2020年10月01日

2020.9.18博多承天寺界隈D承天寺〜御饅頭所碑

弁円(円爾・聖一国師)が開いたお寺、承天寺。
弁円は托鉢の途中、親切にもてなしてくれた茶店の店主栗波吉右衛門に
米麹を使った酒饅頭の作り方を教え、「御饅頭所」の看板を与えたそうです。
栗波吉右衛門は「虎屋」の屋号で酒饅頭を売り出しました。
弁円の「御饅頭所」の看板は現在東京の虎屋に保存されています。
吉右衛門と東京の虎屋との関係は不明とのこと。
承天寺の御饅頭所碑の字は東京の虎屋に伝わるものと同じ字で作られてういます。

20200918_122708 - コピー.jpg

*博多の魅力・虎屋HP参照
posted by 理乃 at 12:19| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

2020.9.18博多承天寺界隈C饂飩蕎麦発祥之地碑

海外に開かれていた博多。
うどん・そばもここから伝わりました。

承天寺は1242年、弁円(円爾・聖一国師)が、
太宰少弐藤資頼や謝国明のサポートで開いたお寺。

宋から帰国した弁円は水磨という水車による製粉技術を持ち帰って、
うどん・そばの作り方を広めたとされています。
謝国明は大晦日に貧しい人々にそばをふるまいました。
それが年越しそばの始まりだそうです。
うどん好き、そば好きは一度は訪れておきたい古刹です。

20200918_122657 - コピー.jpg

*博多の魅力HP参照
posted by 理乃 at 12:09| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

2020.9.18博多承天寺界隈B承天寺

博多を代表する古刹の一つ承天寺。

20200918_122606 - コピー.jpg

1242年、大宰少弐・武藤資頼が円爾(弁円、聖一国師)を招聘して創建しました。
援助した宋の商人、謝国明の墓といわれる大楠様も近くにあります。
方丈の前の石庭「洗濤庭」はライトアップの機会などに見ることができます。
境内は市道の承天寺通りによって分断。
山門は西、本堂は東にあります。

20200918_122746 - コピー.jpg
唐門

*ウィキペディア参照
ラベル:承天寺
posted by 理乃 at 11:27| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

牛肉と大根の炒め煮

牛肉と大根の組み合わせは美味しいに違いないと作ってみました。

20200927_190327 - コピー.jpg

◆材料(4人分)
牛バラ肉 300g
大根 1/2本ほど
かつおだし
醤油 大さじ2
料理酒 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2(量はお好みで調節)

◆作り方
@大根をいちょう切りにして茹でる。
(早く茹で上がるように小さめがいい)
Aフライパンに油を敷き、@を焦げ目がつくまで炒める。
B大根を端に寄せ、牛バラ肉を炒める。
C牛肉にほぼ熱が通ったら、料理酒、醤油、みりん、砂糖、かつおだしを入れ、
味がしっかり絡むまで煮込む。

*グリーンコープのレシピ参照
ラベル:牛肉 大根
posted by 理乃 at 23:17| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020.9.18博多承天寺界隈A承天寺通り

博多千年門から続く道は整備され、
承天寺通りと呼ばれています。

20200918_103613 - コピー.jpg

一方通行ですが車も通ることができます。
その車道は小川に見立てられています。

20200918_122025 - コピー.jpg

歩道は川岸の遊歩道。

20200918_122132 - コピー.jpg

承天寺の仏殿と方丈を結ぶ石畳は
石橋をイメージしているということです。

20200918_103429 - コピー.jpg

*「博多の魅力」HP参照
ラベル:承天寺通り
posted by 理乃 at 11:57| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

2020.9.18博多承天寺界隈@博多千年門

美しい「博多千年門(はかたせんねんのもん)」は博多へのウエルカムゲート。

20200918_103102 - コピー.jpg

地域住民、地元企業、行政が一体となって取り組み、
平成26年3月に完成。
博多から大宰府政庁へ続く官道には、
江戸時代に「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」と呼ばれる門がありました。
博多千年門は「辻堂口門」を参考にした四脚門様式で、
切妻本瓦葺という中世博多の寺社様式となっています。
門扉の板材には太宰府天満宮が寄贈した千年樟が使われました。

20200918_102943 - コピー.jpg

欄間の博多織献上柄模様が博多らしさを刻んでいます。

20200918_103000 - コピー.jpg

20200918_103009 - コピー.jpg

*博多の魅力HP参照
posted by 理乃 at 13:46| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

2020.9.15柳川F 藤村作先生の碑ほか

柳川掘割歩きのラストです。
白秋道路は時間切れで最後まで歩けず、
「国文学者 藤村作先生の碑」まででした。

20200915_165942 - コピー.jpg

藤村作先生の碑は「まちぼうけの像」と
「くもで網」の間にあります。

藤村作という方は柳川出身で
1901年に東京帝国大学文学科を卒業。
近世文学の研究に専念。
広く国文学界全体の発展のため尽力した方だそうです。

近くには同じく柳川市出身の
同志社第八代総長海老名弾正先生の顕彰碑もありました。

20200915_170002 - コピー.jpg

弾正先生は同志社英学校に進み、
基督教の布教、創立まもない同志社発展に寄与し
同志社第八代総長に就任されたそうです。
右手には米国原産の「カタルパ」が植えられていました。
カタルパは同志社大の創設者・新島襄が
アメリカから種を取り寄せ
教え子に贈った木ということです。
花が咲いたところが見たいものです。
posted by 理乃 at 16:21| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

2020.9.15柳川Eくもで網

白秋道路にある「くもで網」。

20200915_165651 - コピー - コピー.jpg

「くもで網」は小屋の先に大きな網がついていて、
それを上下させて魚を捕る漁法。
のどかで独特な風景を作り出しています。
posted by 理乃 at 22:14| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

2020.9.15柳川Dまちぼうけ像

白秋道路にある「まちぼうけ像」。

20200915_165819 - コピー.jpg

川を覗き込んでいるので、
川の中からしか正面は見えません。
北原白秋作詞・山田耕作作曲の「待ちぼうけ」の歌からとられています。
子どもが単にまちぼうけしている内容と思っていたら、
実は教育的な意味合いの深い歌だったのですね。

「待ちぼうけ、待ちぼうけ
ある日せっせと、野良稼ぎ
そこに兔がとんで出て
ころりころげた 木の根っこ」

「まちぼうけ」は1924年(大正13年)の満州唱歌。
満洲在住の日本人たちの満洲にちなんだ歌がほしいという希望で作られました。
歌詞は中国の思想書『韓非子五蠹篇』の中の「守株待兔」からとられたもの。

農民の畑の切り株にうさぎがぶつかり死にます。
それから農民は畑を耕すのをやめ、うさぎを待つことにしましたが、
うさぎは来ず、
畑は荒れてしまったというもの。

20200915_165919 - コピー.jpg

全体を知って、切り株と鍬の意味が理解できました。
農民が少女にすり替わってはいますが・・・。
posted by 理乃 at 13:28| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

2020.9.15柳川C十時邸

白秋道路にある十時邸は江戸時代の武家屋敷。

20200915_165723 - コピー.jpg

でもひな祭りなどの時でないと公開されていないということで、
残念ながら中に入ることはできませんでした。

20200915_165716 - コピー.jpg

掘割をどんこ船がやってきました。

20200915_165516 - コピー.jpg

夕暮れの川下りは涼しく、風情があります。
ラベル:十時邸 白秋道路
posted by 理乃 at 13:15| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする