2020年07月28日

âge âge(アージュ アージュ)

緑の田園を車を走らせるのがいつも気持ちいい筑前町のフレンチ「アージュ アージュ」。

20200728_135307 - コピー.jpg

âgeはフランス語で歳ですが、歳を重ねるという意味を込めたネーミング。
シェフが一人で作る料理は手が込んでいて美味しいこと!
前菜が出てきた段階でテンションが上がります。

20200728_124713 - コピー.jpg

出てくるお料理、すべて美味しいです。

20200728_130203 - コピー.jpg

20200728_131820 - コピー.jpg

デザートはこのお店で人気のきわどいプリンをチョイス。

20200728_133243 - コピー.jpg

何がきわどいかというと、
プリンがとろとろしていて立ってるのがきわどいかららしいです。
筑前町は美味しいお店が多いと思います。
場所は旧大刀洗飛行学校正門近く。
posted by 理乃 at 16:44| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

「季(とき)のせ」の“朝顔”】

「季のせ」で“朝顔”を買って帰りました。
なんてすてきな和菓子。
薯蕷饅頭と羊羹で朝顔を表現。
紫はパイナップル餡、ピンクは黄身餡です。

20200722_124636 - コピー.jpg

20200722_124713 - コピー.jpg

20200722_125002 - コピー.jpg

繊細で愛でながらいただく季節感のある和菓子は最高。
「季のせ」は宇美八幡宮境内にあります。
季節に載せた和菓子を目指してのネーミング。
これからも季節ごとのお菓子に目が離せません。

ラベル:季のせ
posted by 理乃 at 14:09| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

HELLO COFFEE

20代でお勤めしていたころ、
仕事帰りに天神からひとっとびの二日市で降り、
寄り道したこともありました。
今はそういうコースはないけど、
二日市に新しいカフェがオープンしたと知り、
ちょっと寄ってみました。

20200710_132116 - コピー.jpg

シンプルな造りの誰もが入りやすそうな町のカフェ。
自家製というチーズケーキとハローラテで
しばしの雨宿り。

*西鉄二日市駅近く。本町公民館右隣。
posted by 理乃 at 16:39| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

セロリとキウイのサラダ

20200717_131407 - コピー.jpg

お隣さんからいただきものをしたので、
以前、NHKで放映されていたものを参考に、
お返しを作りました。
セロリって、どう使おうかなと思うけど、
この組み合わせは最高!
おしゃれでお呼ばれに持参するのもグッド!
美味しくて全部一人で食べられそうです。

◆材料(4人分)
セロリ 4本
完熟キウイ(グリーン)4個
りんご酢(またはレモンの絞り汁) 大さじ2
はちみつ 大さじ2
オリーブ油 大さじ1
塩 小さじ2/1 
白胡椒 少々

◆作り方
@セロリは葉を落として、しっかり筋を取り、
好きな形にカット。
葉はあとで飾りに使うので、
きれいなものを少し残しておく。
Aキウイの皮をむき、2個はサイコロ状にカット、
2個はおろし器ですりおろす。
Bりんご酢、はちみつ、オリーブ油、塩、白胡椒を混ぜる。
C@にAとBを入れて軽く混ぜる。
味見をして、お好みではちみつ、塩をプラス。
C器に盛ったら、セロリの葉を飾る。
ラベル:セロリ キウイ
posted by 理乃 at 12:12| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

「沖ノ島」@藤原新也

沖ノ島 - 新也, 藤原
沖ノ島 - 新也, 藤原


藤原新也の著作が好きなのですが、
これは「沖ノ島」に取材したもの。
沖ノ島は女人禁制なので行くことはできません。
この本は約15cm四方と小ぶりなのですが、
沖ノ島の空気が詰まっています。
藤原新也が撮ると、記録写真ではない、
その場の持つ気までが封じ込められます。
沖ノ島へ向かう厳しい船の舳先から、
辿り着いて鳥居をくぐり、
石段を登り、沖津宮までの坂道を上がります。
磐座である巨石が圧倒的な存在感でそこかしこに鎮座します。
湿り気のある空気。
神々しい陰と木漏れ日。
玄界灘のひと隅にある、ただ一人の神職しかいない祈りの島。
そんな島が存在する不思議。
一人の写真家の手によって、
玄界灘を越えずとも、
いつでも沖ノ島が目の前に現れます。
ラベル:沖ノ島
posted by 理乃 at 12:26| Comment(0) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

鶏の甘辛煮

すごく美味しい鶏料理。
今回は手羽元で作りましたが、他の部位でもOK。
居酒屋にでもきたようなメニューです。

20200628_191340.jpg

◆材料(4人分)
手羽元 8本
片栗粉

コショウ
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
おろし生姜 ひとかけ分
おろしにんにく 2片分くらい
ごま
黒胡椒

◆作り方
@手羽元に塩胡椒して片栗粉をまぶす。
A油を敷いたフライパンに@を皮を下にして置いて、
蓋をして弱火で焼く。
B砂糖、醤油、みりん、おろし生姜、おろしにんにく、ごまを混ぜる。
*おろしにんにくは瓶入りを冷凍しておいて、必要なときに削り取ると便利。
おろし生姜はチューブを常備しておくと生姜が切れたときに困らない。
CAに焦げ目がついたら、ひっくり返し、しっかり火が通るまで焼き上げる。
D焼き上がったら、余分な油を取り、Bの調味料を入れ、味をしみこませる。
E最後に黒胡椒を振って完成!
posted by 理乃 at 12:49| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

はりがね

先週、大野城総合公園そばのオーダー家具のお店「はりがね」さんで、
まな板を削ってもらって、とてもよかったので、また行きました。
ピカピカに蘇って満足です😀

20200701_113432 - コピー.jpg
四王寺を背景に。

20200701_113944 - コピー.jpg
木に表情があるコースター。

20200701_135404 - コピー.jpg
箸置き。

20200701_113844 - コピー.jpg

なんと、かんなくずで作った薔薇!

20200701_135337 - コピー.jpg

蘇ったまな板。
ラベル:はりがね
posted by 理乃 at 14:45| Comment(0) | 福岡県大野城市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

わかめのナムル

太宰府市の広報誌に掲載されていたわかめのナムルを作ってみました。
ピリ辛でとても美味しかったです。
わかめときゅうりだと、いつもは酢の物ばかりだけど、
ちょっと変わっていていいです。

20200627_190641 - コピー.jpg

◆材料(4人分)
きゅうり1本
塩 少々
わかめ ひとにぎり
深ねぎ 1/2本
ごま油 小さじ1

酒 小さじ1
醤油 小さじ1
一味唐辛子 少々
ごま

◆作り方
@わかめを水で戻し、塩気をしっかり取って水気を切る。
Aきゅうりを薄く輪切りにいて塩を振り、しんなりしたら水気を切る。
B深いねぎをみじん切りにする。
C酒、醤油、一味唐辛子を混ぜる。
Dフライパンにごま油を熱し、ねぎを炒める。
EDにきゅうりとわかめを加え、軽く炒める。
FEにCを回しかけ、汁気がなくなったらごまを振りかけて完成。
posted by 理乃 at 11:44| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

はりがね

大野城総合公園そばのオーダー家具の「はりがね」さんに行きました。

20200624_153133 - コピー.jpg

まな板を削っていただけるという情報を得ていたので。
初めて行く「はりがね」さんはセンスあるオリジナル家具があり、
ときめきます。

20200624_153602 - コピー.jpg

まな板削りはなんと550円。
ピカピカの木肌が戻りました。
二枚目のまな板も持って行くつもりです。

◆はりがね
https://harigane-furniture.com/
posted by 理乃 at 18:06| Comment(0) | 福岡県大野城市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

七夕神社

季節はどんどん移ろいゆき、
七夕も近づいてきました。
こちらは3月に行った小郡の七夕神社。

20200324_161641 - コピー.jpg

正式名は媛社(ひめこそ)神社。
歴史は古く8世紀の「肥前風土記」の中に由来が出てきます。
その由来とは以下のとおりです。

「山道(やまじ)川の西岸に荒ぶる神がいて、
通行人の半分を殺していた。
そこで荒ぶる神が祟る理由を占うと、
“わが社を立てて宗像の珂是古(かぜこ)に祭祀を行わせよ。
そうすれば荒ぶる心は起こさない”という結果が出た。
珂是古は幡を掲げて祈祷し“神が私の祈祷を望むなら、
この幡は風に飛ばされて、その神のそばに落ちよ”と言った。
すると幡は媛社の杜に落下し、再び飛んで山道川のほとりに戻ってきた。
また珂是古は機織りの道具に押さえつけられる夢を見た。
これで神の場所と神が女神であることを知った珂是古が祭祀を行い。
人々は当地を安全に通れるようになった。ここからこの地を媛社と呼ぶ」

20200324_161654 - コピー.jpg

20200324_161707 - コピー.jpg

20200324_161735 - コピー.jpg
ラベル:七夕神社
posted by 理乃 at 12:46| Comment(0) | 福岡県小郡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする