5717
ラベル:みかん
posted by 理乃 at 23:25| Comment(6) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

狛犬玉手箱 その34 みやま市「老松神社」

みやま市の「老松神社」はすでに楼門の中の肥前狛犬と
謎の木製狛犬をご紹介しましたが、
今回は本殿前の狛犬です。

まずは阿形(あぎょう)。

oimatukoma1_1.jpg

丸石を積んだ台座が特徴的です。

oimatukoma2.jpg

口に玉をくわえていますが、
中でコロコロ動くことはなく、
固定しています。

oimatukoma3_1.jpg

吽形(うんぎょう)です。

oimatukoma4_1.jpg

けっこう胴長です。

oimatukoma5_1.jpg

実はこの老松神社には
とても立派な銀杏の木があります。

oicho1_1.jpg

神社の創設と同じ400年以上の樹齢があるということ。
その大きさは驚くばかり。
黄色に紅葉した際はさぞかし美しいことと思います。
この近くにまた仕事で行くので
黄金に染まったところを見られるかもしれません。

oicho2_1.jpg
銀杏の由緒が書かれています。
(※クリックすると大きくなります)

里の美しい大樹の影には
里の人々の樹を敬う心があると思います。
樹を神木として守ってきた人々。
そんな人々がいるからこそ、
400年という樹齢を重ねることができたのでしょう。
そして、わたしのような通りすがりの旅人をも
優しく包んでくれるのです。

ラベル:狛犬
posted by 理乃 at 22:48| Comment(2) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

みやま市「卑弥呼の里」

みやま市の「卑弥呼の里」にまた行きました。
仕事の途中、お昼をとるため。

今回は前回のお弁当がなかったので
ちらし寿司を買ってみました。

ちらし寿司.jpg
ちらし寿司 280円

これが、おばあちゃんの手作りお寿司みたいで
とても美味しかったです。

そして、これ。

干し柿.jpg
干し柿 380円

この美味しそうな干し柿を見てください。
もっちろん、
ヒジョーに美味しかったです。

今日から11月。
毎年、11月になると干し柿の里(佐賀)を訪ねたい…と思うのですが、
果たせません…。


■卑弥呼の里
みやま市瀬高町坂田2327-6
TEL:0944-62-5717
ラベル:みやま市
posted by 理乃 at 02:17| Comment(2) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

狛犬玉手箱 その33 みやま市老松神社の木造狛犬

みやま市の「老松神社」の肥前狛犬がいた楼門ですが、
実は謎の物体もいました。

肥前狛犬は楼門の左手にいたのですが、
右手にこんなのが置いてありました。

oimatunazo.JPG

こ、これはいったい…。
なんなのでしょうか?
狛犬???

※どうも木造狛犬らしいです。
ラベル:みやま市
posted by 理乃 at 22:35| Comment(6) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

みやま市の『卑弥呼の里』

今日はみやま市へ仕事で出かけました。

お昼は途中で見かけた農産物直売所の『卑弥呼の里』で買ったお弁当を
車の中で食べました。
窓に寄ってきた鳥はカチガラスでした。
あっという間に去っていっちゃったので写真はありません(^^;)

himikonosato1_1.jpg

himikonosato2.jpg

himikonosato3_2.jpg

栗ごはん。280円。

ほっくほくの栗が入った栗ご飯。
秋に一度は食べたいものですよね。
おかずは卵焼き、かにかま、
タケノコとごぼうとこんにゃくの煮つけ。
とっても美味しかったです。
このくらいのサイズがちょうどいい。

inekari_1.jpg

田園に入り込むと、
刈り取られた稲の匂いがします。

susuki.jpg

小道にはススキが揺れていました。

帰りはできて間もない「みやま柳川インター」から乗って帰りました。
夜の高速道路でボリュームマックスで聞いて帰ったのは
U2。
音楽をボリュームマックスで聞けるのは
一人で高速を走っているときくらい。

「One」と「Staring At The Sun」は
アイルランドの海岸の断崖に立って聞いているよう・・・。
思わず目を閉じてしまいそうな、陶酔系です。
おっと、高速で目を閉じちゃだめですねw


The Best of 1990-2000

The Best of 1990-2000

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2002/11/12
  • メディア: CD




■卑弥呼の里
みやま市瀬高町坂田2327-6
TEL:0944-62-5717
posted by 理乃 at 22:52| Comment(4) | 福岡県みやま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする