2020年10月28日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅M河内浦城跡

温泉施設「愛夢里(あむり)」の裏手の山に
河内浦城跡があります。

20201009_120512 - コピー.jpg

中世の豪族天草五人衆の一人、
天草氏の山城跡を平成12年度に復元したもの。

20201009_120438 - コピー.jpg

入り口から階段を登って行きます。

20201009_120309 - コピー.jpg

20201009_115805 - コピー.jpg
掘切

物見櫓、柵列、建物の遺構、東家があり、
町並みを見下ろせます。

20201009_115407 - コピー.jpg

天草氏は14代当主、天草鎮尚(しげひさ)の時代に
ルイス・アルメイダを招き、キリスト教布教を許可。
鎮尚は洗礼をうけドン・ミゲルと名乗ります。
その子、天草久種(ひさたね ドン・ジョアン)も受洗。
弾圧を受け大分から長崎に移されたコレジオなども
河内浦に移されました。

20201009_115431 - コピー - コピー.jpg

20201009_120556 - コピー - コピー.jpg

*天草宝島観光協会・天空の船HP参照
posted by 理乃 at 15:44| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅Lルイス・アルメイダ上陸地

天草にルイス・アルメイダが上陸した地(天草市河浦町)には
碑が立っています。
昔はこの辺りまで海で、
南蛮船が停泊していました。

20201009_113327 - コピー.jpg

アルメイダは冒険商人から医師へと転身し、
病人と乳児に尽くし、
日本初の病院を大分に建て、
この地で波乱の生涯を終えました。

20201009_113347 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:23| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅K南風屋(ハイヤ)のいちじく揚げパン

ア津教会前で目に入ったいちじく揚げパン。

20201009_102750 - コピー.jpg

すぐ近くの「南風屋」というお店で作られています。

20201009_103059 - コピー.jpg

天草はいちじく伝来の地と知ったばかり。
そのいちじくのジャムが入ったパンを揚げたてで提供。
外はサクッとして、中は甘さを抑えた自然の味。
びっくりするほど美味しい揚げパンでした。

20201009_111949 - コピー.jpg

もしも近くにお店があったら、ヘビロテ必須。
ア津に行ったらぜひ食べてみてほしいです。
名物杉ようかんもあります。

20201009_110615 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 11:54| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅Jア津資料館みなと屋

ア津教会前にあるア津資料館みなと屋は
ア津集落の歴史や文化を紹介する施設として
平成28年(2016)にオープン。

20201009_104408 - コピー.jpg

昭和11年に建てられた旅館「みなと屋」をリニューアルしています。
展示はキリスト教布教期から潜伏期の信心具が中心。
ア津のジオラマはひと目で集落の様子が把握できます。

20201009_105836 - コピー.jpg

20201009_110029 - コピー.jpg

20201009_110928 - コピー.jpg
ア津の海

*「おらしょ こころ旅」HP参照
posted by 理乃 at 13:00| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅Iア津教会

旅のクライマックスはア津教会。

20201009_102730 - コピー.jpg

2018年に世界遺産に登録された
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成遺産のひとつ。
小さな漁村の集落に忽然と現れ、「海の天主堂」とも呼ばれています。

20201009_100858 - コピー.jpg
対岸の教会公園からの眺め

鉄川与助設計のゴシック様式の教会です。
1934年(昭和9年)にフランス人宣教師ハルブ神父の時代に再建されました。
ハルブ神父の希望で、
絵踏みが行われた吉田庄屋役宅跡が選ばれたとのこと。
絵踏みが行われた場所に祭壇が配置されたと言われています。
堂内は畳敷き。
ゆっくりと滞在し、
漁村をくまなく歩いて潜伏キリシタンの歴史を振り返ってみたい場所です。

20201009_100917 - コピー.jpg

*天草宝島観光協会HP参照
posted by 理乃 at 12:19| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅H道の駅崎津

いよいよ世界文化遺産「天草のア津集落」へ!
の直前に道の駅崎津があります。

20201009_095617 - コピー.jpg

この小さな道の駅は崎津集落を訪れる前に
プレ知識をお知らせしています。
レンタサイクルもあるので車を置いて
崎津集落を自転車で巡るのもオススメ。

ここでイチオシのお土産を入手!
天草名物の南蛮柿(イチジク)をお餅の中に練りこんだ「四郎の初恋」!

20201010_130506 - コピー.jpg

大好物のいちじくですが、
1591年に天正遣欧少年使節の引率者メスキータ神父が
日本で初めて天草にもたらした果実と言われています。
「四郎の初恋」は天草育ちの無花果をふんだんに使い、
恋人路香(みちか)との初恋の味を表現したもの。
天草島原一揆出陣の時、
四郎は路香に自分の大切にしていた手鞠を預け旅立ちました。
路香は四郎亡きあと手鞠を作り続けたと
パッケージに書いてありました。
ぷちぷちしたいちじくの種ともちもちのお餅の相性がよく、
いちじく好きならやみつきになってしまうお菓子です。
posted by 理乃 at 12:39| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅G大江教会

南下を続けると小高い丘の上に現れる
フォトジェニックな白亜の大江教会。

20201009_094247 - コピー.jpg

キリスト教解禁後、
天草で最も早く造られたロマネスク様式の教会です。

20201009_092752 - コピー.jpg

現在の建物は昭和8年(1933年)、
フランス人宣教師ルドヴィコ・F・ガルニエ神父が
地元信者と協力して建立したもの。
設計施工はかの鉄川与助。

20201009_093722 - コピー.jpg

ガルニエ神父はア津(さきつ)教会の神父でもあり、
パアテルさんと親しみを込めて呼ばれていました。
潜伏キリシタンたちと暮らすため、
自ら希望して赴任したということです。
五足の靴のメンバーも訪れています。
ガルニエ神父は天草言葉が上手だったそう。
生涯フランスに帰らず、
1942年に81歳で逝去。

20201009_093802 - コピー.jpg

クリスマスシーズンには美しいイルミネーションで彩られる大江教会。
異国の地で生涯を終えたガルニエ神父に祈りを捧げたいものです。

20201009_093956 - コピー.jpg
ガルニエ神父のお墓
posted by 理乃 at 17:01| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅F妙見浦

下島の西海岸は東シナ海に面した絶好のドライブコース。
下田温泉から南下したところに
風光明媚な妙見浦(国指定名勝天然記念物)があります。

20201009_090254 - コピー.jpg

20201009_091311 - コピー.jpg

天草西海岸を代表する岩礁があり、
さらに南下した十三仏公園からは
手前の洞門のある岩礁が象の形に見えます。
展望所の下にはダイビングスクールがあって、
スキューバダイビングができる熱帯魚の観察スポットとなっています。

20201009_090208 - コピー.jpg
ラベル:妙見浦
posted by 理乃 at 11:56| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅E下田温泉朝のそぞろ歩き

下田温泉に宿泊した朝、お散歩しました。

20201009_070331 - コピー.jpg

潮の香りのする下津深江川は空の青を映して美しかったです。

20201009_070947 - コピー.jpg

20201009_071215 - コピー.jpg

歩道に変わったオレンジの石が使われていて、
これが天草陶石なのだと知りました。

20201009_071554 - コピー.jpg

下田温泉はこの天草陶石層から湧出しているそうです。
天草陶石はマグマが冷えて固まったもの。
天草陶石は有田焼をはじめ全国の陶器の原料の8割を占める良質な陶石です。

「五足の靴」(1907年に発表された紀行文)の一行
(北原白秋、平野万里、吉井勇、与謝野 鉄幹、木下杢太郎)も下田温泉に立ち寄っているため、
通路に五足の靴から取られた文章が紹介されていました。

20201009_065513 - コピー.jpg

一行は長崎茂木港から富岡港(苓北町)まで船で渡り、
富岡に泊まり、
翌日大江まで約32kmを歩いて行きました。
橋もない時代、天草は遠い異国のような地であったことでしょう。

20201009_070056 - コピー.jpg
足湯

20201009_065916 - コピー.jpg
レトロなデザインの下田温泉観光案内所

20201009_071717 - コピー.jpg
下田温泉神社

20201009_065428 - コピー.jpg
伊賀屋。
浴槽に天草陶石が使われています。
伊賀屋は『ミシュランガイド熊本・大分2018 特別版』にも掲載されていて、外観もすてき。

温泉街の旅情を噛みしめた早朝のお散歩でした。
posted by 理乃 at 13:02| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅D味の宿 海王亭

富岡城跡から東シナ海に面した景観が素晴らしい
天草西海岸サンセットラインを南下しました。
宿は下田温泉の海王亭。

20201009_072029 - コピー.jpg

川の両岸に温泉宿が並んでいます。
下田温泉の起源は700年前、
一羽の白鷺が傷を癒したこととされています。
そのため、歩道などにも白鷺のデザインがあしらわれています。
温泉の泉質はぬるぬる系。
ヒアルロン酸を溶かしたお湯に浸かっているようでした。

食事は海のそばらしく、
お刺身は新鮮、伊勢海老、鯛めしも出てきました。

20201008_180152 - コピー.jpg

20201008_180225 - コピー.jpg

翌日の伊勢海老の出しを使ったお味噌汁が味わい深く
一番堪能しました。

20201009_073556 (1) - コピー.jpg
ラベル:海王亭 下田温泉
posted by 理乃 at 11:44| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする